太鼓叩きとして その2  日々雑感

1週間が経ち、多くのミュージシャンが発信し始めた。

チャリティ・コンサート、募金活動、曲の提供など、いろいろな動きがある。

けれど、中には所属するプロダクション、事務所、レコード会社との関わりの中で発言すらできないミュージシャンもいる。

思いは、すべて音楽に託せ・・・てか!?

私は自由の身ではあるけれど、逆にそのまんま過ぎて大変(笑)

ま、ま、ま、自分なりに前へ!前へ!

シンプルな行動と思考  日々雑感

頼れる存在に見えてしまう米軍。

もちろん、アメリカにとっては、国益となり得るしたたかな計算ありきの行動。

だけれど、凄くシンプルな生命の推進力を感じる。

ところで・・・、

昨日、Youtubeに風刺のきいた映像「買い占めするなら金送れ」がアップされていたのでリンクしていたんだけれど、一部から非難を受けたらしく作者が削除した模様。

ドイツの独裁者を描いた映画のワンシーンに、今の首都圏の買い占めを戒めた台詞を載せたものだったのだが・・・なんだかな。

あの独裁者が部下を追い詰めて放つ最後の台詞。「東北支援の最前線にあるべき首都圏で買い占めをしてどうする。今、現地で必要なのは金と物資だ。」

奥行きがあって、捻りがあったんだけれどな。

U.S.ネイヴィーってヤツらは  日々雑感

アメリカ国籍を持ちながら日本で育ち、日本語がめちゃくちゃにうまい私。

時節柄、日本の確定申告が済むと、次はアメリカへの申告となる。

アメリカ国税局は言う。

「アメリカ国籍を有する者は、世界のどこで生活をしようと、アメリカに財産と収入のすべてを報告し、税金を支払う義務がある。」

ま、ま、ま、おっしゃることは分かるのだが、私の場合は多少の控除があるものの(詳細はさておき)、日本にも払っているの〜。

でも、ここから先がアメリカらしい言い分。

「万が一、アメリカ国民である君に生命の危険があった場合、そこがジャングルであろうと戦時下であろうと、軍を出動して君を奪還する」。

ハリウッド映画じゃあるまいしと思うのだが、今回の日本における未曾有の災害ではドデカイ空母を向かわせ、被災した町に連絡もせずにヘリで降り立ち、食料を届ける様を見せつけられると何だかなあ。

微妙な言い方だけれども、慣れてる。

でも、世界の太鼓叩きとして言わしてもらう(!!)

「ここ20年のアメリカのエンタメはチャラいよ」

って、どこに向かって吠えてんね〜ん(まさに子犬)。

ありがと。The U.S. Navy!

備えと買い占めは違う。  日々雑感

備えと買い占めは全く違う。

人の足にカートをぶつけて、何も言わぬまま缶詰を買い漁る家族連れ。

どんな状況で、どんなに思われようと生きてこそ・・・かもしれないが、自ら厳しい状況を作り出していることに気付いて欲しい。

想像を超える長期戦になるはずだ。

余震の恐怖に代わり、今では原発のことが怖くて怖くて仕方がないのはみんな同じ。

そろそろ計画停電が始まる。たかが停電ですら、私も不安だ。

だからこそ、冷静に冷静に情報を見極め、行動したい。

口角上げて(笑)  日々雑感

今日は実施されなかったが、明日から停電が始まる。

私が住んでいるエリアは、早朝から10時までと夕方から夜までの2回。

日頃のスケジュールに照らし合わせてみたら、足さえあれば何も問題ない。

しかし、電車通勤の私。動いていないので、すべてキャンセル&再調整。

限られた時間枠内の自宅での作業。

叩けないけれど、むしろ、生産性が上がるんじゃないか!?

今だからやれることを口角上げて(笑)やるのだ!

太鼓叩きとして  日々雑感

非常に厳しい現実が日々報道されている。

そういった中で語られ始めた音楽の力。

多くのミュージシャンが、何ができるかを考え始めている。

私も今はその時ではないにしても、日常を保ちつつ、自分ができることを考えている。

慎重に、でも、力強く。

昔から日本は自然災害に耐え、力強く、明るく乗り越えてきた。

自然に対する畏怖の念を忘れず、その祈りが祭りの原点になったとも思っている。

その中心にある太鼓は、確かに人の心を鼓舞するかも知れないけれど、人の心を不安定にさせる響きもある。

実は、先に行われた国立劇場のオーディションで、「自分の演奏で聴く人を感動させたい」とか「元気にしたい」といったコメントをたくさん聞いた。

本人が気付かぬまま、メディアから流される美辞麗句に洗脳されているかのようだった。

正直、私は聴く人の心をどうこうしようと思ったことはないし、これからもしたくはない。

いろいろな状況があるだろうし、立場があるとは思う。

だけれども、音楽は聴く人の想像力で受け取り方が大きく変わる。

言葉を介さない太鼓演奏は特にそうかも。

だから、自分はどんなに良い(と思う)演奏をしようと、その価値は聴いて下さる方に委ねるだけ。

表現者として見極めができないのであれば、まずは、いち社会人として物事を判断していきたいと思うし、自然を凝縮した太鼓とは今まで通りの気持ちで接していきたいと思う。

明日から輪番停電との情報もある。仮にそうなっても日常生活は送れるはずだ。

何が起きるか分からないけれども、慎重に、でも、力強く過ごしていきたいと思う。

夜に備えて!  日々雑感

9.11のNYテロの時もそうでしたが、こういう時だからこそ表現者としての立ち位置をしっかり見極めて行動していきたいと思っています。

ガセネタやヒステリックなコメント、無駄なtwitterに振り回されず、しっかり見極めて行動。

まだ、余震が続くようです。

電力供給も制限があるようです。

今日も夜に備えて、気をつけて過ごしましょう。

冷静に。  日々雑感

自宅で猛烈な揺れを感じ、怖くて庭に出た。

あんな揺れは生れて初めて。

風呂、やかんなどに水を貯め、スーパーで少しだけ蓄えを準備。

外泊できる準備もできたし、明日は街の喧騒やガセネタに振り回されず、冷静に行動しようと思う。

余震が続くようだし、みんなも気をつけて。

そして、避難されている方々、少しでも暖かな夜を過ごされますように。

今夜もGAGA(笑)  日々雑感

今夜もグラミー賞授賞式でのLADY GAGAのパフォーマンスを何度も観てしまっている。

コントラクションの利いたダンサーの動きが最高!!

特に黒人のしなりはたまらん。

アルヴィン・エイリーとかハーレムダンスシアターを彷彿させる。

Bad Romanceのヘタウマ感も良かったが、う〜む。

あ〜ゆ〜中で大太鼓叩きた〜い。かつぎでも良いからって(笑)

Lady Gagaとたまご  日々雑感

2年前、「ブレンドラムスのたまご」というダンスとのコラボ作品を作った。

混ざり合う太鼓のリズムから生まれる生命体。

なんてイメージで平胴大太鼓をゴロンと転がして、その上で酒井はなさんに踊ってもらった。

大太鼓の打面にダンサーがうずくまって始まる演出は我ながら気に入っている。

で、話は変わるが先日のグラミー賞授賞式でのこと。

Lady Gagaがたまごから出てきた〜〜〜!

なんてことないアイデアかもしれないけれど、こういったアイデアがかぶると嬉しい(爆)

勝手に関連付けをもうひとつ。

ちょっと前にインタビューが掲載されたSANKEI EXPRESSの同じ号にLady Gagaの特集がドドン!

こういうのって、時代を共有しているようで少々興奮する。

「ブレンドラムスのたまご」はニューヨークのエージェントに売り込みに行ってるし、つながらないかな〜〜んてね。




AutoPage最新お知らせ