S. S. D. プロセス-5 ポケモンはいない(笑)  Silently She Dances

今回の作品においてミッションがあるとしたら、それは、太鼓に限らず、生音で踊る機会が圧倒的に少ないダンサーに太鼓のバイブレーションをぶち込むこと。

ニューヨークのアルビン・エイリーのカンパニーでは、コンガ一発でレッスンしていました。

スタジオが通りに面してガラス張りなので、外から見られます。これは良い宣伝の仕方だと思いました(笑)

ヨーロッパでコラボしたマルセイユ国立バレエ団のクラスは何人ものピアニストがいて、毎朝、生音でバーレッスン!

とは言え、本作品でいきなりは難しいので、踊りの振りを考えている時はカウントや録音した音で踊って、ある段階からは生の太鼓のリズムで踊ってもらっています。

CD音源で頭出しして踊ることが日常の彼女ら。「いや、そこは私が叩きますから」と(笑)

太鼓が持ち込めない現場では、机を叩いていました。

揺らごうが、拍がずれようが、生音で踊ることが一番なのですが、正直、太鼓のリズムは拍が取りにくいこともよく分かります。

なので、リズムを口唱歌(くちしょうが)で歌ったりしながら、ニュアンスを伝えています。

「だけども、だけども、だけどもね」

これは、3連音符を4分割する時の口唱歌。

譜割りは、(だけど)(もだけ)(どもだ)(けども)(ね)となります。かえって分からん!(笑)

そして、もう一つ大事なこと。それは、限られたスペースで踊る。

これは指令に近いのですが、同時に太鼓叩きとのポジション争いなのです。

見え方の問題ではありません。音の在り方です。

ステージ上で太鼓が良い音で響くエリアとダンスで表現したいエリアが被る、被る。

ダンスはもちろん空間を作るものですが、太鼓も小屋に響く分だけの「音の形」があります。

シーンによってポジショニングが本当に難しい。

でも、これができなかったら「ブレンドラムス(Blend+drums)」の意味がないのです。

造形(笑)ダンスアンサンブルとして2名のダンサーが加わることになりました!次回、改めてご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがに2週間を切ったので、舞台監督さんのお知恵を拝借しながら、修正&変更が続いています。

巷では雨後の筍のごとく、バーチャル空間に出現するポケモンに夢中のようですが、こちらはリアル空間、リアル振動にもがく日々。

ああ、幸せ者。

公演迫る!「Silently She Dances‐静かなるダンス」

http://leoeto.com/news/

ここにはポケモンはいない(サンフランシスコのワイナリー)

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ