エトナの恵み(その3)文化交流誌 #34  文化交流使

前回のブログ。最後はかなり端折った感じだったと思います。

やはり生のライブ感を言葉で伝えることは難しく、分かっていたのですが、最後はスルッと巻いてしまいました。

シチリア滞在中、ゴーストライターの件だったり、都知事選の投票率が50%にも満たないといった日本からの残念なニュースが続きました。

ゴーストライターの件は、メディアやレコード会社も含め、そのストーリーが作為的でお下劣。

昔のことですが、あるレコード会社のプロデューサーが担当のミュージシャンが死んだ時、「これでベスト(アルバム)が出せるし、俺もしばらく安泰」と言っていたことをすごくよく覚えています。

当然、そこにメディアが絡んで、消費者は踊らされるんですね。

嫌な世界だなと。

どんな理由であれ、知られるからモノが売れるのですが、そのためには流通しやすく、手に取りやすく、分かりやすく。そして、感動秘話。

何よりも軽さが必要なことは、私もこの世界で長いので分かっています(笑)

でも、インドやシチリアで浴びたむき出しのエナジーとダイナミックな躍動が、やっぱり、自分は極めて流通しにくい太鼓と共に旅して、ステージに立つのが似合っていると(笑)

痛快その1
クリックすると元のサイズで表示します

身の回りの鬱陶しい情報を吹っ飛ばしてくれたようです。

痛快その2
クリックすると元のサイズで表示します

当たり前ですが、そこに集中したいし、まさに今がその時!と思ったことが、「今日も生きていくことでしょ」という軽いコメントになったんですね。

インドとシチリアに翻弄されながらも、今は心が浄化されたような気持ちです。

タオルミーナの古代劇場見えますか!?
クリックすると元のサイズで表示します

これから、その恵みをステージに注ぎ込んで具現化する作業が始まります。一旦、ミラノに戻ってお洗濯して、昨日からマルセイユに乗り込みました。

4月のパリ公演に向けて、マルセイユバレエ団との創作に入ります。もちろん、道のりは平坦ではないと思います。

このタオルミーナの丘も強力な傾斜でした。
クリックすると元のサイズで表示します

おかげさまでバレエ団の全面協力を得られ、スイッチオンです!

登り詰めた先には絶景!中央に古代劇場がめちゃ小さく見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

二元中継のブログでした(笑)




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ