太鼓ケース  2010 香港

以前、香港からの帰りの輸送で太鼓ケースが損壊したという報告をしたけれど、輸送業者の取り計らいですべて補償されることになった。

詳細は書けないが、こちらに落ち度は全くなかったので、輸送会社の誠意ある対応に感謝。

損壊そのものよりも気持ちの方が辛かったので、ホッとしている。

今後、どういうケースのあり様(=旅の形態)がベターなのか。

改めて考える機会にもなった。

さて、これから忘年会(関係ないじゃん!)



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ