高校野球  カテゴリーなし

久しぶりに高校野球に熱くなってしまった。早実はスティーヴの母校で、荒木投手を擁した時は甲子園まで観に行ったこともある。しかし、あの無欲というか気持ち良さは、たとえ部室が臭くて上下関係が荒れていたとしても美しく映った。
それに比べて価値基準が違うとは言え、プロの世界のつまらないこと。昨今のステージ・パフォーマンスにも感じるのだが、観に来て下さるお客さんに喜んでもらってなんぼ的考えは偽善でしょ。まず、自分が創造的で楽しんでいるかということが大事だと思う。
私が気持ち良い音を出していたとしても感じ方は人それぞれで、自己満足なんて領域ではない「表現」が前提だけれども、それは責めることでも責められることでもない。
「表現」という行為に秋の公演もフルに取り組みたいね。と、43オヤジは熱く語るのでした。おしまい。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ