どうもありがとうございます!  文化交流使

一昨日の誕生日では、たくさんのメッセージをいただき、本当にありがとうございました。

とても嬉しいのはもちろん、勇気をいただいたようでエナジーに溢れました。

そして、昨日は文化交流使として最後のおしごと。文化庁文化交流使フォーラムに出演してきました。

オープニング演奏をさせてもらったのですが、同じく交流使の森山開次さんがいらしたので、舞台上からチャッパでお誘い。

即興で絡んでもらいました。

開次さんのスーツが汗びっしょりになってしまい、申し訳ないと思いつつ、こういったことをヨーロッパで1年間やり続けてきたんだよなあと。

その後、自分の報告を終えて、他の文化交流使の方々の活動報告を聞きながら、それぞれの分野における皆さんの技術、表現。そして、その根底にある情熱を浴び、大変刺激になる1日でした。

以前、ブログで「多様性を人から学ぶヨーロッパ。自然から学ぶ日本」と書いたことがあります。

2014年9月29日「ヨーロッパの光と影」

けれど、集結した文化交流使の方々の濃さ(笑)日本の文化の多様性はかなりのものだと。

何よりも、その人材を選択した文化庁の審美眼と洞察力、リサーチはすごいなと。

そして、自分もこれから猛勉強が必要だと感じたことがあります。

それは、自分の創作活動を「あらゆる視点から体系的にまとめて言葉にすること」。

これは私一人でできることではありませんし、アーティスト本人がすることではないという方もいると思います。

でも、これができないと、私に限らず、'70年代後半から始まった太鼓のこれまでの流れを「文化」と位置付けることはできないと思いました。

今のままでは、太鼓は人気があったとしても「見世物」レベルです。皮肉を言えば、見世物だから人が集まるとも言えます。

自分の表現と「価値観の違う人たち」とより高いレベルを目指すためにも学ばねば・・・。

「俺52。どうぞご自由に」

実にちゃらいコピーですが、文化交流使の1年を経て、これまでの10年とは違う立ち位置を感じた1日でした。

まあ、いきなり頭は良くなりません(笑)

まずは、来週15日のライブに向けて、太鼓の音楽としてのレベルを上げたいという、志を同じくする吉井君と「52と10日」の音に向けて集中っ!

カモ〜〜〜ン!

クリックすると元のサイズで表示します

俺52。どうぞご自由に(笑)  つぶやき

先日、YouTubeで音楽をライブ配信する番組に出演しましたが、演奏はおさわり程度。

海外で感じたことなどを中心に1時間しゃべり倒しました。

2015.02.24「樋口舞のmusica da Leda」ゲスト:レナード衛藤

いつもの調子でしたので、主語が抜けたり、話の途中から展開が変わったり(笑)

文化交流使の活動を終えて半年以上が経ちますが、ヨーロッパの現場で感じながら学んでいったことがあります。

それは、価値観が違う人たちと向き合っている時、日本のような「心ひとつ!」なんてことは無理。

バラバラ。正確には、ある距離感を保った状態。そこでいかに自分を保ち、表現し得るか。

自分と踊るダンサーとの埋まらない感覚、ズレみたいなものこそが醍醐味なんじゃないかと。

違うからお互いの動きをよく見て、音をよく聴く姿勢が生まれ、その感覚や表現を尊重できるのだと思うのです。

一糸乱れず演奏していたとしても、価値観は人それぞれ。

とっても難しいけれど、表現者たるものは一つの価値観に左右されてはいかんと思うのです。

例えば、流行りもんや社会の動きに対して「どうなのそれ!?」って、いろいろな価値観を音にして投げていけたらと思います。

だから、「俺52。どうぞご自由に」と言っちゃうのだ。




AutoPage最新お知らせ