ストリートフェスティバル 文化交流誌 #7  文化交流使

単に演奏するだけなら今までのツアーと何ら変わりがない。

私が文化交流使の活動としてど真ん中に据えたことは、出来上がったパッケージ(バンド、舞台、曲とか)を回していくのではなく、その場で出会って作っていくこと。

これを基本にするって、本当に大変!

なんせ、180キロの機材を共にしている私は他の楽器やダンスと異なり、機材の動きや時間的な調整、それに伴う経費との睨み合いなど、圧倒的に制作業務が多くなる。

でも、太鼓だから圧倒的にシェアできる喜びもある。

ストリートで2グループが一組になって演奏する日々が続く中、2日目からは雨がしのげる程度の簡易スペースで毎夜2グループずつ入場無料で演奏を繰り広げていました。

昼間は自分らのこともあり、ちゃんと見れない他のバンドをここで見れるのです。

各バンドみんな疲れていても音楽に対する情熱は尽きることなく、こぞって見に&飲みにきていました(笑)

その中でも注目を浴びたのはロシアチーム(写真)とキューバチーム。
クリックすると元のサイズで表示します

どちらもなかなか見ることができないし、共通していたのは超絶技巧!ホンマにすごっ!

ロシアはとにかく速くて正確。チャルダッシュ(ハンガリー音楽だっけ!?)的な曲が×3くらいの速さで展開され、ジェットコースター的な昂揚感で堪能。

キューバチームは一転して、超グルーヴィ〜〜〜!!

ツートップのオジサン・ヴォーカルは、ムード歌謡的な世界で王道のラテンソングを熱唱!

アンコールの「ブエナヴィスタ・ソーシャルクラブ」のテーマ曲までゆっくりと大きなリズムの中に最高のうねりを感じることができました。

さすがストリート慣れしているので、つかみはベタな感じがありますが、それゆえにハマる(笑)

そして、最終日はなんと私のソロ!!!がプログラミングされていました。

場所がホテルの前とは言え、大太鼓を路上で押しながら交差点を渡ったのは生まれて初です。

距離にして渋谷駅から109くらいかな。

日曜日の夜。しかも、こちらに来て本格的な雨(ここでも雨男ぶり発揮)

でもね、最初は30人くらいだったお客さんがバンドも続々と来て、パンパンになっていきました(写真は友人の友人からのご提供。thanks!)
クリックすると元のサイズで表示します

みんな大盛り上がりしてくれて、特に各国のバンドメンバーからの熱き歓声はうれしかったあ。

インドチームのリーダーはハイタッチをするのかと思いきや、私の両手を取り、そのまま自分の頭に当て、しばらく動きませんでした(私、神様じゃないし〜〜)

キューバチームのトランぺッターも「マエストロ!マエストロ!」と叫ぶし(笑)

その後、アルゼンチンバンドのパーカッショニストと我バンド、GANJINのユール(チェロ)とゆうこさん(ドラムス)をお一人ずつ呼んでデュオセッション。
クリックすると元のサイズで表示します

打ち合わせもない全くの即興。最高っす!

私の時間が終了してからもセッションは続き、写真はキューバのトランぺッター、アルゼンチンのバンドネオン、ギタリストのはずのラッパー、ユール(チェロ)、ゆうこさん。
クリックすると元のサイズで表示します

私も写真を撮りながら、チャッパーとして参加(写真はソロ。友人の友人からのご提供)
クリックすると元のサイズで表示します

最初はどうなるかわからなかったルツアーンの日々でしたが、最後の最後は「これぞ異文化交流!」という至福の時を過ごしたのでした。

チリのバンド。でも、メンバーはエクアドル、ベネズエラ、ドイツと多彩。
クリックすると元のサイズで表示します

めちゃ陽気でお茶目なアルゼンチンのバンドとゆうこさん。
クリックすると元のサイズで表示します

大満足のセッションの後、ホテルでキューバチームのギタリストとバッタリ遭遇。
クリックすると元のサイズで表示します

名刺を渡したら、「キューバではメールができないんだ」

ほろ酔い気分の私に社会的側面を感じさせた瞬間でした。

音楽でも越えられない世界。音楽だから超えられる世界。

すべての出会いが貴重なものとなりました。

本当に音楽をやっていて良かった。

ありがとう。




AutoPage最新お知らせ