ついに始まりました!  文化交流使

8月7日の出発の日までJuno Reactorの最終公演に出るかどうかの調整がありましたが、いくらZEPPが羽田に近いからって、やっぱ無理っしょ!SUGIZOさんが車を出すとまで言ってくれたけど(笑)

ということで、ついに文化交流使としての1年が始まりました。

1年間、どういう活動をして、どう日程を組んでいくのか。この2〜3か月は本当に大変でした。

もちろん、まだまだ不確定なところだらけ。旅をしながら次の、その次の日程を調整していく日々となります。ひゅ〜〜。

50か国を旅してきた50の男に訪れた「新たな大航海時代」

灼熱の日本を離れ、大航海と言いながら、最初の地はスイスのエヴォレーンという山に囲まれた町に来ました。

可愛いホテルっしょ!?
クリックすると元のサイズで表示します

このホテルの窓からどっか〜〜んと見えるわけです。いきなり山!(Mt. Collon)
クリックすると元のサイズで表示します

ここではヴィンセント(ギター、ジャンベ/スイス)とサンバ(ギター/マリ)とリハを重ね、フェスティバルに出演します。

日々、テレビのインタビューもあります(真ん中にいるのはスイスをコーディネートして下さっているローズラさん)。
クリックすると元のサイズで表示します

カフェのお庭でチャッパ〜〜〜!
クリックすると元のサイズで表示します

冬用の枯草が保管されている山小屋にも私のポスターが(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

なんせ、毎日毎日絶景に遭遇しています。ええ、なんで山とのコラボも計画しています。

難なくスタートしたように見えますが、実はパリ経由でスイスに入る際、いきなりの荷物の積み忘れ&紛失!!

3日後になんとかホテルまで届きましたが、私は総重量180kgの太鼓たちとともに旅をしないとなりません。その機材輸送をどうするかもこの旅のカギとなります。
クリックすると元のサイズで表示します

幸いフェスティバル初日は短い時間でしたので、かつぎ太鼓とチャッパでまずはクリア!

共演のヴィンセント(左)とサンバ(右)
クリックすると元のサイズで表示します

突っ込みどころ満載の第1回目のブログかもしれませんが、大パノラマで見る山々やMilky wayに流れ星が飛びまくっている宇宙。

思考が追い付いていません。ま、とにかく、始まりました。




AutoPage最新お知らせ