ヒリヒリしてきても大丈夫  文化交流使

今、アフリカツアーとか、昨年の中央アジアツアーとかの7倍くらいの仕事量です。

と言ったところで、どんだけか分からんよね。

もうね、頭の皮の内側がヒリヒリして、おそらく、真っ赤に火ぶくれしてると思われる。

かなり準備のための「準備」をしてきたつもりだけれど、相手がいることだし、お国柄もあるし、ドタキャンとか流れが止まってしまったり・・・。

と思いきや、素敵なお話が来たり・・・。

さすがに事あるごとに一喜一憂する年じゃないけれど、「文化交流使1年計画10か国プラスα俺自由オン・ザ・情熱の大陸は規格外満載の大作戦」の準備は半端ない(笑)

でもでもでも、その道のプロの機転と実行力に辛うじて助けられています。

もうね、感謝以外何物でもない。

やっぱり、どれほど経験してきても、その道のプロ(制作から製作まで実に幅広い)にはかなわないし、そこに委ねられる信頼関係が「ちゃんと、恩は返すよ!」と心に刻まれる。

おそらく、このブログを読んで下さっている方の想像を遥かに超える企画や現場があります。

しかし、どうなるか分からないのも事実。

とにかく、プロセスをご報告しながら、「まだ、生きてます!」的なライブ感を発信していけたらと思っています。

先日、富士の麓で眠る父と母の墓参りに行って、「受け継がれる魂」みたいなものがあるとするならば、この半年はその受け渡し作業だったのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

はあ、今日もというよりも、この1年はヨーロッパ時間で生活しています。

このまま行くしかないね。

おはよう&おやすみ




AutoPage最新お知らせ