晴れ晴れ嵐(笑)  ライブ国内編

このところ連発だった巨人開幕戦@東京ドーム情報(笑)

無事に任務完了っ!子供たちも本番で一番良い笑顔だったし、何よりも私自身が素晴らしい「気」をもらったように思う。

冗談で月一ドームライブやりたいね!とスタッフや仲間と話してた(爆)

そのくらい気持ちいい空間でした。劇場もそうなんだけれど、生きている小屋とただ貸し出して回しているだけの小屋ってのがあって、それになりに感じ取れるのですよ。

ここ東京ドームは男たちが身を削って戦っている「気」に満ちていた。

ところで、早朝9時からのリハの後は5〜6時間空いたので、渋谷に出てお買い物。

さらに、ドーム前のスパで明日のためのオイルマッサージ。最高のデトックスでした(笑)

で、自宅に戻って明日の準備をしていたら、フィギュアスケート男子でチェコの選手が私の曲"LION"でパフォーマンス。

なんか、スポーツとご縁がある一日でした。

今夜は、明日の流れを確認して早めに休みます。

さすがにちかれた。

さあ、明日はブレンドラムス@渋谷BOXX。このまんまのテンションで乗り込みますっ!

クリックすると元のサイズで表示します

東京ドーム仕込み  ライブ国内編

29日夜、巨人開幕戦@東京ドームで共演する子供たちと面会&機材搬入&仕込み。

彼らは震災で太鼓を失い、タイヤの太鼓で活動を続けている。

メディアでもかなり取り上げられているので、ご存知の方も多いかと。

で、こういう機会だしということで、私のライブでは使わなくなったバチ4〜50組とチャッパ5〜6組!?をプレゼント。

中には鼓童時代に使用していたビンテージものもあったり(笑)

とにかく、明日は超短い時間とは言え、彼らとの大一番。

朝7時ドーム入りの予定でしたが、1時間ずれて8時半からサウンドチェックで〜す(汗)

なので、ドーム前の安宿泊まり(笑)

ま、31日の嵐のブレンドラムスの機材準備も済ませてきたし、明日の空き時間は最終セットリストの再考だな。

うむ、楽しい一日になりそうだ。

準備万端!
クリックすると元のサイズで表示します

例えれば愛@東京ドーム  ライブ国内編

昨日、3/30の巨人開幕戦でひと叩きするために東京ドームでサウンドチェックをした。

二塁ベース後方(=つまりドームど真ん中)に平胴大太鼓をセット。

手作りのバットでさりげなく一撃!

客席に誰もいないドーム中に太鼓の響きが幾重にも重なり、もんの凄く大きくて、あったかい音がドームに響き渡る)))))))))))))

快感っ!!!

この世のものとは思えない、最高の響き!

言葉にできない!

これこそ、「愛」

で〜〜〜〜〜〜っかい「愛」

地球を愛するおバカな太鼓叩きの混じりッ気のない「愛」

やべっ、泣きそう。

四半世紀ぶりに来日したKISSのライブ@東京ドームで泣いたのも(笑)確かこの辺り。

あはは、私にぴったりの小屋だわ(爆・爆・爆)

自分撮り
クリックすると元のサイズで表示します

特濃2days  ライブ国内編

大阪ブレンドラムス&京都ピー&ピーの特濃2days(笑)

やりつくした曲の再々アレンジあり〜の、できたて取って出し的な曲まで新旧取り混ぜて構成。

そして、何よりもコミュニケーション能力の高い関西の友。

本当に楽しく、瑞々しい滞在でした。

ありがとう!関西っ!

たま〜に、くどいが(笑)今の私にはイタリア、スペイン級の喜びが溢れているかも。

4/20「ブレンドラムスの挑戦V」の会場となるアルティの下見もできて、どこまで振るか、振り切るか楽しい悩み(笑)

その前に3/31のセットリストが鼻血ぶー。AKBじゃないけど、舞台袖に酸素ボンベかな(笑)

少し整理しないとヤバいかな。

渋谷BOXXでお待ちしております。

気分は桜満開!!  わくわく創作編

いよいよ、3/23(金)大阪と3/24(土)京都でライブ!

ここ2週間はなかなか苦しみましたが、これまでのアルバムを総ざらいしてみて、新旧織り交ぜ組んでみました。

太鼓アンサンブルの曲をタップとギターでやってみたりもします(ネタばれ1号・笑)

また、3/30(金)は太鼓アンサンブル3名とで巨人開幕戦@東京ドームに乗り込みます。

音作りは太鼓だけでなく、岸さんと鬼怒さんにも参加してもらいました(出演しないけど)

ん〜、地上波では観れないかな。

それでもって、3/31(土)は渋谷でライブじゃん。そりゃ、鼻血ぶーだよ(笑)

4/20(金)京都のリハも始まってるしね。

気分は桜満開!!まずは大阪でね!

http://www.leoeto.com/live/index.html

と、その前に今日は東京ドームのリハだ。

初のタップアンサンブル  わくわく創作編

今日は、雄次君(ex-SUJI)率いる若手3名(1名はUSツアー中)とで音&ステップ作り。

もちろん、4/20の京都に向けてのリハ。

試してみたいリズムはすべて確認できたので、これからどれを活かし、どれを膨らまし、そして、なによりも演出的な動きを詰めていかねば。

でも、4/20のことはひとまず机の横に置いておいて、これからの10日間は3/23の大阪ROYAL HORSEと3/24の京都RAGのことに集中!

しかも、3/30には東京ドームで行われる巨人開幕戦でひと叩きの予定。

すでに曲はできているのだけれど、機材のローテーションもかなりキワキワ(汗)

太鼓は大変だわ、って今さら(笑)

新しいステップ  日々雑感

1年前の昨日は、CDの編集を終え、DVDの収録が終わったばかりだった。

1年後の昨日は、家でゆっくりと過ごさせてもらった。

いくつかお誘いもあったけれど、個人的には静かに過ごしたいと思っていた。

で、やっぱり、いろいろとアタマをめぐったけれども、地震と津波と原発事故がなくても、自分の考えはそれ以前と変わっていなかった。

その1.人間がまともに生きていけなくなる環境になってまでも、金儲けして(&利権を守って)どうするんだろう。

その2.音楽は音楽であって、何かの手段でありたくない。

2つ目に関しては、誤解を招くかもしれない。正直、このような場では伝わりにくいこと。

決して悪いことではないし、オファーがあり、賛同し、条件が合えば叩くさ。プロだし。

でも、自分が愛してやまない「ライブ」では、その概念はずえったいにないな。

穏やかに3.11を過ごし、今日12日は雄次君(ex-SUJI)と太鼓のリズムと新しいステップの創作でスタジオ入り。

新たな1年が始まった。
クリックすると元のサイズで表示します

ま、穏やかに(笑)

久々に降りてきた〜〜!  わくわく創作編

今日はシチリア三昧で赤白行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、ジムで走っていて、降りてきたこともありハイでした(笑)

3/24の京都RAG "Power & Patience"と4/20の京都アルティ「ブレンドラムスの挑戦V」の構成。

3/24の"Power and Patience"では、ずっとBlendrumsの既存曲をデジタル加工したくて、その具体的なアレンジが降りてきた。

明日、岸さんにツイート(笑)

で、4/20の京都アルティ。

太鼓アンサンブルとタップ・アンサンブルのどちらで膨らまそうかとメモっていたリズムにふわっと答えが出た。

その確認をしたいので、急遽、雄次(ex-Suji)とスタジオ入りの日程調整(=てことで、タップに採用)。

3/23と3/31のブレンドラムスは熟練の集い(爆)なので、もう少し追い込んでセットリストを作ろうと思っている。

いずれにせよ、春だ。

去年の今時期のことを思うと、「感謝」の気持ちしかない。

全身全霊・・・説得力ないけど(謝)舞台の作り方に変化が起きているのは確かっす。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日はありがとうっ!  日々雑感

昨日、おかげさまで49回目の誕生日を迎えることができました。

たっくさんのメッセージをいただき、ありがとうございました。

メールやtwitter, FBとは言え、皆さんから「気」をもらったような熱っぽい1日でした(笑)

ところで、このところ2〜30代の子たちに良く言われることがある。

「このまま、自分は何も残せずに終わってしまうんでは・・・。」

正直、そんなこと嘆いたこともないので聞き役に。

でも、自分の40代を振り返ってみて(と書いて吹き出しそうになった・笑)、40代はそれまでよりも、あっ!ちう間に過ぎ去っているような気がする。

なんでだろ。

同時になんかしてきたかな!?という思いもかすった。

彼らのモヤモヤはこれか・・・。

ま、何はともあれ、昨夜プリンターがぶっ壊れたので、これからジムに行った後に買いに行かねば。

あは、この切り替えの速さが良くも悪くも〜(笑)

「平安結祈」重厚なり  ライブ国内編

ようやく、昨年9月に参加した堂本剛ライブの映画「平安結祈」を観に行くことができた。

10歳の姪っ子と7歳の甥っ子が多忙なため(笑)、渋く川崎の劇場を選択。

ステージが進行するにつれて、あの時を思い出す。

イタリアから帰ってきて、家には帰らず、成田からそのまま京都入り。

しかも、台風上陸。雨対策はしたものの、太鼓は湿気でベトベト。

いつドシャ〜っと来るか分からない状況だったため、軽いサウンドチェックで本番(笑)

そもそも尋常じゃないメンツが揃っていたし、打楽器3人とベースは外人部隊(笑)ということもあって、演奏する前からハイ・テンション。

なので、あの分厚い音を劇場で再現するのも大変だな。

実際、ある曲で「ん!?電車の音!?」と思うような可聴不可能な重低音がしたんだけれど、自分の大太鼓でした。

おそらく、劇場によって音が相当違うだろうし、もう1回行けたらいいのだけれど。




AutoPage最新お知らせ