CDリリース開始!  ご報告・ごあいさつ

なんと10日も前倒しでニューアルバム「パワー・アンド・ペイシェンス」が全世界に向けてリリースされることとなりました。

こういうハプニングは嬉しい!今すぐPOSCAでご予約を!

POSCA

さて、これからDVDの編集です!

山椒と覚醒  ライブ国内編

急遽決定したG.W.スペシャル・ワークショップ!

今回も跳ねるリズムで行こうかと思うけれど、少し速いビートにしますね(笑)

後半のクラスにまだ空きがあるし、一緒に楽しもうぜ!

連休中はWSの合間を縫って、CD発売記念ライブや国立劇場のリハ。

さらには、DVDの編集立ち会いと、もう休みなしで行くっつーの!

なんかね、この間のTOKIEさんとSUJIとのライブで、かなり覚醒したような気がする。

打ち上げも楽しくて、チャイニーズがすごく美味しかった。

特に山椒にやられた。あんなに舌が痺れたの初めて!

お店の人に合法って!?何度も聞いちゃった(笑)

もしかして、そのせい!?

嵐の船出  わくわく創作編

今日は春の嵐。全国的だったのかな!?

そんな中、国立劇場記念公演の太鼓アンサンブルの稽古が始まった。

グラッと来て以来、調整も難航して、ようやくドドスコ・スコスコ(笑)

既存の曲に始まり、確認しておきたいリズムなんかも織り交ぜて7時間強。

ま、ま、ま、初日としては十分収穫あり。

20年前、10年前、そして今。リズムをとらえる感覚や柔軟性は目を見張るものがある。

実りの秋に相応しい舞台が作れたらと思う。

平均年齢19.9歳の叩き手たちとの創作の旅が始まった。

理想の音を求めて  ライブ国内編

昨夜のTokieさん、Sujiとのセッション。

執拗にグル―ヴを繰り返す時もあれば、閃きでササッと楽器やリズムを変えてしまったり。

それぞれがテリトリーを守りつつ、広げつつ、壊しつつ、理想の音を求めていく。

久しぶりだったなあ。あ〜ゆ〜感覚。

各分野で既成概念やあり方が問われている今、ミュージシャンとしてとても貴重な時間を過ごさせてもらった。

どうもありがとう!そして、お疲れさまでした。

準備完了!  わくわく創作編

南青山マンダラのライブで使用する太鼓がようやく決まった。

思えば、年明けにスティーヴが仕切った奄美大島チャリティ・イベントで、TOKIEさんのベースに吹っ飛ばされたことがきっかけ。

吹っ飛ばされない準備はできた(笑)

SUJIが加わることでスピードも増すし、リハーサルは軽めにしとこ。

では、会場で!

ネガティヴの果て  ご報告・ごあいさつ

ネガティヴなことを想像しまくっていたら、ポジティヴなことだらけになった。

もちろん、またグラッと来て、心がすくんでしまうかもしれない。

でも、またしても満月2日前から(笑)ざわついた心が自分を前に突き出した。

曲を作る。演奏する。そのノウハウを共有する。

もちろん、ミュージシャンとして理想的な在り方はある。

けれど、この状況においては、自分にできることを全力でやるしかないじゃないかと。

でもって、まずは今年はもう開催する予定(余裕)がなかったワークショップ。

ゴールデンウィークにブチかまします(笑)今までにない形で。

低音対決  わくわく創作編

香港の友人からCDを予約したとのメールがあった。

やはり、先のエージェントはサーバーに問題があるのかな。それとも、網を張られているのか!?

さて、ある要件が済んだので、今日からは南青山マンダラのライブについて妄想できる!

目の前のことでイメージを膨らませたくても、別のことを優先させてイメージを作らないといけないというのは身体に悪いぜ。

TOKIEさんとのコラボでは、混ざり太鼓(笑)とは違うグル―ヴが生れるのが楽しみだ。

でも、同じ低音域在住なので、お互いの音を聴きやすくするモニター環境がとても大事。

でもって、週末には国立劇場の稽古も始まる。こちらはこちらで太鼓だらけ(笑)

メンバーの叩きっぷりを見極めて、前倒し気味にイメージを作っていかないといかんな。

今朝もグラッときたけれど、少しずつ前に進んでいる。

ネット規制  ご報告・ごあいさつ

CD "Power and Patience"は、香港から世界に郵送されるシステムなのだけれど、香港や中国では(おそらく)国がサーバーでの購入を許可していない模様。

実際に香港のエージェントから「マジ無理」との連絡があった。

いかがわしいものと判断されているのだろうか!?

露出を抑えたジャケ写なのだが(笑)

日本でも恐ろしい法案が通過したようだけれど、お隣の国はその比じゃないようだ。

身の丈ライブ  ライブ国内編

ブレンドラムス復興ライブにご来場いただいた皆様。

どうもありがとうございました。

曲をやるとかそういうことでなく、自分を取り戻すための時間だったのかもしれません。

「生きていること」

こんな当たり前のことを、これほどリアルに感じている日々は自分の人生にありません。

そして、叩いていつもの自分を取り戻すことで、これまでどれほど気を張り詰めていたかも確認できました。

ミュージシャンとして思うことを書き留めたいのですが、先ほどもグラッと来て・・・。

とにかく、お預かりした義捐金は、昨年お世話になった東北の音楽関係の方々にお届けできたらと思っています。

詳細が決まりましたら、改めてご報告します。

額面ではないとは言え、自分の力不足も感じています。

けれど、これからも自分の身の丈に合った活動をしていこうと思います。

想定外の展開!?  ご報告・ごあいさつ

なんと、CD"Power and Patience"のサンプル盤が完成!

クリックすると元のサイズで表示します

早すぎる〜〜〜〜っ!

ジャケットの色もバキッと出て、海外向けらしい出来栄え(笑)

それにしても、4日でサンプルが届くとは!

連休明けに配送を予定していたけれど、もっと早くお届けできそうです。

想定外の展開。うれしすぎる!!!

と思いきや、製造スケジュールを動かせるはずない。

そりゃそうだ。興奮しすぎ・・・。

さっ、ライブの準備!




AutoPage最新お知らせ