はみ出しWS その2  カテゴリーなし

この間、ドラムスのA氏が私の太鼓からは子音がたくさん聴こえてくると評してくれた。母音が強く(と言うか母音だけに)なりがちな太鼓の演奏。私にとっては嬉しいコメント。と、な〜んのことだかさっぱりかしらん!?では、解説を。

あくまでも感じ方の問題なのだけれど、「ドド〜ン」と裏皮まで響く大太鼓の音を母音だとすると、子音というのは擦ったり、濁らせたり、詰まらせたりする音。言葉で言うと、th, t, k, n, d, z みたいな音かな。そう思って聴く(見る)と、長バチを使う私の大太鼓ソロやチャッパ・シンバルのソロは子音が多いでしょ。
海外に行くと、この2つのパフォーマンスは特に気に入ってもらえる。むしろ、ドカドカ&ウリャ〜は見慣れているだろうし、子音太鼓は共通言語として「ふふふ」と何か感じてくれるようだ。

いずれにせよ、冒頭のA氏は母音マン・アーティスツだけにウマいこと言うわ。

お後がよろしいようで〜。

続く・・・かな!?




AutoPage最新お知らせ