完全はみ出すWS  カテゴリーなし

振り上げたバチを皮に当てる。ただそれだけの行為だけれど、叩いている人(特に素人さん)を見ていると、その人の性格やら何やらが見えてくることがある。

「ツライことあったのね。」
「大雑把やな〜。部屋の掃除してないやろ!」
「うわっ、まとめ上手!」等など、時々それらをまともに受けてしまって疲れてしまう自分がいる。まあ、沢山の叩き手を見てきたので、特別な感覚ではないと思いますが。

それにしても、太鼓占い師っていたら怪しいよね(1,890円/税込)

「ドド〜ン!」「ふむふむ。2階のトイレに何かが・・・。」「いえ、トイレは1階です」的な。Frauとか取り上げないかな。「女も太鼓も、腰よね!」

だからって、太鼓占い師になっても太鼓売らないし(寒っ)

今日もお後がよろしいんだか何だか(このパターンが続くと辛いな)
さあ、仕事!仕事!

はみ出しWS その2  カテゴリーなし

この間、ドラムスのA氏が私の太鼓からは子音がたくさん聴こえてくると評してくれた。母音が強く(と言うか母音だけに)なりがちな太鼓の演奏。私にとっては嬉しいコメント。と、な〜んのことだかさっぱりかしらん!?では、解説を。

あくまでも感じ方の問題なのだけれど、「ドド〜ン」と裏皮まで響く大太鼓の音を母音だとすると、子音というのは擦ったり、濁らせたり、詰まらせたりする音。言葉で言うと、th, t, k, n, d, z みたいな音かな。そう思って聴く(見る)と、長バチを使う私の大太鼓ソロやチャッパ・シンバルのソロは子音が多いでしょ。
海外に行くと、この2つのパフォーマンスは特に気に入ってもらえる。むしろ、ドカドカ&ウリャ〜は見慣れているだろうし、子音太鼓は共通言語として「ふふふ」と何か感じてくれるようだ。

いずれにせよ、冒頭のA氏は母音マン・アーティスツだけにウマいこと言うわ。

お後がよろしいようで〜。

続く・・・かな!?

ふふふの日  カテゴリーなし

昨日は、スティーヴ独演会を観に久しぶり横浜へ。ところが、会場の手前で人垣&通行止め。横浜国際駅伝だったそうで、ちょうど目の前を渋井選手が疾走していく。おお〜、速い!力強い!何とも言えない緊張感。でも、もしかして全員通過するまで横断できないの!?と思ったけれど、人の良さそうな警官に相談して無事に横断。

で、スティーヴのライブ。
ボールに入っている水でチャプチャプ音を出している姿は40年前と変わらず(笑)意外にも社会派パフォーマンスになっていたけれど、途中にテロップで流れた「建設の響き」。実は、父が20歳の時に発表した筝曲と同じタイトル。あのお客さんの中でひとり受けておりました。しっかし、自主制作映像の腕上がったな〜。おつかれさま。

はみ出しWS その1  カテゴリーなし

先のWSでもそうだったけれど、私はリズムのことを「言葉」によく置き換える。
全く同じという訳にはいかないのだけれど、曲作りやインプロについて聞かれた際、普段使っている「言葉」に例えることでイメージも伝わりやすくなる。だから、叩くリズムを言葉で唄えなければ、太鼓でそのリズムを叩くことはできないとも言える。

早口で
“テレツク天・テレツク天・ツクテレ・ステステステステ・ステ天テ天”(レナード創作)って唄えたら・・・叩ける(はず)。で、インドが凄いんだ。ザキール・フセインさんと共演する際によく使う手(ほ〜んの一部)がこれだ!

”Dhe Te Dhe Te Dha Ge Na, Dha Ti Dha Ge Na, Dhin Na Ge Na”(記譜:吉見氏)
(デテデテダゲナ・ダティダゲナ・ディンナゲナ)

もちろん、ザキールさんはこれらに強弱をつけて、音程とタッチをコントロールしつつ「ついて来れる!?」的笑みを浮かべながら超高速で叩くのだ。ふふふ、素敵だよね。

続く・・・かも。

円貯め情報  カテゴリーなし

今週末22日はスティーヴの独演会。
私も顔を出しますが、チケットを取り扱っているイープラスのサイトにて、スティーヴがこれまた自分でビデオレター制作@奄美しております。最後は私に振ると言いつつ忘れたため、私の分は羽田空港で収録。黒糖が残っているようで、自分のライブのタイトルをちゃんと言えてません!!!!!「ブレンドラムスの・・・」おいっ!!
しかも、よれてるしゃべり方がどこかの首相と似てないか!?

追1:政治家のこと言えない言えない・・・。
追2:共演楽しみにしています的メールがちょこちょこ寄せられているのですが、私は顔を出すだけで出演はしませんよ。そのあたりは、ちゃんとわきまえておりますんで。

チェッキラウト!

FM OSAKA  カテゴリーなし

昨日は珍しくな〜んもやる気がしなくて、渋いデスクワークをしつつダラダラと過ごした。そんなテンションで作ったパスタは美味しいはずもなく、久しぶりに作ったアーリオ・オーリオは乳化に失敗。ドーデモ・イージャン的な味。
今日はやや盛り返して、面倒臭くて手を付けていなかったことをやっつける。4月の公演に向けてバチも削らないと・・・。

そう言えば、先週FM OSAKAで収録した「ブレンドラムスの挑戦」のスポット(ライブの宣伝)がすでに流れているそうだ。実はそのスポット、自ら原稿のアレンジをして、しゃべっております。25日&26日の2バージョンでどちらも20秒。あっちゅーまの作業だったけれど非常に面白かった。くせになりそう。

関西方面の方っ!
いつ流れるか知りませんが(爆)何気にエア・チェックしてみて〜。

夜更かし〜  カテゴリーなし

WSも無事に終わり一息。
お送りいただいた布袋氏の新譜"GUITARHYTHM X"を聴く。真夜中にROCK ON!コブクロ・小渕氏とのキャッチーな曲作りなど流石でございます。それにしても、全面に渡ってプログラミング作業をした岸さん、お疲れ様。この作業の合間に関西テレビ「開拓者」のプログラミング・・・ありがとうございました。

ところで、しっかりカタチにする(=仕事をする)ミュージシャンと比べて、今の日本の政治家の超お気楽なこと。国際会議でのレロレロ会見。どんな理由でもあり得ない。
奄美で黒糖三昧のあたしだって、あんなじゃなかったわ(笑)二日酔いしないもん、黒糖は・・・。そ〜いうことじゃないって!?

ふらっふら・・・  カテゴリーなし

ええ、ふらっふらです。
浅草からの帰り道、●杯ほど引っ掛けて帰ってまいりました。
明日は岐阜日帰り。で、1月から続いた「週末遠征・奄美(甘味)添え」は一区切り。
チャージ期間に入れるといいな(笑)
WSの出来事はまた後日・・・。

そうそう、たくさんチョコレートをいただきまして、ありがとうございました。

大阪4デイズ  カテゴリーなし

岐阜を挟んでの大阪4デイズ。いつも以上に濃かったような気がする。確かにワークショップ1日2本はパワーが要る。でも、参加者からの興奮冷めやらぬメールがその甲斐があったと思わせてくれる。ライブとは違うけれど、自分が培ってきた表現を少しでもその後のそれぞれの表現活動に活かして欲しいものだ。

家に帰ってきて、すぐに自分にご褒美。奄美の黒糖焼酎でお疲れさま。

うんまいっ!(幸)

ダブル・ワークショップ  カテゴリーなし

今日は、まず大阪で「族」を基本にグルーヴをお持ち帰りいただくクラスを一本。
そして、岐阜へ移動してかつぎ桶をユルッとアドバイス。流石に1日2セット&移動はキツイけれど、人との出会いは気持ちを豊かにさせてくれる。そこにはプロもアマもない、太鼓好きの思いが溢れていた。

明日は再び大阪に戻って、ラジオ収録と11日のカーボン太鼓の準備。
出会いがある限り、がんばりましょう〜!




AutoPage最新お知らせ