ふぅ〜。(いろんな意味で)  カテゴリーなし

「スタッ、フ〜」(例の口調で)
NYのミュージシャン・ネットワークに広がりが出てきつつある。今は実際にNYに行かなくてもPCでデータのやり取りしながら音作りができる時代。少しずつカタチにして行きたいと思う。お互いに会うこともなく(=いずれは会うけれど)、PCで国際電話/Skype(無料)しながら進められる人脈と音作り。今までになく面白い。
反面、日本ではいくつかの別れがあった7月。長年、私をサポートしてくれて、レオプロのメンバーでもあった美穂が卒業となった。個人で活動している私にとって、スタッフ一人ひとりの存在は大きいだけにがんばって行かねば・・・。美穂も個人で活動していくので、どこかで見かけたら声を掛けてやってください。

「茹だる京都」
祭衆とのリハーサルで京都へ。ありえへん暑さ・・・。ライブ以上の大量発汗。そして、発揮してしまった。超強力雨男健在。それもド派手な雷とバケツをひっくり返すような雨。小高い山の上にある祭衆の稽古場はできて15年になるらしいが、ここまでの降りっぷりは初めてだそうで。ありゃりゃ。

ブログ・・・溜めてどうなる!7月中旬編  カテゴリーなし

「チャイニーズ旋風」
このところ、街中で中国人の勢いが凄い。正直、あまり良い印象を持てない。だって、普通に綺麗にしている女の子がペッ!って道にツバを吐くんだぜ。それも豪快に。豪快と言えば、この間も伊●丹の精肉売り場で「はい、お待たせいたしました。25万円になります。」どんだけ買うねん!バブルの頃、パリでLouis Vuittonのバッグを買い漁る日本人を思い出すざんす。お〜ほっほほ。そうザマすわね〜。

「ニュー大太鼓」
2尺8寸の平胴大太鼓がようやく完成。職人とじっくり時間と手間を掛けただけあって、納品&即本番で使用!マジです。バイオリンの川井郁子さんのライブにお呼ばれした際、状態があまりにグ〜なのでトライしてみた。派手に叩く内容ではなかったので問題なし。と言うか、素晴らしい仕上がり。実は、この子は海外使用専門に制作したんだけれど、正直、もう少し日本に居させてから旅をさせたい。かわいい子には旅をさせろと言うが、んにゃ、もうちょっと一緒にいたい。

「加古隆@サントリーホール」
ず〜っと、観に行きたかった加古隆さん(ピアノ)の公演がサントリーホールであった。編成はソロからカルテットまであり、作品もジャジーでアヴァンギャルドなものから、「白い巨塔」などテレビでおなじみの作品までバラエティに富んでいて、いろいろな世界が自然と頭に描ける充実した内容だった。かなり、ヒントをいただいた気がする。
しかし、ゲストで出演した奥村愛さんといい、先日、ご一緒した川井郁子さんといい、バイオリニストは美しく、そして、強いですね〜。比べるもんじゃないけれど、超重低音部署のあたいはクラクラしちまいました。

ブログ・・・溜めてどうする!7月上旬編  カテゴリーなし

「夏はやっぱり」
7月に入ってからスタジオに入りだした。今、取り掛かっているのは、京都の祭衆という太鼓グループと共演する曲のアレンジと「ブレンドラムスの夏祭り」。ブレンドラムスは久しぶりに小屋も変わるので、アグレッシブなノリにしていくつもり。だって、日本のロックシーンを彩るアニー&真矢の初揃い踏みだもんね。ボサノバでもやろうか・・・。夏だし(爆)

「めしネタ」
料理番組を見ることが好きな私。この間、紹介していたイタリア料理は実際にやってみて、メチャうまかった。まず、にんにくをオリーブでゆっくりと香り出ししてから、白身のお魚(すずきとか)を皮からカリッと焼く。で、そこにあさり、オリーブ、ケイパー、パセリのみじん切り、白ワインを入れてワイン蒸しにする(=結構、ひたひたになるくらいワインを注ぐ。これが旨いスープになる!)。あさりが開いたら、エクストラ・バージンオイルを掛けて出来上がり。キンキンに冷やした白ワインがメチャ進んだ。ゴチ!

「夏はやっぱり#2」
ビールも良いけど、ご飯と一緒となると白ワインが良い。和食とも合うし。で、デパ地下で売っているワインは空調が効きすぎて状態が良くない場合が多いので、あたいはもっぱらネットで購入している。おすすめは、ENOTECA(エノテカ)の通販。銀座にお店を出してもいるけれどネットが便利。保存状態が完璧なのと、安くて美味しいワインが沢山あって、うたい文句にそのまま乗っかってご購入。飲み過ぎ注意←自分




AutoPage最新お知らせ