よいお年を!  カテゴリーなし

今年一年、ありがとうございました。
来年はさらに企画が盛り沢山ですのでお楽しみに!
で、私は31日までPCに向かってお仕事お仕事・・・。
皆様も風邪やらノロにやられないようにお過ごし下さい。


うわあ、JBことジェームス・ブラウンが逝ってしまった。しかも、クリスマスの夜に。アフリカでもブラジルでもJBは、ボブ・マーレーと並んでヒーローだった。70年代、兄・スティーヴの影響を受けてブラコンにもはまっていた私。アフリカでもいい、NYのスラム街でもいい。10代の自分の不甲斐なさをブチ壊したくて、黒い世界に憧れていたものだ。あの生命力・・・アフリカで出会ったネイティヴなドラマーやミュージシャンとは違うねじれというか、こすっ辛い感じ!?JBがどんな人格でどんな人生を歩もうとしていたのか分からないけれど、時代を彩っていた人だよな。
あ〜、バカライブやりたい!って、今企画してんじゃん自分。ふふふ、待ってろ〜。
いつになくテンション高い年の瀬かも〜。

メリークリスマス!  カテゴリーなし

来年のことでこのところ毎日12時間は仕事をしております。このガムバリが実を結ぶと良いのですが。まあ、それはともかく、皆様それなりに楽しいクリスマスをお過ごし下さい。シャンペン・ポ〜〜〜ン!

交渉で60億  カテゴリーなし

打合せだけで60億が動く市場って、どんだけの人がうごめいているんだろうね。年俸10億、代理人のコミッションが10%あったとしても9億。そもそも、速いボール投げて生きていくのにそんなお金必要なんでしょうかね。経済効果よりも今後の社会貢献ぶりを拝見したいものです。あたしなんか現代音楽でも映画音楽でもない、Planet "Leo"という惑星作り(スケールでかっ!爆)が始まり、破滅的とも言える創作快楽人生に拍車が掛かって来ている。今、"Blendrums"の曲作りをしながら、来年の企画や展開を慎重、かつ迅速に進めているところ。今年は新しいスタッフとの出会いのおかげで音作りやステージにグッと幅が出てきたけれども、来年は制作面でも充実させないとな〜。60億かあ・・溜息。師走だな〜。

韓国でのワークショップ  カテゴリーなし

オーケストラとの共演は、サムルノリ(80年代に世界を席捲した韓国打楽器グループ)のオリジナルメンバー、チェ・ジョンシル氏を通じていただいたお話。現在、氏は韓国中央大学で講師をされていて、そこの生徒さん50人を相手に「三宅太鼓」のワークショップを2時間2セット=4時間強行う。私が在籍していた鼓童によって(舞台芸能に昇華され)世界に知れ渡った三宅島の太鼓は、太鼓界で知らない人はいないくらい知られている郷土芸能のひとつ。独特の低い姿勢で叩くそれは、私も何年ぶりかで叩いたが、生徒が覚えるまでは続けて叩いていなければならず、もう翌日は太ももがパキンパキンとなった(翌日で良かったぁ・・・タイムラグなしっ!)。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

韓国公演  カテゴリーなし

11月28日〜12月3日 アンサン、ソウル、アンソン/韓国
Planet"Leo"が終わって休む間もなく韓国へ旅立つ。今回は韓国の古楽器で編成されたオーケストラ、韓国安山市立国楽団(アンサン市)からのオファーで「彩」を共演するというもの。8月、アンチョン市のフェスティバルに参加した時は、これでもか!って暑さだったけれど、今回は突き刺す寒さと乾燥で体力を奪われるというコンディション。激辛激ウマの料理を堪能したものの、やはりPlanet"Leo"の疲れもあったんだろうね。2回公演の初日は体が動かなかった。

今回は、通訳がバッチリ付いたのでコミュニケーションは良好だったものの、その分、ズレもはっきり見えてしまったかな。もちろん、人は温かいし良かったんだけど、まだまだ国際交流の余地はあるね。

韓国の古楽器オーケストラとの「彩」は何とも言えない不思議な感覚だった。自主企画ばかりの私だったので、いじられる感覚が久しぶりだったからかな。会場は、伝統音楽・オペラ・クラシック・ミュージカルとそれぞれの劇場が併設されているところだったのでほぼ完璧な施設だった。ステージがまるごと前後左右移動式だったし、機材もメンテナンスがおいおいな感じだったけれど、なかなかのものが揃っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

無事帰国  カテゴリーなし

ぢかれた〜。超極寒の韓国から無事帰国。報告は後日。
今日は寝る!




AutoPage最新お知らせ