Planet "Leo"  カテゴリーなし

ぢかれた〜。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。お楽しみいただけたでしょうか。私はめちゃめちゃ楽しかった。この2日間で音がどんどん成長していったし、まんだまんだ可能性を秘めている"Planet"だな。

2006.11.25/26 青山・草月ホール
レナード衛藤 Planet "Leo"
押鐘ストリングカルテット/押鐘貴之、杉山由紀(ヴァイオリン)、番場かおり(ヴィオラ)、森谷佳奈(チェロ)、鬼怒無月(ギター)、早川岳晴(ベース)、菊地英二(ドラムス)、レナード衛藤(太鼓)
演出構成・楽曲/レナード衛藤
ストリング・アレンジ/長山善洋

さてさて、明日から韓国。準備せな〜。その前にスタッフとメンバーにメールしなきゃ。時間がないあるね。

優れもの2つ  カテゴリーなし

まず、噂のオール・イン・ワンのプリンターを買った。これが素晴らしくスマートな子で、スキャニングからコピーまで1台で何でもできるのね。今までは手書きのスコアも地味にFAXで送っていたんだけれど、これからは管理も楽だし助かるわ〜。
そして、もうひとつの優れものはオーディオ用のインターフェイス。具体的に言うと、MDとかDATで録音した音源をパソコンに取り込むには変換が必要なんだけれど、その変換器のこと。これによって、リハーサル音源やデモテープをMP3などのファイルにしてメールで送れるようになった。今では録音したものをそのままMacに取り込めるレコーダーもあるようだけれど、太鼓のような音を録る場合、それなりのマイクで録った方が良いし、大きさにしてチョコレートの箱くらいのこの子の利便性は高い。
どちらも使いこなしている人からすれば、「今頃か!?」という代物かもしれないけれど、いろんな意味でタイミングを待っていた甲斐があったってもんだ。この3日間で導入した周辺機器は無茶苦茶うれしい!本番前にひとり盛り上がっているのでした。

あと1週間!  カテゴリーなし

え〜、Planet"Leo"に向けて追い込み状態でして”やること山”に来ております。先日の弦カルとの初リハーサルで随分と視界も良好になってまいりましたが、今日は今日で準備に追われフラフラになりながら帰ってまいりました。風邪なんぞ引きたくないよね〜。で、解禁されたボジョレー空けました。ものの20分で。軽いなあ。これなら昼間っから飲めそうってか。明日は一日中、スコアの整理っす!




AutoPage最新お知らせ