ハイ、次!  カテゴリーなし

先日、兄スティーヴのサイトで知ったのですが、菊地英二氏が衛藤家の末っ子に加入したそうです。(笑)弟の私には記憶がないのですが、楽屋でそうなったらしいです。(爆)ところで、今回のライブでもそうでしたが、私のライブのアンケート回収率はとても高く(ありがとう!)、打ち上げではメンバーもスタッフも楽しんで読みました。そんな"Blendrums"の余韻が残る中(今なお、菊地氏のキックの音が頭から抜けない)、次のライブに向けてレオプロの秀&美穂と新宿でミーティング。傾向と対策を練る。ひとつのプログラムでツアーするのと違って、これからのライブはイメージもメンバーも違うので、「あっ!」と思いついたことやお買い物を忘れないように、ちょっとしたメモ魔になっております。
心斎橋"Blendrums"が今からモーレツに楽しみではありますが、私の中では銀座で"OCEAN"のイメージも壮大に広がっております。この間のライブでも太鼓は生音でしたが、銀座王子ホールの生音は半端じゃありませんぜ。皆さんの想像を遥かに超えた音(振動)が、シャワーの如く降り注いで気持ちいい!の一言に尽きるでしょう。私も最後まで壊れずに楽しんでみたい!(楽しんで壊れる?壊れるから楽しい?)


"Blendrums"にご来場の皆様、ありがとうございました。壊れちゃってすいません。で、今は頭ガンガンしてるのね。明け方、焼酎のペースが急に速くなったしね〜。反省しないとね〜。

2006/4/22 "Blendrums"セットリスト
1, ANACONDA V w/Hide, Miho
2, CHAPPACITY w/Steve, Hide
3, DUO / Steve, Leonard
4, 大太鼓ソロ
5, BLACK w/Annie, Steve
6, ゆるいヤツ w/Annie, Steve, Hide, Miho
7, 三つの情景 w/Annie, Hide, Miho
8, Steve Solo
9, DUO / Steve, Annie
10, Annie Solo
11, OCEAN w/Hide, Miho
12, LION×LION w/Annie, Steve, Hide, Miho
En.) ハワイ庵 w/Annie, Steve, Hide, Miho

Music by Leonard Eto(3,8,9,10を除く)

Blendrumsの前に  カテゴリーなし

22日のライブが近づいてくるとともに、5月のワークショップや7月のライブのことをまとめないといけなかったので、一時期はイメージが交錯して不規則な生活が続いたけれど、入稿の遅れもなく告知され、DMも届いたようで・・・やれやれである。制作的なことも自分で目を通すので大変ではあるけれど、何よりも自分が楽しみたいし、気持ち良い音と空間を作りたいからしゃ〜ないやね。ワーカホリックでもなければ、自分の音を追求する孤高の人状態でもないし、いつかは家と車を買うぞ!とかいう物欲もほぼないので、このモチベーションの保ち方は自分でも不思議。良くやるなと。
"Blendrums"が終わるまで開けまいと思っていた、宮古島で買ってきた泡盛(古酒)をオープン。今、ライブのイメージをゆっくりと追ってます。Oh, yeah!

Blendrums & OCEAN  カテゴリーなし

さてさて、ぐぐ〜んと慌しくなってきました。
心斎橋で"Blendrums"!(←濃いよね〜)銀座で"OCEAN"!(←これいいな)そして、CD"OCEAN"の前のめりの告知に埋もれ気味だけれど、久しぶりにワークショップも開催。今回は桶太鼓に絞って、しかも1日では「飲み込めなかったこと」を2日ならどうよ!?ということで、桶オタクの期待に応えたいと思われ。


Blendrums  カテゴリーなし

プールの監視員は、なんであんなに速く泳げるんでしょう。なんであんなに小さいパンツなのでしょう。今日も、もこみち系の兄ちゃんが休憩の間に泳いでいたのだが、クロールのひとかきで5mは進む。しかも、キックしてないじゃん。私も飽きるまで泳げるが、スピードがね。あの推進力はどうしたら生まれるんだろう。とまあ、体を動かすのも良いけれど、明日からスタジオに入りますからね。しかも、ドラムを叩きにね。仮想えいじ・きくちでデモテープを作りやす。Oh, yeah!

まだ、ざわわ・・・  カテゴリーなし

今日も1キロ泳いだからぐっすり眠れるかと思っていたのに、まだ心のどこかでざわわ・・・している。宮古島から帰って1週間。あの数日間は時間が止まっていたんじゃないか!?きっと、宮古島でなくて他の島でも同じような時間を過ごせたかもしれない。良かったからと言って、次に行った時に同じような充実感を得られるかは分からない。なぞってガックシかも。たまたま、あの旅が自分にとって良いタイミングで新鮮だったんだろうな。
私のプロフィールには、「何十カ国旅して〜」とか(事実だし)書いてあるけれど、正直、旅は国の数でもなければ場所でもないね。その人なりの旅がひとつでもできたら幸せだと思う。そ〜れ〜にしても、あの海の色、空の雲、真っ白な砂浜・・・。あかんあかん、久しぶりのライブが間近だっつ〜のに、緩すぎるぞ自分!でも、このイメージで行くのもありか!?




AutoPage最新お知らせ