2006/6/13

NYレポート セッション編  音楽

月一や週一、または毎日セッションを行っているお店も勿論たくさんあります。all about jazzやビレッジボイスなどの情報を頼りにして(どちらもフリーペーパーなのでいたるところに転がっています。)その日その日今日は何する??って感じで行く店を決めていて、マッコイタイナーを見に行ったその直後とNYラストナイトに二軒、セッションに参加してきました。
写真は二軒目にいったfat cat
暗くて大変分かりにくいのですが、jazz roomという場所があって、早朝3時くらいまで毎日セッションが行われているようです。この日はダイアンショアーを聴きに行ったあとだったのですが、前座のバンドの方々も来ていてビックリしました。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと暗くて分かりにくいですが
クリックすると元のサイズで表示します
この空間かなり広い場所なのですが、所狭しとイスが置いてあって勝手に座って寝るもよし、持ち込みの食べ物を食べるもよし、雑談するもよし、楽器をそこで吹いてもよし。アングラな雰囲気をかもし出しつつ、アートなイスがたくさんあってスパイシーな空間でした。空気感は・・・・ジェリコに近かったような。

もう一軒はクレオパトラニードルというお店。バーダイニングのようなところです。写真もあるんですが暗すぎてよくわかりませんです(涙)

セッション参加者はサインをしてホストに呼ばれたらステージへ。お客様は食事をしながらセッションを聴くというスタイル。セッションライブといった感覚でした。
セッションをしてきがついたこと。
細かいことですが、ボーカルマイクは当然リバーブほぼゼロ。そのお店自体の反響を利用しています。つまって聞こえたらそれだけ体が鳴ってない証拠です。そのお店独自の音になる感が強くありました。スピーカーやセッティングの具合、お店の吸音具合などでオリジナルのサウンドが出来上がります。気が付かなかったわけじゃないんだけど、より強く感じられました。
それも「jazz」の一つ?かな 一貫して言えることは自分って言う楽器がならないと話しにならない★マイクを通しているとはいえ回りの楽器に負けちゃいます。原点を振り返る瞬間でした。

どちらのお店でも必ず「よかったよ!」って褒めてくれました。共通していたのが「声質」 消去法でいって、テクニック× ピッチ× 発音× ・・・ 褒めるところっていったらそこしかない(苦笑) だったのかもしれませんが(;・∀・)ハッ  素直に嬉しかったです♪ 質ってテクニックと違って変化させようと思ってもなかなか出来るものではないから私のポイントの一つなのかもとまた少し思えるようになりました。昔はこの声がだいっ嫌いだったんですから・・・・

ジャムセッション=皆で一曲を作り上げる 力をあわせてエンディングに向かうために真っ直ぐ一方向を向いて演奏する。
パワーを感じました。「楽しく音を楽しみましょう(^^)」あるサックス吹きのおじさまが演奏途中で話してくれました。「自分はこう弾きたいんだ。その意思表示をしっかり出来るかどうかだよ」 帰宅後そんな話をしてくれた粟谷君の言葉を聴いて更に納得。ふんふん。。。。←色んな思いが巡っているのでした。

褒めてくれたといえばもう一つ。英語圏の土地で英語の歌を歌う。これくらい精神的にハードなものはありません。滞在中、なるべく色んな人と話そう。店員さんとの会話や現地で知り合えたボーカルの女性。道を聞くにしても何をするにしても。とにかく話す。それだけでも私にとっては英語の勉強でした。NYに留学中のSさんも言っていたのですが、「とにかく良い所をたたえてくれるんだ。」ちょっとでも良い所があったら拾ってくれるんですね、正直歌ってたときはこれ以上ないくらいのヘンな自分的プレッシャーでした。
歌い終わった後に「You're nice!」
何がナイス?普段英語を使わない民族の私がこうして歌いきったという結果に対してのnice だったのかもしれません。(´∇`)一つハードルを越えられた様な気がしました。

次はその更に上を目指して♪
0

2006/6/13

NYレポート 地下鉄編  音楽

地下鉄で普通に演奏が行われているというが本当か!

本当です。って知ってましたが、実際見てびっくりです。どこからともなく音が流れてきます。
その中の1グループの一枚
クリックすると元のサイズで表示します

コーラスグループでした
クリックすると元のサイズで表示します

このほかにも民族打楽器を何種類かとバケツのリズムセッション、地下鉄の車内で突然始まったコンガソロ、サックス、トリオ。。。色んな人がいました。車内のコンガソロは1車両ずつ丁寧にまわってコインを袋に集めてまわってました。「聴かせてやったんだ!」くらいの勢いです★彡

タイムズスクエア駅(だったかな)のリズムセッションはかなり迫力がありました。一人おそらく日本人の男性と思われるかたも居たと思います。
楽器を使ってないバケツのプレイヤーさんが一番上手かったような・・・

デジカメと携帯の写真を駆使して随時色々載せていきます。

これはフォレストタウンでのショットです。
クリックすると元のサイズで表示しますまさに犬のお散歩です(*ノ∇ノ)♪

クリックすると元のサイズで表示します見つけてΣ(^▽^)!!ビックリ 思わず一枚♡
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ