2006/1/27


夢を良く見ます。それは現実離れしたものが多い。
何かの余知だったり、単に脳に記憶されたものの再生だったり。
でもあんまり科学的に全てを片付けたくないです。
だって人間だもの、説明の付かないことだってある。

歌も一緒かな。。説明の付かないものを追求したくなる。
でも、理論がなきゃ表現できなかったり、間違った方法をとってしまったり。
聴こえないものが聴けるようになりたい。見えないものが見えるようになりたい。
上手に理論と否理論が共存できたら、きっと上手くいくのかな・・・?
0

2006/1/27

ステージのお知らせ   ライブお知らせ

1/30 月曜日

川手トリオwith門馬千恵  trio&session

川手博史 g.
佐藤人志 b.
益子淳平 ds.
門馬千恵 vo.

南7条西4丁目 すすきのプラザビル2階
jazz live & bar LIVE AT MY PLACE
011-521-1667
18:00〜   live time21:00〜
ライブチャージ\1100

アットマイのマスター、川手さんの心温まるギターで冬風で冷えた体と心を温めませんか? 仲良しバスクラリネットのKちゃんにも会えるかも!?
0

2006/1/27

29日に向けて  音楽

何ヶ月ぶりかのジャンゴ。冬は車のない私に遠出は結構大変です。しかも寒がりなので歩いてる途中で体の中ツンドラ状態 中央区も雪が多いですが、南区も負けてませんでした。

29日は2ヶ月ぶりにジャンゴでライブをします。全員20代なんです!これって結構凄いことですよね★メンバーに言われて気がつきました。若い力でございます素敵な一夜になればいいな。外の寒さを吹き飛ばすようなあったかい気持ちになれるライブになるように頑張りますジャズではない曲も用意。楽しみにしていてください。とても美しい、切ない男性の気持ちを歌った曲です。

素敵な絵が飾ってありました。夜の時間帯にアルバイトに来ているTくんの描いた絵だそうです。スパニッシュギター弾きでもある彼は、とっても多才です。料理も上手だし、スポーツも出来る。何かに秀でてる人は何でも出来ちゃうんですね。羨ましい しかも!まだ10代です。(←おばちゃんみたいな発言(笑))私18のとき札幌に出てきました。何してたかな、なんて

オープン19時 スタート19時30分です!   こうご期待☆
0

2006/1/26

見かけによらず  音楽

問題です。何歳でしょう??

クリックすると元のサイズで表示します

今日セッションに行ったときに、仲良くなったお客様の一人からお借りしたCDです。pinky wintersというボーカリスト、私もお初のボーカリストです。正解は・・・・


23歳です 「私もこのジャケット見て声聞いてビックリしたんですよ。」と言っていただけあります。まず、23には間違いなく見えません!犯罪でしょー 問題の歌のほうは、

やはりすごく落ち着きのある声でかすれた感じが「一体どんな23年間を生きてきたんだろう。。。」と思わせる説得力。でもすんなり耳に入ってきます。ジュリーロンドンが好きな方はいいのではないでしょうか。マッドタイプです。裏に英文説明書きがしてあって、彼女の生い立ちから活動、(ここまでは分かった)そしてサラ、アニタオデイなどのビッグネームが。関わってきた人物の説明なんでしょうが、いまいち完璧に理解できてないので調べながら詠んでみたいと思います。
英語は出来たほうがヨイ 日本語字幕なしにフレンズを見て同じタイミングで笑えるほうがかっこいい

私も3月末で23です。同じじゃん!(焦)ピンキーさんとご要望もあったので私の写真掲載。。。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/1/26

七転八転  今日の出来事

とうとう昨日この冬初めて転びました。。。ベタンッ(O.O;)(o。o;) 酔っ払ったおじさんに「おねーさん痛くないかーい??」って慰められました(苦笑)
きのうjazzyというお店に行ってきました。カウンターにボックスが二つ、隅っこにアップライトというとても小さなお店。ちこさんに初めてお会いしました。私はてっきり、女性と思ってた! 私と39歳歳の差、とても存在感のあるおじ様でした。「見るからに北海道のにおいがしない...」っちょっと怖いイメージです。でも凄く面白い。渋い声にアメリカのおっきいバイクにでも乗りそうな服装、時々出てくるオヤジギャグ...いや、結構 。関西のりの大胆な風貌から想像付かない繊細なメロディーをちこさんは奏でてくれました。

歌うと言うより、語る。ジャズを語っていました。ピアノと一緒に。1.5メートルの距離、私とちこさんの間にはカウンター。それを挟んで物語をうなずきながら聴く画は、眠る前に子供たちが本を読み聞かせてもらっている画にも似ていたのでしょうか。どこか遠く感じるジャズは昨日、小さな空間で優しく寄り添ってくれるのでした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ