2015/5/24

Hidy Hidy little Rascal Like the wind O little.   KNIT&STICH(ING)

一応、にほんブログ村のハンドメイドブログにも登録しているので
2年ぶりに
「普段使いできそうなのにできない」クロスステッチを再開しました。

これだけのものに製作期間3週間かかるとは
どれだけ不器用なんでしょうか…。

参考にした図案は4枚で1組なので
全部できるのは早くても今年の8月と云うことになりそうです。

ということで「あらいぐまラスカル」その1です。

 
 

続きを読む
0

2012/1/9

今年最初のクロスステッチ作品です  KNIT&STICH(ING)

去年、文庫本サイズのバックの表に

クリックすると元のサイズで表示します

をして長らく放置したままになっていましたが
このたび、裏もステッチしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

20年前の刺繍糸を使ってステッチしていたところ
途中で糸切れになってしまい
新たに購入したところ、同じ品番なのに色かわっとるがな!

1

2011/12/25

久しぶりにクロスステッチなんぞ  KNIT&STICH(ING)

島田ゆか「バムとケロ」シリーズが好きな友人への
クリスマスプレゼント用に作っていたのですが





間に合いませんでした!

クリックすると元のサイズで表示します


いささか手抜きです。

アップで見るとこんなんです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして裏はこう。

クリックすると元のサイズで表示します

 
別の友人にプレゼント。

 
0

2011/9/25

ひさしぶりにクロスステッチの話題です  KNIT&STICH(ING)

ほぼ5ヶ月かかりました。
5月から細々と続けていたクロスステッチ
表面だけ完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回参考にしたのは
漫画家オノナツメさんのイラストです。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/5/13

一番くじ藤子F不二雄  KNIT&STICH(ING)

昨年、友人へのバースディプレゼントとして

クリックすると元のサイズで表示します

とともに

当時コンビニで行われていた一番くじ
http://www.1kuji.com/fujiko
のF賞とH章(キテレツもの)を贈ったのですが

今年も来ました、PART2が!

http://www.1kuji.com/fujiko2

今年はパーマンでいくか…。


0

2011/5/7


1muで100×120枡で
作ります。


クリックすると元のサイズで表示します

シンプルに12色だけ使用する予定です。

0

2011/4/16

けいおん!『完成!』  KNIT&STICH(ING)


なんと2ヶ月以上かかりました。

長かった〜。

完成品は『続きを見る』からでお願いします。




続きを読む
0

2011/2/9

じごくじょおたい  KNIT&STICH(ING)


1月22日に完成していたのですが
デジカメに撮り忘れていました。

クリックすると元のサイズで表示します

あまり糸を最大限に使用したため
月が虹みたいになってしまいました…。
ムーミンも心なしが色黒です。



さて
これまでのクロスステッチ作品は
抜きキャンパスなどと云う高価なアイテムが買えなかったため
直に生地の表面に1.5mm幅の直線を縦横80本程度を
ざくざくとペンで引いていく古典的なやり方をとっています。


で、次の作品ですが
今度は1mm幅で100本以上線を引いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

升目だげで12420あります。

黒いです。

これを2本どりでステッチしていきます。


クリックすると元のサイズで表示します

これだけで2時間かかってます。
1本どりにしとけばと後悔しています。




1

2011/1/19

ねえ、ムーミン  KNIT&STICH(ING)

途中経過です。

1月11日
クリックすると元のサイズで表示します

1月14日
クリックすると元のサイズで表示します

1月19日
クリックすると元のサイズで表示します



0

2011/1/3

遅ればせながらおめでとうございます  KNIT&STICH(ING)


今年2011年はこの絵から刺していきます。
年またぎムーミンです。

クリックすると元のサイズで表示します

編み物もしたいのですがなかなか時間が取れません。


リトルミイの文庫本バッグは
1作目は友人へのクリスマスプレゼントとなり
2作目は姪に「欲しい?」と尋ねたところ
「欲しい。」と云ってくれたのでプレゼントしてしまい
どちらももう手許にありません

これまでも作った品を人様に差し上げていますが
本当に喜ばれているのかいつも疑問に思っています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ