2012/11/28

好きなら好きと言えばいい  PERSON

以前、三浦しをんさんの「人生激場」という
エッセイ集(?)を拝読させていただきましたところ
その1篇に
黄金律胸毛を植毛したマネキンの妄想話がありまして
三浦さんによると
「最も理想に近い胸毛の持ち主はアントニオ・バンデラスで、
とは云え彼の胸毛は質・密度ともに
素晴らしいのだけれど範囲が今ひとつ足りない」
みたいな事を書かれておりまして
同意したいようなできないような…。

そもそも、バンデラスの胸毛なんて記憶にないんですよね。

いや、バンデラスは存じておりますよ。

映画の方も「デスペラード」とか普通に見てますよ。

でも、今フィルモグラフィーで確認したら
それ以降の出演作は1本も見ていなかったことが判明し
我が事ながら驚いていますが…。

え?私ったら何年バンデラス見てないの?
って話です。

はい?17年?

一番脂の乗り切った時期を見逃しているわけですか。
あらあら。

それにしても
あのヴィゴ・モーテンセンファンとして有名な三浦さんが
ヴィゴを差し置いてバンデラスとな!

ヴィゴ・モーテンセンも相当いいもんを
生やかしていると思うのですが
それ以上のものをアントニオ・バンデラスが持っていると?

アントニオ・バンデラスというと
「デスペラード」で止まっている私のようなもんにすれば
ラテン系の色黒長髪一本結わえ。

これは気持ち的にはちょっと同意は…
だったので、このエッセイを拝見しても
それほど心動かされなかったのですが

まずは一見しないことにはとやかく語る資格はありません。

たまたま、先日DVD「私が、生きる肌」を借りてきたところ
バッチリ脱いでおりました、バンデラス。

というわけで(以下、人によってはグロ画像あり?)
1

2012/11/27

いやあ、もう、なんか今更すぎて恐縮ですが  PERSON

以前から出演映画を何本も見ているにも係らず
そして、かなり名前の知られている俳優にも係らず
(要するにエンドクレジットで1桁台で名前が流れるような俳優)
そのときには全く眼中に入っておらず
今となってはどんな役で出ていたかさえ
記憶に残ってないのに
ある日、ある映画をきっかけに突然目に入ってきて
それ以来、どうにも気になって気になって
その俳優さんを見るとつい心悶えてしまう
という経験を皆様はお持ちではありませんか?


え?!ない?



…。


…私はそういうことが多々あるのですが
今正にその甘い罠に足を突っ込んでおります、私。


続きを読む
1

2012/11/7

史上最強の乙女の課題図書  PERSON

突然ですが、皆様は
上原愛加さんと云う方をご存知でしょうか?

彼女のことを知ったのはもう1年以上も前
…いや2年?
も前のこと。

書店の自己啓発・エッセイコーナーに
彼女の本が平積みされているのを拝見したのは最初です。

以来、どうしても拭いきれないある思いが
胸の内に巣食っているのです。

それは
発行部数47万部だったか突破したと銘打たれている
著書「史上最強の乙女のミリョク。」
の帯の写真がどうしても


続きを読む
0
タグ: 上原愛加

2012/8/16

いつか俺達は繋がる運命だから  PERSON

本日の映画は
「富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

GEO準新作・旧作50円レンタル期間の最終日に行ったら
めぼしい準新作がほとんど貸出し中で
適当に「準新作」を借りてきたら
これがなんと地雷でした。






…嘘です。


そこまで世間知らずではありません。

原作は、
通称「フジミ」と呼ばれ長きに渡って愛され続けている、クラッシック音楽をテーマにしたボーイズラブ恋愛小説の金字塔
と角川ルビー文庫の公式サイトで紹介されている
秋月こお
「富士見二丁目交響楽団シリーズ 第1巻寒冷前線コンダクター」
という小説です。

原作の方は文庫で

…えっと43巻もあり、
累計発行部数400万部まを超える

とてつもない人気作です。

映画の方も本作を皮切りに
シリーズ化が予定されているようです。

で、その第1作目。


続きを読む
0

2012/4/24

人は言う!! チャンピオンがアフロなのか アフロがチャンピオンなのか  PERSON

このブログではさかん
「七三七三」などと持ち上げていたのですが
友人曰くそれは間違いであって
世の中では今「アフロ」なんだそうです。

その根拠となっているのは

続きを読む
0

2011/10/5

トーマス・クルーズ・メイポーザー4世ってカッコ良過ぎない?  PERSON

10月に入った途端
喉の痛み、咳、洟、くしゃみ、発熱という
フルコース的な風邪をひいてしまい
昨日は会社を早退しました。

なにしろ
仕事でナンバリングをしていたら
17342
17343
17344
の後に
17347
17348
と、打つという些細なミスを犯したり
「南野陽子」と
「江角マキコ」
の名前がどうしても出てこなかったり
と、とってもアルツハイマー的な症状が出てきたので
仕事より大事の方をとりました。

ああ、それなのに
そんな帰宅途中でもなぜかGEOに立ち寄ってしまう私。

何故かというと
明日、10月6日は「トム・クルーズ・デイ」だからです。

なんで10月6日がトムの日かというと
推して察してくだされ。

参照http://dvd.paramount.jp/information/inf00280.html


ですので
借りてきました、DVD「ナイト&デー」。

本当は「トップガン」を借りたかったのですが
朦朧としている頭では探し出すことができず
「まだまだ話題作」のコーナーで
「ナイト&デー」を見つけ出すのが関の山でした。



とりあえずは
ああ、明日が楽しみ。




0

2008/10/7

女の人に年齢を訊くのは失礼にあたります  PERSON


とは判っているのですが、
少し前から、気になっているのが

坂井真紀さんっていったいいくつなの?

ということです。

先日見た「実録連合赤軍 あさま山荘への道程」では、20〜26くらいの役どころ
また、全国順次公開中の「ビルと動物園」では、30を手前にしたOL
ファブリーズのCMでは小学生のお母さん
彼女の存在を不動とした「ココリコミラクルタイプ」では、幅広い年齢の女性を
演じている坂井さん。

芸暦を考えると、実年齢は30代前半ぐらい?

と思っていたら、


続きを読む
0

2008/3/5

銀魂第46話 「××遊びは20歳になってから」  PERSON


いい年ぶっこいて
CS「キッズステーション」で約1年遅れで放送されている
「銀魂」を楽しみにしています。
定期的に見ているテレビ番組が
「プロフェッショナル 仕事の流儀」とこれだけですので
楽しみにしている度合いは相当に大きいです。

ただし、最初から好きだったわけでなく(絵柄が今ひとつ好みではなかったので)
第28話「いい事は連続して起こらないくせに悪い事は連続して起こるもんだ」
からようやく見始めました。

これが結構嵌りまして、密かに毎週月曜のお楽しみになっています。

そんな「銀魂」。
今週の第46話 「××遊びは20歳になってから」
の台詞回しがメチャメチャ、ツボツボで
こりゃ、横手脚本だな…と推測したのですが
はたして、エンディングロールは「脚本 横手美智子」でした。

横手さんは「銀魂」の脚本家のお一人です。
他で有名な作品というと「カウボーイビバップ」でしょうか?

私が最初にこの方(方々?)を意識したのは
「ジャングルはいつもハレのちグゥ」です。
ただしアニメはあまり見ませんので、これ以外に何を見ているかというと
「銀魂」ぐらいしか思いつかないです。
(と、今調べたら「怪〜ayakashi〜『化猫』、「モノノ怪」最終回もなんですね)

ギャグが偏っているというか
会話が(含:独白)ぶっとんでいるというか
なんというか独特だと思います。
とにかく私はこの方のセリフ回しは大好きです。


最初に見た「銀魂」第28話も脚本横手美智子なんですね。

「銀魂」は第35話からしばらく書いていらっしゃらなかったのに
たちどころに誰が脚本か判ってしまう、そんな横手クオリティ。
ちなみに来週
第47話 「さくらんぼってアレ桜の木になるの?」
も横手作品なので楽しみ!!です。


さて、アニメの話はこのぐらいにして


続きを読む
1

2007/9/20

鳴かぬなら殺してしまおう不如帰  PERSON


とある方のブログで紹介されていた
あなたは戦国武将で言うと誰に似ているか
をやってみました。

結果は
●武力:75点 [よくできました]
●知力:70点 [よくできました]
●魅力:95点 [すばらしい]
●政治力:85点 [すばらしい]
●才能:75点 [よくできました]


で、似ている武将は

あなたは織田信長に似ています。

だそうです。


うん、なんとなく判ってた…。

0

2007/3/20

親の心子知らずとは云いますが  PERSON


「ゲド戦記」を監督した宮崎吾朗氏とは対して年が変わらないのですが、
今日のスポニチでその父親である日本の、或いは世界の宮崎駿監督が
新作発表をするとともに
「こんなことになったのは吾朗が5歳の時、
仕事ばかりで付き合っていなかったからだ。
二度と吾朗みたいな子をつくらないために」
と、語ったそうですが、
この年になって、親からそんな言葉欲しくないです。

心の中だけで思っていて欲しいです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ