2016/1/19

こんにちは!私があの有名な天下を獲る織田信長です!  MOVIE

あるサイトが歴史好きを自称する歴女のみなさんに
アンケートを取ったところ
付き合いたい戦国武将第1位となったのは
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」担当の織田信長
だったそうです。

織田信長と云えば
「天下布武」と尤もらしいスローガンを掲げながら
やっていることは
ところ構わず戦いを仕掛けては「世界征服」を企む
仮面ライダーにおけるショッカー首領のような人物。

それが証拠に「第六天魔王」という御大層な綽名で呼ばれ
弟殺しを始め、
比叡山焼き討ちの際には
僧俗・児童・智者・上人の別を問わずことごとく首を刎ね、
長島攻めでは
男女二万人を取り籠んで四方より火をかけて焼殺、
嘘かまことか
姉川の戦いで敗れた浅井久政・長政及び朝倉義景の髑髏に
漆を塗ったものを盃として馬廻衆との宴に披露し、
謀反を起こした荒木村重の一族郎党の婦女子122人を
磔、鉄砲、槍・長刀などで処刑、
極悪非道悪行三昧のエピソードは数えきれません。

それなのに500年の時が流れた現在においてもなお
日本国民に深く愛される織田信長。

「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり。」
などと歌い踊った22年後、
47歳(と11か月28日)で亡くなるあたりも
後世の人々にとってギュッと心を鷲掴む何かがあるのでしょう。

そのため、織田信長は
同じく戦国の世を生きた豊臣秀吉、徳川家康とともに
数多くの小説、漫画、ドラマ、ゲームに
ひっぱりだことなっています。

愛されすぎて時には女性として描かれてしまうのも
織田信長が国民的アイドルである所以です。

クリックすると元のサイズで表示します
この女子衆は全員織田信長です。

そんな織田信長が、
実は平成の世からタイムスリップしてきた
普通の男子高校生だったら?
という人気漫画を実写映画化したのが、
本日の映画「信長協奏曲」

クリックすると元のサイズで表示します
「ノブナガコンチェルト」と読みます。

です。

そういう荒唐無稽な設定の漫画を
わざわざ生の俳優を使って実写映画化しているわけですから
史実問答無用
時代考証問答無用
時代背景問答無用
そして、人物の年齢問答無用であろうと、
いちいちツッコミを入れては野暮と云うものです。

ですから、戦雲吹き荒れる乱世に
巨大ウェディングケーキや
大粒の真珠がついた結婚指輪が出てきても
ノープロブレム!

そこは割り切って見ましょう。

そもそも本作は


続きを読む
0

2016/1/18

三人固まったと言ったってクズ三人じゃねえか 状況は対して変わってねえんだよ 甘ったれが!  MOVIE

TSUTSYAやGEOといったレンタルDVD店では
ケースの陳列の仕方はだいたい以下の2つに分けられます。

1つは、パッケージの表を見せて陳列する「面陳列」、
もう1つは、パッケージの背を見せて並べる「棚差し」
です。

新作コーナーでは大作と呼ばれる作品や
タイトルだけでも目にしたことのあるようなヒット作品が、
旧作コーナーでも
大量に入荷したやはり売れ筋のDVDが
普通、面陳列されるものですが、
他にも「店員のオススメ商品」らしき作品が
面陳列されていることがあります。

本日の映画は「店員のオススメ商品」なのか
それとも「店員のオシツケ商品」なのか
判断がつかないまま面陳列されているのが目に入って
うっかりレジに持っていってしまった

「ダブリン上等!」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

監督のジョン・クローリーは当時新進気鋭の舞台監督で
映画はこれが2本目(しかも1本目は劇中映画)
脚本のマーク・オロウも舞台の劇作家で
本作が初めての映画の仕事となります。

このお2人が「クライング・ゲーム」
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 」などを手掛けた
ニール・ジョーダン監督(この作品では製作)に
見出されて撮ったのが本作。

ということでIFTAアワード(アイルランドアカデミー賞」
をはじめとした映画賞をいくつか受賞しています。

ただ、どういうわけかこういう映画に限って
感想を書くのが難しく
一行も感想らしい感想が出てこなかったりします。

一言で云うと、
脚本家の故郷である
アイルランド島東部の都市ダブリンを舞台にした
青春群像劇です。

ですので
続きを読む
1

2016/1/11

男と女の不一致な真実  MOVIE

本日の映画は
NYで暮らすひと組のカップルの心のうちを
男の視点、女の視点、それぞれ2作品で映し出した

「ラブストーリーズ コナーの涙」
「ラブストーリーズ エリナーの愛情」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


原題は
「THE DISAPPEARANCE OF ELEANOR RIGBY」
(エリナー・リグビーの失踪)
と云い、これにそれぞれ副題
「HIM」「HER」「THEM」がついて
3部作映画となっております。

ただし、今回DVDリリースされたのは
「HIM(コナーの涙)」
「HER(エリナーの愛情)」
の2本だけです。

「THEM」は「HIM」「HER」を再編集して
1本にまとめた映画だそうなので
上の2本を抑えておけば大丈夫とは思いますが、
そちらも気になりますね。

さて、原題の「エリナー・リグビー」というのは
ヒロインの名前でして
本編の中でもちらっと語られていますが、
ビートルズの楽曲「エリナー・リグビー」からきています。

クリックすると元のサイズで表示します
エリナーのフルネームを知った大学教授の反応がこれです。

と云っても全くぴんと来ませんでした。

でも、それは私は
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の元ネタが
ビートルズの「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」と
云われるまで知らなかったくらい
洋楽には疎いからであって曲自体は超有名。

youtubeで検索してみたところ
タイトルは知らないけれども何度も聞いたことのある曲でした
「エリナー・リグビー」。


超有名な歌じゃん!!

エリナーに名前の由来を聞いた
美術史教授のリリアン・フリードマンは
「ビートルズを嫌いになりそう」
と感想を述べますが、
今回初めてまじまじと歌詞を見て納得。

wikipediaでの解説なんてこうですよ。
「エリナー・リグビーという身寄りのない老女と、
誰からも相手にされないマッケンジー神父
という架空の人物を悲劇的に書いた物語的な曲。」

…周りもよく止めませんでしたね。

ちょっとした裏話を披露し本題から逸れてしまいましたが、
この手の映画の大きな問題は、
上映時間がきっちり定められている劇場での鑑賞ならともかく
寸分違わないDVD2枚を前にした場合
どちらを先に見るかどこに正解があるか
ということです。

こういう時はとりあえずGoogleへ。
タイトルを途中まで入力したところ案の定
サジェストで「ラブストーリーズ 順番」が出てきたので
それを拝見すると
「女性は『エリナーの愛情』、
男性は『コナーの涙』から見るのが良い」
と書いてありました。

その助言に従い
まずは「エリナーの愛情」から再生してみることに…。


続きを読む
1

2016/1/11

今年もよろしくお願いいたします。  MOVIE

突然ですが、
年末に自分の記事の「年間ベスト」を出すのが
流行っているようなので
年間ベストワーストを出さない代わりにそちらを真似てみました。
(レビューも書かずに何やってるんでしょう…)

といっても、こんな細々としたブログに大した需要はなく
さらにはAutopageという無料ブログの
アクセス解析は過去2か月分しか見ることができないので
うすぼんやりとした記憶を辿って集計してみたところ
ここの「年間ベスト」(順不同)は以下の通りとなりました。

1:映画レビュー「アメリカン・ハッスル」
(理由:「シークに娶られて」で検索をかけてきた人はだいたいここに辿り着くようです。
ブログ記事自体は全然関係のない記事なので検索で来られた方々には申し訳なさで胸がいっぱいになります。)

2:映画レビュー「ドバットマン」
(過去4年毎月の暫定1位がこの記事でしたが、2015年後半「アメリカン・ハッスル」に取って代わられました。)

3:映画レビュー「桜姫」
(考えられる理由:他にレビューを書いているブログがないんじゃないかと思います。)

4:映画レビュー「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
(途中まで書いてそれっきりになっているレビュー。読んでくださった方に申し訳ないです。)

5:映画レビュー「ただの友達?」
(3本の短編映画が収録されているDVDのレビューですが、主に表題作だけの紹介・感想になっています。)

6:映画レビュー「クライングフリーマン」
(理由:小池一夫先生のお蔭だと思っております。)

7:映画レビュー「ウェディング・キャンペーン」
(理由は判りません。)

8:映画レビュー「あぶない刑事」「まだまだあぶない刑事」
(2016年に新作を控えているからでしょうか?新作製作発表当時は「あぶない刑事」が年末に近づくにつれて「まだまだあぶない刑事」の記事が一気に読まれるようになりました。)

9:映画レビュー「脳男」
(ロケ地:地元富山をプッシュしております。)

10:映画レビュー「LAマザーファッカー」
(理由:見ている人も映画レビュー自体が少ないから?)


結果は改めて確認するまでもなく「ニッチ」。
悲しいまでに「ニッチ」。
他にレビューされているブログがない(少ないから)
ここに辿り着いた感ありありです。

そんなぽんこつ記事を読んでくださってありがとうございます。

年始なのでちょっとした欲(と云う名の豊富)を上げれば
「コメントを」とまではとても云えませんが、
「拍手」ボタンをクリックしていただければ
今後の励みになりますので、もしよろしかったらお願いいたします。


1

2016/1/10

ギリシャ危機  MOVIE

突然ですが、
キルスティン・ダンストという女優さんがいます。

私が彼女を始めてスクリーンで見たのは
他の方もたぶんそうだと思いますが、
世界的ベストセラーとなったアン・ライスの小説
「夜明けのヴァンパイア」を実写映画化した
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」です。

トム・クルーズ、
ブラッド・ピット、
クリスチャン・スレーター、
アントニオ・バンデラスと云った
当時最先端の人気俳優がキャスティングされるなか
ヒロイン(?)役を射止めたのが
当時12歳のキルスティン・ダンストでした。

ロング・ヘアがまったく似合っていない
ブラッド・ピットもなかなかの見物でしたが、
やはり「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」と云えば
あの変身シーン。

ヴァンパイアカップル
レスタト(トム・クルーズ)とルイ(ブラッド・ピット)に
拾われた浮浪児クローディア(キルスティン・ダンスト)が
心ならずしてヴァンパイアとなる場面です。

クリックすると元のサイズで表示します
最初はぼさぼさのストレートだった金髪が…。

クリックすると元のサイズで表示します
みるみるうちにくるくるパーマに…。何もここまでくるくるしなくても。

その様子を傍観していたルイが思わず腰を抜かすところを含め
屈指の名シーンとなっております。

しかし、強烈な印象は残したもの
このくるくるパーマが仇となり、美少女と云うには
「悪いけど普通(←友人が私の姪の写真を見て放った一言)」
にしか見えなかった子役時代のキルスティン・ダンストは
あっさり記憶の彼方へと押しやられることとなりました。
(ごめんなさい。これは嘘です。
その後も毎年映画出演し順調にキャリアを積んでおります。)

それから少しだけ時が流れ
キルスティン・ダンストが再び注目を集めたのは
2002年公開された
「スパイダーマン(サム・ライミー版)」でした。

その映画で見事
メインヒロイン役を射止めたキルスティン・ダンスト。

ところが、
主人公のピーター・パーカー(トビー・マグワイア)の
長年の思い人でありながら、ピーターの友人である
ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)とつきあい
その一方でスパイダーマンにも心動いている
モテにモテるモテ女という
ヒロイン、メリー・ジェーンへの世間の評価はどう云う訳か
「スパイダーマンのヒロインって不細工じゃない?」と云う
いささか手厳しいものだったのです。

これは演じたキルスティン・ダンストのせいではありませんが、
この印象は後々まで蔓延り、日本では
「キルスティン・ダンストはブサイク」が
なんとなく定着してしまいました。





前置きが長くなりました。

本日の映画はそのキルスティン・ダンストが
再び2人の男を虜にする美女役に挑んだ
「ギリシャに消えた嘘」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

と云ってもキルスティン・ダンストを見たさに
DVDを借りたわけではなく
最近マイミクの1人が
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」経由で
「オスカー・アイザック沼」に嵌りまして
この映画を大プッシュしていたのを見て
その熱にあてられた結果7泊8日してきました。

ただ、ディスクを再生するまで
続きを読む
0

2015/12/5

狼は生きろ、豚は死ね  MOVIE

先日、紀里谷和明監督の「ラスト・ナイツ」を見にいた折
強烈な印象を残したのは、
復讐を恐れるあまり妄想に囚われ
愛玩していた狆を殺してしまう豆腐メンタルぶりから
本人の方がきゃんきゃん吠えまくる小型犬に見えてしまう
ギザ・モット大臣役の
ノルウェー出身俳優、アクセル・ヘニーでした。

クリックすると元のサイズで表示します
なにこのカッコいいヘアースタイルは!

家に帰ってから即行
フィルモグラフィーを確認したところ
無名の俳優と思いきや
日本未公開を含めてそこそこの数の出演映画があるではないですか。

ソフト化されている作品となりますと
「TSUTAYAだけ」が目につきますが、
この場合人気作しか扱っていないような
近くのTSUTAYAにも入荷されている可能性が高く、
さっそく借りに行ったところ
どういうわけか、1本は「貸し出し中」、
別の作品はブルーレイのみという有様でした。

TSUTAYAの公式サイトを使えば
返却予定日が判りますので
日を改めて再度、TSUTAYAに足を運んだところ
またしても「貸し出し中」。

そうかそうか、他の方々も
「ラスト・ナイツ」で目を付けたに違いありません。

でもなきゃ、このタイミングで
2週続けて貸し出し中なんてありえません。

ところが、マイミクの1人で
「ラスト・ナイツ」を初日に鑑賞した
Bigeast(東方神起ファンのことらしい)の友人によりますと
私には初めて目にする名前だった
アクセル・ヘニーと云う俳優、
韓国芸能ファンの間ではソ・ジソプ似として有名なんだとか。

クリックすると元のサイズで表示します
なるべく似て見える画像を択んだのですが…。

…俳優クラスタ女子のアンテナの広さ
侮るべからず。

クリックすると元のサイズで表示します
あ、こちらの方が似てるかも。

「貸し出し中」の真相は判らないものの
まるまる2週間待たされてようやく借りてきました。

本日の映画は
「ヘッドハンター」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

そのストーリーですが、

続きを読む
1

2015/11/29

公私混同どころの騒ぎじゃない、ひいては国の安全に関わることだ!  MOVIE

ということで今年の年末年始で
一番公開を待ちに待っていた「007 スペクター」です。

余計な前情報が目に入る前に
先行上映で見てきました。

感想といたしましては、ずばり「集大成」。
ご覧になった方なら10人中98人がそう思うはず
と、確信できる勢いで
「集大成」となっております。

ですので、
ダニエル・クレイグ版007シリーズの総まとめとして見ても
シリーズ23作分のオマージュとして見ても
楽しめ、ファンも大満足なのは判ります。

判るのですが、
現時点でここまで回収してしまったら
正直後が辛いわ…。

これを俗に「いい最終回だった」と云うのですね。

シリーズ半世紀において並ならぬ爪痕を残した
サム・メンデス監督、狡いです。

こんなの見せられたら
万が一本作で007シリーズ(特にダニエル・クレイグ版)が
完全終了しても私、何ら困りません。

一応エンドロールにはおなじみの
「JAMES BOND WILL RETURN」
の文章も出てきます。

その次回作をダニエル・クレイグが続投するにしろ

【参考資料:http://eiga.com/news/20151005/5

新ボンドに代わるにしろ
ほんとどうするんですか!?

…一般公開前なのでここではネタバレにつながる
ストーリーの紹介は致しませんが、
本作もまた



続きを読む
0

2015/11/24

シャークと海洋の巨人  MOVIE

DVDレンタルすると、
再生直後、他のDVDの新作案内がはじまり
慌ててスキップしようにも
スクロールバーも早送りボタンも云う事を聞かず
結果成すすべなく強制的に視聴を強いられ
ついイライラしてしまうと云う体験はないでしょうか?

私はあります。それも結構な確率で。

しかし、その一方でまんまと配給会社の策に嵌り
強制的に見させられた新作案内をきっかけに
そのDVDを手に取ってしまうという体験もあります。

そういう新作案内宣伝に長けていると云えば
「アルバトロス・フィルム」です。

先日、DVDを借りてきた
殺し屋チャーリーと6人の悪党たち」も
アルバトロス・フィルム配給映画の1つ。

2001年に公開された仏映画「アメリ」で
一気に名前が知られるようになった
アルバトロス・フィルムですが、
得意とするのは「アルマゲドン2007」から
現在「アルマゲドン2015」へと続く
「アルマゲドン」シリーズに代表される
C級パロディ映画の配給です。

クリックすると元のサイズで表示します
パロディ群。2013にマシュー・モディーンが出演していることに吃驚。

これだけ続けば実際DVDを見たという人が殆どいなくても
まとめサイトのネタにはなるのです。

当に継続は力なり。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが皆さんご存知の元ネタです。

このように他の会社が歯牙にも掛けないような映画を
買い付けてきては人目を引くラッピング
(=大仰な宣伝文句、奇抜な邦題、シリーズ化としてパッケージ)
を施し、儲けはともかく話題にだけはしてしまう商法こそが
アルバトロス・フィルムの真髄です。

そんなキャッチーなパロディタイトルで
レンタルDVD界に席巻するアルバトロス・フィルムが
今、力を入れているシリーズが
テレビ東京「マツコ&有吉の怒り新党」の
人気コーナー「新・3大○○調査会」でも紹介された
「サメ映画」。

なかでも超巨大サメとの戦いを描いた
「メガ・シャークVS」シリーズの人気は高く
これまで4作リリースされています。

人気バラエティー番組での後押しもあってか
その勢いたるやとどまるを知らず
その最新作が
DVD「殺し屋チャーリーと6人の悪党たち」でも
本編前の新作案内に流れました。
それも先頭を切って。

それだけ力の入った「主力商品」ということなのでしょう。

ということで
前置きが大変長くなりましたが、その映画

「メガ・シャークVSグレート・タイタン」

クリックすると元のサイズで表示します

が本日の映画となります。

製作は、 これまた
モックバスターと呼ばれるメジャー映画の模倣作、
奇想天外な巨大モンスターのディザスター映画で知られる
米映画会社「アサイラム」ですから、品質に間違いはありません。

まずはその予告編をご覧いただきましょう。



もうこれでも良かったんじゃない?某マンガの実写映画化。






…仰りたいことはお察しいたします。

お察しいたしますが、みなまで云うな。


今回のメガ・シャークは
続きを読む
0

2015/11/24

全員悪人  MOVIE

本日の映画は
「殺し屋チャーリーと6人の悪党」

クリックすると元のサイズで表示します
イメージビジュアルからしてコメディであることを強く主張。

と云う映画です。

主演は今や頭の上に
「『ミッション:インポッシブル』の」が
つくようになったサイモン・ペッグです。
今年
SCREEN×イマジカBS英国男優総選挙
で第3位に上り詰めたサイモン・ペッグです。

クリックすると元のサイズで表示します
第3位です。数ある英国男優のTOP3です。

そのサイモン・ペッグはタイトルを飾る
「殺し屋チャーリーと6人の悪党」は
日本では東京の映画館「新宿シネマカリテ」が
4週間に渡って開催した独自の映画祭
「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2015」
で新旧併せて50近く上映された作品の1作なんだとか。

πが大きい分、公開される作品も
玉石混淆の可能性が高くなると云うもので
DVDをレンタルしてから知ったのですが、
配給元が
「殺し屋チャーリーと6人の悪党」上映委員会
となっているのを目にして
急に不安になって来ました、私。

配給元ですよ、配給元です。
それが上映委員会?
こんなの始めて見ました。

ということで改めて出演者の名前に目を通すと
サイモン・ペッグ以外は
パッと顔が思い浮かばない人ばかり。

いえ、お一人、DVDパッケージを二度見するほど
目を引く名前があることにはあるのですが…。
 
 
続きを読む
0

2015/11/20

施して報を願わず、受けて恩を忘れず  MOVIE

本日の映画は
10月に首都アンカラ中心部での自爆テロ仁続き
日本でも渋谷区のトルコ大使館周辺で乱闘が発生し、
11月にはロシア軍の爆撃機を領空侵犯と見做し
トルコ軍が撃墜と
このところ何かと話題に事欠かない
トルコ共和国との合作映画

「海難1890」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

試写会にて一般公開に先駆けて見てきました。

それ以降も12月1日には
イスタンブールの地下鉄の駅近くで
またもや爆発事件があったりと
トルコ的にこのタイミングでの劇場公開、
興行収入に影響しなければよいのですが、
他人事ながら心配です。

なにしろ日本とトルコの友好125周年を記念して
合作されただけあって
我が国の安倍晋三内閣総理大臣がイスタンブールに赴いた際
わざわざトルコ共和国の
レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と並んで
仲良く鑑賞したくらい気合が入っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
安倍首相曰く「両国の絆を、それぞれの国民に語り継ぐための素晴らしい映画だ」。

トルコへの手前、日本でポシャるわけにはいきません。

本作で取りあげられているのは
別の時代、別の国で起こった2つの史実です。

1つは1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件、
もう1つはその95年後の1985年に起こった
イラン・イラク戦争テヘラン在留邦人救出事件。

映画はこの2つの出来事を繋げることで
海を越え、時代を越えた絆と真心をつむぐ
感動巨編に仕上げております。

つまりは、どちらか1つの史実だけでは成立しない
2つで一対の奇跡の物語です。
ワンセットでないと意味がありません。

と、エラそうなことをドヤ顔で書いていますが、
私、エルトゥールル号遭難事件のことも
1985年のトルコ政府による在留邦人救出事件も
「もやしもん」の作者である石川雅之が
今年の春、ネット上に発表した
「Teşekkür ederim」

クリックすると元のサイズで表示します
この作品でも在留邦人脱出に95年前の事件が関わっていることを示唆しています。

という漫画を読むまで全く知りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
当時の新聞にもでかでかと出ていたのに…。

特に1985年のニュースを覚えていないということは
日本人として誠に恥ずべき失態です。

なお、私のような世間知らずのため
この2つの史実とその結びつきについては
試写会入場前に配布された
小冊子「〜マンガで読む海難1890〜」

クリックすると元のサイズで表示します
たぶん、映画館のロビーにも設置されていると思います。

にも詳しくかつ判りやすく描いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでも2つの史実の因縁をしっかり強調。

こちらの小冊子はこれから見る映画の全容を
たった4Pのカラーマンガで紹介しているという優れものでして
正直これさえ入手できれば特に映画を見る必要がありません。




…大丈夫ですか、こんなの配っちゃって?




………まあ、気を取り直して
まずは発端となったエルトゥールル号遭難事件を
掻い摘んで説明いたしますと、


続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ