2007/2/10

映画「不都合な真実」  MOVIE


今年に入っても暖かい日が続いています。
富山県内にまとまった雪が降らない状態が続く中、
富山市の一月の一カ月間の降雪量がわずか五センチだったそうです。
周りの方も口を開けばこの異常気象に不安を訴えています。

ところで、今東京、大阪で上映されている
「不都合な真実」という映画があります。
全国順次上映も決まっており
我が富山県では4月7日からファボーレ東宝で
上映されることになっています。

でも、とても4月まで待てなかったので昨日、大阪で見てきました。

2月3日にアル・ゴア元副大統領が出演した日テレ「世界一受けたい授業」
を見損なったため、どうしても見ておきたかったんです、この映画。

観客の9割が私より年上の方。
なかにはカップルでいらっしゃった20代くらいの方もいて
デートにこの映画を択んだセンスがかっこよく見えました。

映画は、アル・ゴア氏が全米各地で開いているスライド講座の様子を
ゴア氏の過去を交えながら映像化しただけのものです。
スライドの内容は、同名の書籍にまるまる載っています。

この映画の感想は問題が問題だけに
まだ上手くまとまっていません。

とりあえず、映画の中で語られている
「私にできる10の事」を、ここの書き写しておきます。
これを読んでくれた方のためというより
自分のためにです。

@省エネルギー型の電気製品や電球に交換しましょう。
A停車中は、エンジンを切り、エコ・ドライブしましょう。
Bリサイクル製品を積極的に、利用しましょう。
Cタイヤの空気圧をチェックしましょう。車の燃費基準を上げれば、無駄なエネルギーを削減することができます。
Dこまめに蛇口をしめましょう。水道の送水に使用されるエネルギーを削減する事が出来ます。
E過剰包装、レジ袋を断りましょう。買い物は、リサイクル・エコ・バッグを使いましょう。
Fエアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギー削減をしましょう。
Gたくさんの木を植えましょう。1本の木は、その育成中に1トン以上の二酸化炭素を吸収することが出来ます。
H環境危惧についてもっと学びましょう。そして、学んだ知識を行動に移しましょう。子ども達は「地球を壊さないで」と両親に言いましょう。
I映画「不都合な真実」を見て、地球の危機について知り、友に勧めましょう。

Iは気になさらないでください。
見たと思う方が見れば好いことですから。

ちなみにこの映画はエコ・サンデー・キャンペーンとして
特定の日曜日は500円でみることができる映画館があります。
私が見たナビオTOHOプレックスは、
2月11日がそれに当たりますが、既に前売り券は完売だそうです。

同じようなドキュメンタリー映画「ダーウィンの悪夢」も
併せて見てみたかったのですが
こちらは、どうもDVD待ちになりそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ