2006/10/25

今週の「さよなら絶望先生」  


「週刊 少年マガジン」今週号の
「さよなら絶望先生」、まじやばくないですか?

テーマは「原型をとどめていない」。
このテーマでメインのネタが同雑誌掲載中のあれ
よく掲載できましたね。

そういえば、前回
「タイトルを返上して内容に添ったタイトルをつけ直してはどうでしょう」
というテーマで
絶望先生が飛び込んだレンタルビデオ屋の棚に
またチョウ・シンチーの「喜劇王」のパッケージが。
久米田先生は今日本でいちばん周星馳をプッシュしている漫画家ですね。
確かにあの映画はタイトルに偽りありかも…。
同じく「まぼろしの湖 → 泡姫、宇宙へ」とありましたが、
「まぼろしの湖」ではなく正式タイトルは「幻の湖」。
さらに「宇宙へ」行ったのは泡姫ではなく笛吹き男のほう。
それこそ「タイトル返上」ですよ、久米田先生!
たぶん、コミックスでは描き直されているのでは?


「さよなら絶望先生」占いがあったのでやってみました。




あゆかさんは糸色望 です♪

● 糸色望タイプのあなたは、浮ついた考え方を嫌う堅実な人。どちらかと言えば地味なほうですが、着実かつ慎重に物事を進め、自分の目標をしっかりと手に入れるタイプです。勉強や仕事にもきちんと取り組むので、周囲の評価も上々です。とても真面目で控えめな人なので、恋愛面では割と古風な考え方をするでしょう。恋愛そのものを楽しむよりは、その先にある結婚を念頭においたおつきあいをしていきそうです。そんなところが、あなたにちょっぴり近寄りがたい雰囲気を植え付けているかもしれません。だからと言ってお手軽な恋愛に走るくらいなら、仕事や趣味に没頭したほうがベター。自分磨きの期間があなたにさらなる輝きを与え、より大きな幸福へと導いてくれるはずです。

おお!

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ