2006/5/15

大阪  MUTTER


青春ドリーム号という2階建てバスに揺られること7時間半。
大阪に到着しました。

大阪での目的、うめだスタンダードは午後7時開演ですので
時間は腐るほどあります。

とりあえず、うめだ花月から阪急高速バス乗り場までの時間を計り
午後9時40分の高速バスに間に合うことを確認。
そのあと、お初天神通りをぐるっと回って参拝。
それでも時間があるので
かねてより気にかかっていた大阪の映画館ホクテンザで
映画「ロンゲスト・ヤード」を観てきました。
映画館のやるせない外観も
周辺のやや寂れた環境も
腰のあたりに別クッションが付いている親切設計シートも
映画の途中何度も出入りするつかみ所のない客層も
あいそのないもぎりのおばさんも
パンフレットすら売っていないカウンターも
ドアだけが何故か自動というトイレも
全部ひっくるめて
好きです、ホクテンザ。
こういう映画館、好きです。愛してやまないです。

そして、映画も面白かったです。
まあ、ありきたりなスポーツ映画ですが、
主演がアダム・サンドラーなので観ます。
ラブストーリーでもなくコメディー映画でもない
アダム・サンドラーの映画はこれが始めてかも。
時々見せる笑顔に癒されました。

ホクテンザを後にして、そのまま天神橋商店街に足を踏み込んでみたところ、なにやらこの商店街「日本一」という表示が…。
何が日本一かと云いますと



長さが。

そりゃもう、
歩けども歩けども商店街。
どこまでもはてしなく商店街。
2.5kmあますところなく商店街。
結局、てんしんばし迄歩いて、中野島公園に行ってきました。
ここは、猫とブルーシートで作ったおうちがいっぱいあるところでした。
そして、帰りは来た道を戻って
更に歩いてJR大阪駅へ。

そのあと、ビール1杯引っ掛けてから
うめだ花月でうめだスタンダードを観てきました。

うめだスタンダード(ネタバレ)についてはまた今度ということで。
さしさわりのないところで
客席に富山からの修学旅行生が20人ほど観に来ていて
ネタもんでは何かといじられていました。
富山で修学旅行生というと、ふつう中学生のことですが、
先生が引率しているとはいえ
夜にお笑いを観に来る時代なんですね。
一昔前の富山では考えられないことです。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ