2006/1/20

お笑いバトン  COMEDY


「Laughing life」の衣理絵さんから
バトンが廻ってきました。
ありがとうございます!
今回いただいたのは、「お笑いバトン」です。

では、早速。



☆あなたのお笑い好き暦を教えてください。
世代的には、
MANZAIブーム、お笑い第3世代、ボキャブラ世代、
そして今のお笑いブームを通ってきたのですが、
MANZAIブームには殆ど興味がありませんでした。
大学の時にちょうどCXで「夢が遭えたら」がはじまり、
時同じくして「ヤングタウン木曜日」のパーソナリティを
勤めたダウンタウンに嵌ったのがきっかけです。
あ、でもその前に「オールナイトニッポン土曜第2部」
の圭修が好きだったような。

☆あなたの特に好きな事務所を教えてください。(1個)
事務所って意識したことがないです。
ので、誰がどの事務所かも良く判っていません。

☆あなたの本命コンビを教えてください。(2組までOK)
本命という意識もあまりありません。
いちばん好きなお笑い芸人は、という質問にもいつも悩んでしまいます。
お笑いとして凄いなあ、笑いの神様がついているなあ
と思うのは、ダウンタウンと千原兄弟です。
好きという意味で「本命」を挙げると
ラーメンズ、ザ・プラン9ですが、
ちょっと私の中では、「お笑い」からずれているような気がします。
特に、ザ・プラン9は本公演から知ったので余計にその気持ちが強いです。

☆本命以外に好きなコンビを教えてください。(3組までOK)
上記以外になると、多くの芸人さんやネタを見ているわけではないので
その時々でめまぐるしく変わります

まずは、シティボーイズでしょうか。
彼らも3人のときより、いとうせいこうさんや
中村ゆうじさんが加わった時のほうがおもしろいですし、
そうなったらシティボーイズではありませんし。

佐久間一行さんは好きなんですが、
好きなのはネタではなく、人柄ですし、
永井佑一郎さんは、テンポがいいから好きなのであって
笑いとしてどうかと云われるとこれも違うような…。

コントによって笑えたり笑えなかったりする
昨今の若い芸人さんより
坂井くにお・とおる
海原はるか・かなた
のような昔ながらのベタな漫才のほうが
斑なくコンスタントに笑えます。

…ちょっと理屈っぽく考えてしまいましたね。
好きなお笑いと好きなコンビって微妙に違いますね。

☆ずばり、東京と大阪のお笑い、どっちが好きですか?
これも意識していないです。

☆あなたの一番好きなネタを教えてください。(コンビ名も)
随分前にNHK総合の「お笑いダンクシュート」で見た
千原兄弟の、
「後からついてくるかわいそうな捨て猫を
拾わなかったために頭がおかしくなってしまう男」のネタが
好きです。
笑える状況ではないのに、敢えてそれを笑いにするという
性格の悪いネタが好きです。

☆まわす人(5人)
お笑いが好きな方ということで
sayuさん、ぬえさん、欺羽さん、はるさん、凪さん
後をよろしくお願いします。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ