2016/6/15

負い目や義理だけで拳闘をやってるわけじゃない。拳闘がすきなんだ。  MOVIE

本日の映画は
「サウスポー」

クリックすると元のサイズで表示します

の公式サイトの感想です。
映画そのものより公式サイトにちょっと物申したくなりました。

映画の方は本日レディースデーに見てきました。

シネコンでの公開であったため
もう少し上映期間があるかと思っていたのですが、
地元では2週間のみの上映だったため慌てて見に行きました。

で、シネコンに向かう前
ちらっと公式サイトを覗いてみたところ
6月20日まで実施中の
日本全国号泣が止まらない!!
感動コメントキャンペーン

というコンテンツがまず目に入り
このうっとしいまでの感動の押し売りにげんなりする羽目に。


これはひどい。

これを見て、
「面白そう!今すぐにでも映画館に行かなくては!」
と、思いますか?

上映時間が刻々と近づいているのに
土壇場で本作のチケットを購入するか
今から「ズートピア」に変更するか
本気で悩みましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
梅雨時の公開だからってこれもないわ。

公式サイトでは映画サイトお馴染みの
有名人からのコメント」もわんさか紹介されていて
なかにはこんな人たちからもコメントされております。

クリックすると元のサイズで表示します
石膏ボーイズをご存じない方はこちらの公式サイトをご覧ください。

何故でしょう。
映画を見終わった後このサイトを見返すと
何もかもが腹立たしくなってしまうのは。

サイトはコンテンツも充実しており
ちょっとないほど濃密に作りこまれているのです。

なのに、ドン引きされる何かがそこにあるのです。

予告編以外にも8本も用意されている特別映像も
よくできています。

でも、中にはイラッとなるような特典映像が…


4分近く実況映像が流れます。

実況の徳光和夫さんが悪いわけではないことは
判っているのです。
でも、判っていても腹立たしいのです。

なんでそうまでして感動を押し付けようとするのでしょうか?

感動する映画が見たい
泣ける映画が見たい
という気持ちで映画を見ることは大切とは思います。

でも、なんかこれは違うような…。

結果、



続きを読む
0

2016/6/10

あ、今こいつクズだなって思いました?クズです。ゴミです。  MOVIE

6月は環境月間です。
というわけで本日の映画は
ゴミ処理問題の過酷な現状をえがいたドキュメンタリー映画
「TRASHED−ゴミ地球の代償−」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

主演は、ライバル会社MARVELのMCUに対抗し始まった
DCエクステンディッド・ユニバース第2弾
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で
アルフレッド・ペニーワース役に抜擢された
ジェレミー・アイアンズ。

と云っても私の世代では
「戦慄の絆」のジェレミー・アイアンズですけどね。

そのジェレミー・アイアンズが、
世界中に自ら足を運びその過酷な汚染の現場を取材している
イギリスのドキュメンタリー映画ということで
興味半分で借りてきたところ
オープニングクレジットの映像からして
それはもう「さわるな危険」
と云った感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
ジェレミー・アイアンズは製作総指揮も兼ねています。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ