2016/5/31

1000年前の地球をお見せしよう。  MOVIE

本日の映画は
「バトルフィールド」

クリックすると元のサイズで表示します
実際に見てみるまでダークファンタジーかと思っていた。

です。

監督はジム・ウィードン、
出演、スタンリー・ウェバー(「ボルジア 欲望の系譜」)、
エド・スクライン(「トランスポーター イグニション」)、
アナベル・ウォーリス(「アナベル 死霊館の人形」)、
デイヴ・レジーノ(「ハリー・ポッターと謎のプリンス」)、
カレル・ローデン(「武器人間」)
の皆々様方。
…って誰?
驚くほど誰一人知りません。

クリックすると元のサイズで表示します
主な出演者のみなさん。

映画の舞台は、
西暦1066年、征服王ウィリアムにより制圧され、
10万人ものサクソン人が虐殺されたイングランド
となっておりますが、
…西洋史、判りません。学校で習っていません。

そんな敷居の高いDVDを何故レンタルしてきたかと云いますと
このDVD、最寄りのGEOで
ブルーレイを含め5枚入荷されているのですが、
その入荷率の高さに応じてか
貸出率もまた半端なく高かったのです。

隣に陳列されている
イーサン・ホーク主演「プリデスティネーション」が
同じくブルーレイを含め5枚入荷され
1枚も貸し出し中になっていなかったと云うのに
ブルーレイを除いてDVDが全て貸し出し中
と云う週末が何度あったことか。

そうなると気になるじゃないですか、どんな作品かと。
どんな面白い作品かと。

ということで個人的には何一つフックのない映画でしたが、
旧作に落ちたところを見計らって借りてきました。


続きを読む
4

2016/5/11

泣いた赤鬼  MOVIE

本日の映画は

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

facebookのMARVELページでの
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
公開記念特別企画≪あなたならどっち派?≫」企画など

クリックすると元のサイズで表示します
公開前からこんな応援企画が目白押しでした。

劇場公開前から、あちらこちらで
やたら「キャプテン・アメリカVSアイアンマン」を
強調する宣伝が打たれ、
「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」から
いずれは
「キャプテン・アメリカVSアイアンマン」
となる日が訪れることはうすうす予感していたとは云え
怒涛の如く押し寄せるネタバレ攻撃と
人知れず戦う毎日を送っておりました。

劇場でうっかり予告編に出くわせば目と耳を塞ぎ
ロビーで無料配布中のフライヤーも手に入れる際には
目に触れないように棚からそっと取り出し
テレビスポットが入れば反射的にテレビを切るなど
細心の注意を払って前情報を遮断してきたものの


mixiしかやっていなくてもこういう映像がマイミク経由で流れてくるのです。

公開日直前までに
「スパイダーマンの参戦」
「ブラックパンサーの参戦」
「それぞれのチームのメンバー名と人数」
と云ういくつかの情報を入手済みであったことに
ネット社会の怖ろしさを感じざるを得ません。


あと「映画『MONSTERZ モンスターズ』勝つのはどっち?」みたいな宣伝映像とか。

一方であまりにも事前情報を入れない様専念していたら
いつの間にか邦題が
「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」から
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に
変わっていて驚かされましたけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
Oh,Jesus!って顔にもなるよね。

そんなこんなで約1年間。

アベンジャーズの内部分裂というか
キャプテン・アメリカとアイアンマンの決裂の予感に
戦々恐々とする日々を過ごし
いよいよ公開初日の4月29日(祝)、
その精神的プレッシャーからかお腹を下し
這う這うの体でシネコンに向かった次第でしたが、
心配していたほど悲惨なことになってはおらず
見終わった後は案外すっきりいたしました。

バディものでの定番
「意見の相違からの殴り合い→お互い倒れるまで戦う→
引き分け→顔を見合わせる→思わず笑みが→
そして芽生える友情」の
「引き分け」あたりで終わっていますが、まあ大丈夫でしょう。

とはいうものの内容が内容だけに
公開初日からすでに1ヶ月近く経った今も
映画に対する考えが一向にまとまらず
なかなかレビューを書く気になれませんでした。

今回はヒドラとか自分の会社の重役とか
ライバル会社の刺客とか
過去に因縁を持つマッドサイエンティストとか
地球制服を狙うどこぞの王子崩れ
と云った判りやすい悪と戦うわけではないので
見ているこちらの「正義」も問いただされることになります。

とにかくずっとこの映画のことを考えていたい。
「ああだ、こうだ、ああでもない、こうでもない」
と、捏ねくりまわしてうだうだ考え続けるのがなんか楽しい。

という状態で早1ヶ月。

そういう嵌り方をしているのは何も私だけはないようで
未だにTwitter等のSNSでは
思いつくままに考察を書き綴っているファンの方の
多いこと多いこと。

視点を変えるたびに新たな解釈ができ
それをだらだらといつまでも続けていたいのですが、
いい加減文章にまとめておきたい気持ちもあり
その思いだけを書きなぐったのが
「続きを読む」以降の文章となります。

それゆえ、今回の記事では
ストーリーの紹介をざっくり省略しております。

映画をご覧になった方にしか判らない
(いえ、文章の不味さでご覧になった方も理解しづらい)
文章になってしまったこと、お許しください。

 

続きを読む
0

2016/5/6

霊的好奇心は犬をも殺す  MOVIE

本日の映画は

「アパリション −悪霊−」

クリックすると元のサイズで表示します


です。

ホラーと推測できる以外は今一つ特徴のないタイトルですが、
出演者は何気に凄い作品でして

主役のケリー役は
「トワイライト」シリーズのアシュリー・グリーン、

クリックすると元のサイズで表示します
「トワイライトサーガ」って全5作もあるけど1作も見てないわ。

ケリーの恋人、ベン役は
「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン、

クリックすると元のサイズで表示します
このヘアースタイル凄くかわいい。

ベンの友人、パトリック
「ハリー・ポッター」シリーズのトム・フェルトン

クリックすると元のサイズで表示します
「ハリー・ポッター」も「賢者の石」しか見てないわ。

となっております。

というかほぼこの3人だけでストーリーを回しております。

ここのところTwitterを中心に増殖している
自称「洋画沼」に嵌っている女性をはじめ
日本でも人気上昇中のセバスチャン・スタンと
不動の人気を誇るトム・フェルトンの共演作ですから
「旧作DVD・BR 7泊8日レンタル86円」で
借りてこないわけにはいきません。

たとえ、それがキャスト以外(?)良いところのがない
ホラー映画だったとしても…。






続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ