2016/4/3

この度は、誠にご愁傷様です。  MOVIE

本日の映画は
アダム・サンドラー主演の
「素敵な人生の終り方」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

アダム・サンドラーと云えば
「最も稼いだハリウッド俳優」ランキングで
これまでに何度となくベスト10入りを果たしている
ハリウッドスターですが、
どういうわけか、我が日本では
ラジー賞常連のイメージがついてしまい
人気はいまひとつ。

主演映画もDVDスルーされることも多く
運よく一般劇場公開されたとしても
地方のシネコンやミニシアター迄廻って来ることは
ほとんどありません。

さらには、wikipediaで
アダム・サンドラーの主演作の記事をチェックしてみますと
ほんの数行のあらすじに出演者リストぐらいしか紹介されておらず
どれもこれも似たりよったりで変わり映えがなく
スカスカな印象を受けます。

私としてはそれでも地元で劇場公開されれば足を運び
DVDも旧作に落ちる前にはレンタルする程度に
見てきたつもりです。

ですが、そんななか今一つ手が伸びなかったのは
本作「素敵な人生の終り方」です。

だって、なんか邦題からして
湿っぽくなりそうじゃないですか。
(原題は「Funny People(けったいな人々)」)

この作品でアダム・サンドラーが演じるのは
不治の病を宣告されたコメディアンです。

ジャンルとしては「お涙頂戴 難病映画」です。

クリックすると元のサイズで表示します
イメージ画像(これは個人の感想で感じ方には個人差があります)

それだけしか入ってこなかった前情報だけで
見る気が遠のく私もどうかと思いますが、
配給会社もその点を危ぶんだのか、
安定の劇場未公開でDVDスルーです。

しかし、まあ何事も実際に自分の目で見てみなければ判りません。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ