2016/4/23

もっと楽しいことしよ?  MOVIE

本日の映画は
WOWOW「映画工房」の王子ナカイこと中井圭さんが
昨年の秋にご自身のツイッターにおいて
「『ピエロがお前を嘲笑う』(9/12公開)は、
物事の核心に触れる情報が流通する前に
観ちゃうことをオススメします。
何も入れずにどうぞ。」

と、紹介されておられた
「ピエロがお前を嘲笑う」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

最初「映画工房」で見たときには
「『王子ナカイ』?王子?え?胡散臭っ。」
などと思っていたのですが、
この方のtwitterを読むにつれ
全面的な信頼をおくようになり
中井さんのおススメであれば間違いなかろうと
何の情報も入れず準新作になったところで
DVDを借りてきました。

有難いことにTSUTAYAにて
先行レンタルが開始されてから3ヶ月ほど経っていますが、
いまのところ
「物事の核心に触れる情報」はさほど流通されておりません。

女性を中心に人気が高まりつつある
イギリス映画や北欧映画と比べ
いまひとつ出遅れた感のあるドイツ映画だからか、
キャッチーな邦題や挑発的な宣伝文句の割には
よほどの映画通でないとご覧になっていないようです。
(第2次世界大戦関連の映画が多いのも
ドイツ映画が日本で大ヒットにつながらない理由の1つかしら?)

主演は、トム・シリング。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとジェームズ・マカヴォイに似ていますね。


続きを読む
0

2016/4/23

One more time, One more chance.  MOVIE

本日の映画は「ライフ・アフター・ベス」

クリックすると元のサイズで表示します
この手のピンクを背景に使うとライトホラーっぽい。

です。

主演は
「レオナルド・ディカプリオの再来」
と私が勝手に呼んでいる
デイン・デハーン。
(レオナルド・ディカプリオはまだ存命です。)

日本だったら
「平成のレオナルド・ディカプリオ」。

共演は
「ピッチ・パーフェクト」のアナ・ケンドリック
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の
ジョン・C・ライリー。

年に何本映画を見たかをチェックしているような
ある程度の割合で洋画を嗜んでいる人には
知られた名前でも
日本国内映画興行収入ランキングに貢献する一般観客には
余り馴染みのないキャスティングのせいか
DVDレンタルは「TSUTAYAだけ」となりました。

しかもジャンルは、日本でも愛好家は多く
レンタルDVDだけなら
毎月新作がリリースされる人気ジャンルでありながら
ヒットしにくい「オブ・ザ・デッド」ものです。

クリックすると元のサイズで表示します
ジャケットがピンクですから女性でも安心して見れます。その分通にはイマイチかも。



ストーリーは




続きを読む
1

2016/4/21

ご利用は計画的に  MOVIE

本日の映画は
久しぶりの韓国映画
「プランマン 〜恋のアラームが止まらない!」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

主演はチョン・ジェヨンです。

韓流ブームも10年も経てば
定着してしまったと云うか
粗製乱造が目立つようになったと云うか
海外ドラマに追いやられてしまったと云うか
それゆえ影を潜めてしまったと云うか
レンタルDVD店内でも
存在が目立たたなくなってきているようです。

私もそう数見ているわけではありません。
特に昨今、韓国映画が占める割合が低くなっております。
(その1つの理由としては
無料動画配信「Gyao」で日本映画や
他の洋画と比べ公開後時を待たず配信されることが多く
何度も繰り返し配信されることも多いため。)

ただし、チョン・ジェヨン出演映画は割と別格で
チョン・ジェヨンの名前があれば
DVDに手が伸びてしまいます。

このタイトル(邦題)で
このイメージビジュアルで

クリックすると元のサイズで表示します
韓国版イメージビジュアルもなんかいろいろひどい。

これで日本映画であれば
まず見向きもしなかった映画ですが、
チョン・ジェヨン主演となれば話は別です。

DVDレンタルするに当たって
来店前にTSUTAYAの店舗別在庫検索したところ
最寄りの店では取扱いがないことが判り
諦めていたところ
常に韓国DVD50円レンタルキャンペーンを実施中の
GEOであっさり見つかったので借りてきました。

あるところにはあるんですね。

 





続きを読む
0

2016/4/3

この度は、誠にご愁傷様です。  MOVIE

本日の映画は
アダム・サンドラー主演の
「素敵な人生の終り方」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

アダム・サンドラーと云えば
「最も稼いだハリウッド俳優」ランキングで
これまでに何度となくベスト10入りを果たしている
ハリウッドスターですが、
どういうわけか、我が日本では
ラジー賞常連のイメージがついてしまい
人気はいまひとつ。

主演映画もDVDスルーされることも多く
運よく一般劇場公開されたとしても
地方のシネコンやミニシアター迄廻って来ることは
ほとんどありません。

さらには、wikipediaで
アダム・サンドラーの主演作の記事をチェックしてみますと
ほんの数行のあらすじに出演者リストぐらいしか紹介されておらず
どれもこれも似たりよったりで変わり映えがなく
スカスカな印象を受けます。

私としてはそれでも地元で劇場公開されれば足を運び
DVDも旧作に落ちる前にはレンタルする程度に
見てきたつもりです。

ですが、そんななか今一つ手が伸びなかったのは
本作「素敵な人生の終り方」です。

だって、なんか邦題からして
湿っぽくなりそうじゃないですか。
(原題は「Funny People(けったいな人々)」)

この作品でアダム・サンドラーが演じるのは
不治の病を宣告されたコメディアンです。

ジャンルとしては「お涙頂戴 難病映画」です。

クリックすると元のサイズで表示します
イメージ画像(これは個人の感想で感じ方には個人差があります)

それだけしか入ってこなかった前情報だけで
見る気が遠のく私もどうかと思いますが、
配給会社もその点を危ぶんだのか、
安定の劇場未公開でDVDスルーです。

しかし、まあ何事も実際に自分の目で見てみなければ判りません。

続きを読む
0

2016/4/1

嘘でもいいから  MOVIE

本日は、ちょっと映画のレビューから離れ
エイプリルフールの話題を
思い出として残しておきたいと思います。

年々、白熱化する
「エイプリルフールに便乗している企業サイト」。

中でも今回目を引いたのが
CS映画専門チャンネル「ムービープラス(M+)」

「CS映画専門チャンネル「ムービープラス(M+)」が、
なんと筋肉専門チャンネル「マッスルプラス(M+)」
に生まれ変わりました。」


クリックすると元のサイズで表示します

です。


もちろん、4月1日限定の一日トップページですので
各コンテンツまで
丁寧に作りこまれているわけではありません。

しかし、「マッスルプラス」には
唯一「本当に」飛ぶことのできるリンク先があり
クリックすると以下のページに移動します。

それが

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ