2016/3/25

見せる生の暴力  MOVIE

本日の映画は
「仁義なき戦い 代理戦争」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

タイトルにもDVDパッケージ表面にも
ナンバーが振っていないため間違えて
第4弾「頂上作戦」の方を先に借りそうになった
「仁義なき戦い」シリーズ第3弾。

毎度おなじみの
東映のOP映像「荒磯の波」の後には
一度見たことのある「これまでのあらすじ」が流れます。

クリックすると元のサイズで表示します
地球温暖化の影響で迫力ある並みが撮れないので最新の「荒磯に波」の波はCGらしい。

ん?でも、この「これまでのあらすじ」
前にもまるまる同じものを見た記憶が…。

あれ?もしかして間違えて
また「広島死闘篇」借りてきちゃった?
と、慌ててイジェクトボタンを押してみたところ
トレイにはちゃんと「代理戦争」のディスクが収まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
「昭和20年敗戦によって戦場から復員した…」って
前作のOPの使いまわしじゃねえか、このやろ?!


まぎらわしいな、もう!
と、改めて本編を見ること100分。

ああ、「広島死闘篇」はなかったことになっているんですね。
むしろこちらの「代理戦争」が
正統な「仁義なき戦い」の続編なんですね。

ということで、仕切りなおして
前作「仁義なき戦い」から
時は流れて昭和35年。
日本は安保闘争、岸内閣打開、浅沼委員長刺殺事件などの
騒然たる世相をみせていたが、
世界各地でもまた新しい抗争の炎が燃え上がっていた。
これらの戦闘にはすべて米ソ両大国の思惑が関わっていたため
世間はいつかこの局地戦を代理戦争と呼び始めた。
そして戦後の混乱期をようやく脱した
日本のやくざ社会においてもそうした傾向が表れ始めたのである

(冒頭ナレーションママ)」
で始まる第3弾。

本作で一気に勢力図が広がり
出てくる組も組員も増えてくるため
レンタルDVDには特典として
このような「抗争関係図」が収録されています。

そのお心づかい大変ありがたいのですが、
残念なことに1度に観れる映像は
「本編」か「特典映像」のどちらかひとつだけ

クリックすると元のサイズで表示します
でも、たいして便利でもないし、できれば配役名も入れてほしかった。

「本編」を再生中にこの「抗争関係図」を
同時に見れるわけではありませんので
あまり役には立ちません。

いつものように、人物相関で混乱をきたさないよう
wikipediaの「仁義なき戦い 代理戦争」の
キャストのページを表示しながらの鑑賞です。

なにしろ前作、前々作で亡くなったキャストを
主要キャスト、脇役問わず全く別の役で使いまわしてくるので
私のような相貌失認には
DVDを見ながら役名も俳優名も顔も
その場にいながらにしてすぐに確認できるようにしておかねば
頭が付いて行かないのです。

ということであらすじを追いながら
見ていきますと、


続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ