2016/3/20

恰好つけにゃぁ、ならんですけん…  MOVIE

名前と顔を知られている映画コメンテーターに
有村昆(通称アリコンさん)
と云う方がいらっしゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します
この方の自慢話を聞くと映画鑑賞もまた金持ちの道楽だな
とつくづく思い知らされます。


去年のことですが、
この方がテレビのバラエティ番組で
「映画って尺が長いだけじゃない。
時間のパッケージで勝負している。
2時間に人生の縮図が入っている。」
と、熱く語っておられたことがありましたが、
え?そうですか?
あらゆるメディアのなかでも
映画に取られる時間で短くないですか?

だって、人生の縮図がたったの2時間ですよ?!
(この時の有村さんの比較対象になっているのは
たぶん、たぶんだけどCM映像のこと。)

しかも、こちらは何にもせずただ
目と耳をスクリーンに向けていればよいだけのです。
読書と違って費やす時間に個人差もありません。

テレビドラマと比べれば圧倒的に短い時間で
コンパクトにそして濃密にストーリーを楽しめることこそが
私が映画に惹かれる理由の一つです。

ですので、はっきり云って
「おいおい、いったいシーズンいくつまで続けるつもりか?」
と、先が全く見えない海外ドラマは全般的に苦手です。
(唯一見たのがBBCの「SHERLOCK」)

人気次第で延々と終わりが来ない
「少年ジャンプ」の長期連載漫画は
どれも最後まで読めた試しがありません。
(長さ的になんとか続けられたのが「幽遊白書」)

2時間で完結する映画最高!

ところが、そんなコンパクトが売りの映画の世界にも
「シリーズもの」という存在があり
映画の歴史も100年を超えると
「少しばかりヒットするや否や続編が急遽決まるシリーズ映画」、
「風呂敷を広げすぎてまったく先の見えない
マーベル・シネマティック・ユニバースのようなシリーズ映画」、
「前シリーズ公開後数十年ぶりに
続編が製作されるようなシリーズ映画」などが
幅を利かせるようになりました。

そして、どういうわけかそのようなシリーズ映画に限って
一目で公開された順序が判るよう
タイトルにナンバーがふられていてもいいのに
体裁が悪いのかナンバー代わりの副題で誤魔化してきやがります。

これが私にとってはちょっと困りもの。

例えば、GEOの店内で衝動的に
「ハリー・ポッター」シリーズのDVDを
タイトルだけで判断して借りてみようと思いたっても
どの順序で借りてよいものか判りません。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の次って
「炎のゴブレット」なの?
「不死鳥の騎士団」なの?
となりそうなものです。

これは海外小説やライトノベルなどでも見られる傾向ですが、
私のようなぼんやりさんは
つい二度買いしそうで怖ろしくて手が出せません。

クリックすると元のサイズで表示します
その点漫画はたいていナンバリングされていて判りやすい。
副題が「之繞」で統一されている「浮浪雲」もナンバーがちゃんと入っている。


映画も同様。

中には「釣りバカ日誌」のように
タイトルにいちいち番号を打ってくれる

クリックすると元のサイズで表示します
親切・丁寧・安心。見る順番を間違えようがない!
けど順番どおりに見る必要も特にない。


シリーズもあることにはあるのです。

ところが、同じ日本の国民的映画である
「男はつらいよ」シリーズは全48作もあってこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
「TVチャンピオン映画ファン選手権」があったら最終問題に出題されそう。

こんなの
今から公開順で見たいと思ってもなんらかの資料が必要です。
ちなみに全作見ると、時間だけで
NHK大河ドラマ2作分になります。
2話分ではありません。
全52話ぶっ通しで2作品分です。

ギネス世界記録は伊達ではありません。

と、ちょっと話がずれましたが、
ここにも一見しただけでは公開順が判らないタイトルの映画が一つ。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ