2016/3/25

見せる生の暴力  MOVIE

本日の映画は
「仁義なき戦い 代理戦争」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

タイトルにもDVDパッケージ表面にも
ナンバーが振っていないため間違えて
第4弾「頂上作戦」の方を先に借りそうになった
「仁義なき戦い」シリーズ第3弾。

毎度おなじみの
東映のOP映像「荒磯の波」の後には
一度見たことのある「これまでのあらすじ」が流れます。

クリックすると元のサイズで表示します
地球温暖化の影響で迫力ある並みが撮れないので最新の「荒磯に波」の波はCGらしい。

ん?でも、この「これまでのあらすじ」
前にもまるまる同じものを見た記憶が…。

あれ?もしかして間違えて
また「広島死闘篇」借りてきちゃった?
と、慌ててイジェクトボタンを押してみたところ
トレイにはちゃんと「代理戦争」のディスクが収まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
「昭和20年敗戦によって戦場から復員した…」って
前作のOPの使いまわしじゃねえか、このやろ?!


まぎらわしいな、もう!
と、改めて本編を見ること100分。

ああ、「広島死闘篇」はなかったことになっているんですね。
むしろこちらの「代理戦争」が
正統な「仁義なき戦い」の続編なんですね。

ということで、仕切りなおして
前作「仁義なき戦い」から
時は流れて昭和35年。
日本は安保闘争、岸内閣打開、浅沼委員長刺殺事件などの
騒然たる世相をみせていたが、
世界各地でもまた新しい抗争の炎が燃え上がっていた。
これらの戦闘にはすべて米ソ両大国の思惑が関わっていたため
世間はいつかこの局地戦を代理戦争と呼び始めた。
そして戦後の混乱期をようやく脱した
日本のやくざ社会においてもそうした傾向が表れ始めたのである

(冒頭ナレーションママ)」
で始まる第3弾。

本作で一気に勢力図が広がり
出てくる組も組員も増えてくるため
レンタルDVDには特典として
このような「抗争関係図」が収録されています。

そのお心づかい大変ありがたいのですが、
残念なことに1度に観れる映像は
「本編」か「特典映像」のどちらかひとつだけ

クリックすると元のサイズで表示します
でも、たいして便利でもないし、できれば配役名も入れてほしかった。

「本編」を再生中にこの「抗争関係図」を
同時に見れるわけではありませんので
あまり役には立ちません。

いつものように、人物相関で混乱をきたさないよう
wikipediaの「仁義なき戦い 代理戦争」の
キャストのページを表示しながらの鑑賞です。

なにしろ前作、前々作で亡くなったキャストを
主要キャスト、脇役問わず全く別の役で使いまわしてくるので
私のような相貌失認には
DVDを見ながら役名も俳優名も顔も
その場にいながらにしてすぐに確認できるようにしておかねば
頭が付いて行かないのです。

ということであらすじを追いながら
見ていきますと、


続きを読む
1

2016/3/20

恰好つけにゃぁ、ならんですけん…  MOVIE

名前と顔を知られている映画コメンテーターに
有村昆(通称アリコンさん)
と云う方がいらっしゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します
この方の自慢話を聞くと映画鑑賞もまた金持ちの道楽だな
とつくづく思い知らされます。


去年のことですが、
この方がテレビのバラエティ番組で
「映画って尺が長いだけじゃない。
時間のパッケージで勝負している。
2時間に人生の縮図が入っている。」
と、熱く語っておられたことがありましたが、
え?そうですか?
あらゆるメディアのなかでも
映画に取られる時間で短くないですか?

だって、人生の縮図がたったの2時間ですよ?!
(この時の有村さんの比較対象になっているのは
たぶん、たぶんだけどCM映像のこと。)

しかも、こちらは何にもせずただ
目と耳をスクリーンに向けていればよいだけのです。
読書と違って費やす時間に個人差もありません。

テレビドラマと比べれば圧倒的に短い時間で
コンパクトにそして濃密にストーリーを楽しめることこそが
私が映画に惹かれる理由の一つです。

ですので、はっきり云って
「おいおい、いったいシーズンいくつまで続けるつもりか?」
と、先が全く見えない海外ドラマは全般的に苦手です。
(唯一見たのがBBCの「SHERLOCK」)

人気次第で延々と終わりが来ない
「少年ジャンプ」の長期連載漫画は
どれも最後まで読めた試しがありません。
(長さ的になんとか続けられたのが「幽遊白書」)

2時間で完結する映画最高!

ところが、そんなコンパクトが売りの映画の世界にも
「シリーズもの」という存在があり
映画の歴史も100年を超えると
「少しばかりヒットするや否や続編が急遽決まるシリーズ映画」、
「風呂敷を広げすぎてまったく先の見えない
マーベル・シネマティック・ユニバースのようなシリーズ映画」、
「前シリーズ公開後数十年ぶりに
続編が製作されるようなシリーズ映画」などが
幅を利かせるようになりました。

そして、どういうわけかそのようなシリーズ映画に限って
一目で公開された順序が判るよう
タイトルにナンバーがふられていてもいいのに
体裁が悪いのかナンバー代わりの副題で誤魔化してきやがります。

これが私にとってはちょっと困りもの。

例えば、GEOの店内で衝動的に
「ハリー・ポッター」シリーズのDVDを
タイトルだけで判断して借りてみようと思いたっても
どの順序で借りてよいものか判りません。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の次って
「炎のゴブレット」なの?
「不死鳥の騎士団」なの?
となりそうなものです。

これは海外小説やライトノベルなどでも見られる傾向ですが、
私のようなぼんやりさんは
つい二度買いしそうで怖ろしくて手が出せません。

クリックすると元のサイズで表示します
その点漫画はたいていナンバリングされていて判りやすい。
副題が「之繞」で統一されている「浮浪雲」もナンバーがちゃんと入っている。


映画も同様。

中には「釣りバカ日誌」のように
タイトルにいちいち番号を打ってくれる

クリックすると元のサイズで表示します
親切・丁寧・安心。見る順番を間違えようがない!
けど順番どおりに見る必要も特にない。


シリーズもあることにはあるのです。

ところが、同じ日本の国民的映画である
「男はつらいよ」シリーズは全48作もあってこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
「TVチャンピオン映画ファン選手権」があったら最終問題に出題されそう。

こんなの
今から公開順で見たいと思ってもなんらかの資料が必要です。
ちなみに全作見ると、時間だけで
NHK大河ドラマ2作分になります。
2話分ではありません。
全52話ぶっ通しで2作品分です。

ギネス世界記録は伊達ではありません。

と、ちょっと話がずれましたが、
ここにも一見しただけでは公開順が判らないタイトルの映画が一つ。


続きを読む
0

2016/3/11

あとがないんじゃ…、あとが…  MOVIE

本日の映画は
封切られた当時、映画館を出るや否や
肩で風切る観客が後を絶たなかった
という伝説をもつ日本生んだヤクザ映画の金字塔

「仁義なき戦い」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

こんな超が付くほど有名な日本映画(*)ですが、
私、今回始めて見ます。

こんなこと云うと、映画ファンの方々は
「え〜っ!映画好きとか自称しているくせに見たことないの?」
と、呆れられてしまうかもしれませんが、
映画歴延べざっと20年
毎週のように新作映画が公開され
劇場未公開DVDがリリースされているなか
そんなにいろいろ見られるか!
見れませんよ。
ここ10年くらいに公開された映画をこなしていくので
いっぱいいっぱいですよ。

同世代で子供の頃から映画を観ているような方は、
このような名作「見ていて当然」かもしれませんが、
「映画好き」がみんながみんなそうとは限りません。

例えば、
TSUTAYAが選んだ名作映画100本
恥ずかしながら100本中53本しか見ていません。

ということで、そんな私がこの年になってようやく
「仁義なき戦い」に手を出したところで
何ら不思議ではないのです。

公開から今年でなんと43年。

「封切られた当時、私の周りのワル仲間は皆、ハマり、
広島弁で映画のセリフを真似したもんですよ。」
と語り継がれている逸話が本当であれば、
見終わった頃には、
やはりこの生粋のきときと富山弁も
広島弁と化しているのでしょうか?


続きを読む
1

2016/3/9

スクール革命!  MOVIE

本日の映画は

「ウォント・バック・ダウン−ママたちの学校戦争−」

クリックすると元のサイズで表示します
面白い映画なのに邦題でちょっと損している感じがします。

です。

日本でも
はてな匿名ダイアリーに寄せられた
待機児童問題をダイレクトに訴えた
「保育園落ちた日本死ね!!!」なる投稿が
大きな反響を呼び、国会をも揺るがしておりますが、
本作もごく普通のシングルマザーである主人公が
愛する娘が通う公立小学校の仕組みを
根本から改革するため立ち上がります。

何の力も持たない保護者がたった一人で
教育システムを変えるには
手続きだけで途方もない時間がかかりますが、
主人公は待ってはいられません。

小学校の在学期間は6年と限られており
学校教育と云うのもが古今東西
発達や学年の段階に応じて指導されている以上
1日も時間を無駄にはできないのです。

不特定多数の生徒を相手にする公立小学校の授業では
生徒の一人や二人が躓くことがあっても
お構いないしでどんどん先に進んでいますので
一旦落ちこぼれることがあれば
盛り返すには相当頑張らなくてはなりません。

特に他の塾や家庭学習で補う余裕のなく
学校教育だけが頼りな家庭は大変です。






続きを読む
0

2016/3/8

勇気ある行動の結末が、「悲劇」でいいハズがないだろう?  MOVIE

本日の映画は
TOHOシネマズ試写会に当選した
「僕だけがいない街」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

昨年の初頭、TOHOシネマズ内試写会応募受付が
「応募は1人1回限り。複数応募の際は無効」
と世知辛いことになってから
1年以上当選したことがなかったため
応募したことすら忘れていました。

そんなたなぼた当選でしたので
今回の映画は正真正銘掛け値なし

「主演:藤原竜也」

以外の前情報なしの状態で見てきました。

公開直前ですので簡単にだけストーリーを紹介しますと、

舞台は2006年の東京。
デビューはしたもののなかずとばずの漫画家、
藤沼悟(藤原竜也)には

クリックすると元のサイズで表示します
映画ですが、藤原竜也がクズ役ではありません。

身近に事件を感じるとその事件の直前に戻り
未然に防ぐまで何度も同じ時間に戻ってしまう
「再上映(リバイバル)」という能力があり
北海道から母が上京してきたのをきっかけに
リバイバル能力を駆使し
母親のため、かつてのクラスメイトのため
18年前に解決済みと思われていた
女子連続誘拐殺人事件の真犯人を捜すことになります。

クリックすると元のサイズで表示します
18年前にリバイバルして事件を未然に防ぐため奔走します。

原作は、「ヤングエース」に掲載中の三部けいの漫画で
本作が劇場公開されるこの3月を以て最終回を迎えました。

映画化と併せて
今年1月からテレビアニメも始まっています。

…と云った作品を巡る諸事情も
試写会終了後帰宅してから
ネット検索で知ったと云う有様です。

なんと、映画のクランクアップ時には
原作はまだ連載中だったのです。

以上のことから
「最後はいったいどうなるのか?」
が、原作ファンにとって最も気になるところと考えられます。

タイムスリップに謎解きと
なかなか大風呂敷を広げたストーリーなので
どう畳むのかが、映画化最大の課題とも云えます。

そういう意味では

続きを読む
0

2016/3/6

目で見よ耳で聞け  MOVIE

本日の映画は

「すみません、
アメリカンコメディの世界舐めていました。」
と、西に向かって土下座したい映画
「ピッチ・パーフェクト」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

正しくは、アメリカ人の懐の深さを舐めておりました。

だって、
「全米の女子を熱狂の渦に巻き込んだ
ガールズムービー、遂に上陸!」

なんて宣伝しているものだから
てっきり、
爽やか青春ムービー」かと思ったら
意外にもがっつり「俺たち」系の
アメリカンコメディ映画じゃないですか、これ。


「俺たち」系の例。

いや、確かに、時代が時代なら
あの「天使にラブソングを」
「天使にラブソングを2」の後を継いで
金曜ロードショーで繰り返し地上波放送されても
不思議ではないほど誰が見ても楽しい映画ですよ。



…まあ、ただ1点を除けば。


ご覧になった方は
「ああ、あれのことね。」
と察しがつくと思います。



続きを読む
2

2016/3/6

ドストエフスキー・トリップ  MOVIE

先日、「はじまりのうた」を
レンタルDVDで見たところ
お決まりの「新作情報」のなかでちょっと気になる映画が

それが本日の映画
「嗤う分身」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

なにしろ予告編にはこんな言葉が使われているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和歌謡=昭和時代に流行した日本のポピュラー音楽の総称

流れる曲は
ジャッキー吉川とブルー・コメッツ「草原の輝き」。

何故?!

これは見て確かめずにはいられません。
いざゆかん、TSUTAYAへと。



続きを読む
1

2016/3/5

かもめはかもめ  MOVIE

本日の映画は
「ブロークン・ポイント」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

原題は「Days and Nights」。
レンタルDVDのパッケージに並ぶキャスト名は
ベン・ウィショー(「パフューム ある人殺しの物語」)、
ジャン・レノ(「レオン」)、
ウィリアム・ハート(「 蜘蛛女のキス」)、
ミカエル・ニクビスト(「ミレニアム」シリーズ)、
ケイティ・ホームズ(トム・クルーズの元嫁)
と地味に豪華でしたので
TSUTAYA 準新作・旧作96円(税抜)レンタルで
借りてきました。

レンタルDVDを再生してすぐに
(と云っても17分もある「新作案内」!の後)
登場人物の一人
ピーター(クリスチャン・カマルゴ)による
これから始まる物語の登場人物の簡単な紹介があります。

ピーターはそこそこ売れている映画監督で
恋人である大女優であるエリザベス(アリソン・ジャニー)とともに
病気療養中の彼女の兄ハーブ(ウィリアム・ハート)の元に
誕生祝いに行くところです。

ピーターのモノローグから判ることは

・エリザベスとの関係がすでに倦怠期に入っていること。
・エリザベスが主演の舞台が中止となり
 映画女優としてもも彼女はもう落ち目であると云うこと。
・ハーブの病状は医師が隠しており不明であること云うこと。
・エリザベスの息子エリック(ベン・ウィショー)が
 訳のわからない前衛芸術にのめり込んでいると云うこと。
・屋敷の管理人の娘ができちゃった結婚をしていること。
・ピーターがハーブの元を訪れるのはこれがはじめてということ。

クリックすると元のサイズで表示します
後、百合の香りは毒であると云う豆知識も。

以上のことが
エリザベスとピーター以外の人物たちが
まだ一人も登場もしていない時点で語られるため、
映画を観ているこちらとしては今一つ頭がついていけず
始まって4分で脱落。

先に進む前にどういう話かネットで確認したところ
この映画、原作がチェーホフ「かもめ」なんですね。

本作の公開に当たって
劇作家チェーホフを囲んで「かもめ」の内容を聞いている
モスクワ芸術座の団員たちの写真@と同じ構図の
宣材写真A(?)を用意するくらいですから
本作を見る観客なら、
元ネタであるチェーホフの「かもめ」を知っていて当然
と云うスタンスなんでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
写真@中央が戯曲を読むチェーホフ。若い時は相当イケメンさんだったらしいです。

「かもめ」をご存知の方であれば
この若干前のめっている冒頭も
「ああ、これは『かもめ』におけるあのことね。」
と、すんなり頭に入っていけるのでしょうが、
人名が覚えにくいと云う理由からロシア文学初心者の私には
かなりハードルの高い映画の幕開けです。

クリックすると元のサイズで表示します
写真Aかなり意識して映画を撮っているとは思うのですが。

上の2枚の写真を見比べればお判りのように
映画の舞台は19世紀末のロシアではなく
1984年戦没者追悼記念日の週末
アメリカ合衆国ニューイングランドとなっております。

「世界演劇史上画期的な作品」とまで呼ばれる戯曲を
わざわざ時代も場所も変えて脚色しているのですから
まあ、手強い。

クリックすると元のサイズで表示します
舞台がアメリカに移っているのでかもめの代わりに白頭鷲が出てきます。

とにかく登場人物たちの関係が複雑すぎるのです。

Windows Media Playerの
「一時停止」ボタンをクリックして約10分。

wikipediaの
「かもめ(チェーホフ)」の記事に目を通し
登場人物の大まかな相関図をチラシの裏に自作することで
なんとか最後まで見終えることができました。

とは云っても登場人物自体はとても少ないのです。


続きを読む
2

2016/3/5

戻れない戻らない帰る場所はもうない  MOVIE

本日の映画は
「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」

クリックすると元のサイズで表示します
映画の内容がそのまま「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」です。

です。

邦題でわざわざ印象づけているように
「ロープ」(1948……えっ、あれ昭和23年の映画なの?!)

「ニック・オブ・タイム」(1995)と同じく
映画の中で進んでいる時間と
実際の映画の上映時間がほぼ同じ
86分という作りになっています。

さらにそれだけではなく、本作では
「スクリーンに映る登場人物は
車を運転する主人公ただ一人、
会話は車内で交わされる電話のみ」
という大胆な手法に挑戦しています。

撮影期間は8日間。
3台のデジタル・キャメラを同時に回して
撮影した映像はざっと300時間もあるのだとか。

これだけでも充分興味深いのに
主演が今もっとも勢いのあるハリウッド俳優
トム・ハーディです。

クリックすると元のサイズで表示します
劇中何度も洟をかむトム・ハーディ。これも演技の一部なのかしら?。

それらのことを全部ふっくるめて
公開直前までは
「これは何があっても見とかなあかんやろ!」
と、結構意気込んではいたのですが、
いざ地元ミニシアターで上映されると
都合が合わずまんまと見過ごしてしまい
今回、TSUTAYA準新作・旧作レンタル96円(税抜)で
ようやく目にすることができました。

いやあ、まさか本当に

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ