2016/1/31

こいつら100%英雄伝説  MOVIE

本日の映画は
ドウェイン・ジョンソンが主演の
「ヘラクレス」

クリックすると元のサイズで表示します
ない事に見慣れている所にあるものがちゃんとあるとちょっとビックリしますよね。
…特に頭皮にとか。


です。

同時期公開されたもう一つのヘラクレス映画と
続けて見ようと思ったのですが、
いくら「アクション」「ドラマ」「SF」のハ行の棚を探しても
見つからなかったので

クリックすると元のサイズで表示します
もう一つのヘラクレス映画。あ、サ行でしたか。

「まだまだ話題作」の棚に陳列されていた
本作のDVDだけを先に借りてきました。

マーベル・シネマティック・ユニバースや「300」の
栄光の陰に隠れてあまり表に出ていませんでしたが、
Wikipediaによると
この映画もアメコミ映画なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
これですね。「Hercules the Thracian Wars」と云います。

そう思うと他のギリシア神話を題材とした映画作品より
間口が広い感じがします。

なにより
高層ビルの屋上から躊躇なく飛び降りることができる
(参照「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」)
マンガみたいに強いドウェイン・ジョンソンが主演ですので
たとえ劇中主人公がどんなピンチに陥ろうとも
怖れることは何もありません。

見る前から大船に乗った気持ちで見ることができます。

なにしろこの映画、
これまでのギリシア神話の半神半人の英雄ヘラクレスが
散々手こずってきたかの有名な「十二の功業」
(この映画では「12の難業」)の話ではありません。

最初から危機に次ぐ危機が回避されているのです。

正確にはちらっと出てきているのですが、
100分弱しかない上映時間で
12もの戦いをいちいち紹介するわけにはいかないため
中でも絵になる
レルネのヒュドラの退治、
エリュマントスの猪の捕獲、

クリックすると元のサイズで表示します
「スィングガールズ」では女子高生が「トンマッコルへようこそ」でも一般男性が
捕獲できるものをギリシャの英雄が捕獲できないはずがありません。


そして、最も難関と思われるネメアの獅子の退治を
ピックアップし
ものの1分30秒でミッションコンプリートさせ
後の9つは口で説明されるだけです。

というのも

続きを読む
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ