2016/1/18

三人固まったと言ったってクズ三人じゃねえか 状況は対して変わってねえんだよ 甘ったれが!  MOVIE

TSUTSYAやGEOといったレンタルDVD店では
ケースの陳列の仕方はだいたい以下の2つに分けられます。

1つは、パッケージの表を見せて陳列する「面陳列」、
もう1つは、パッケージの背を見せて並べる「棚差し」
です。

新作コーナーでは大作と呼ばれる作品や
タイトルだけでも目にしたことのあるようなヒット作品が、
旧作コーナーでも
大量に入荷したやはり売れ筋のDVDが
普通、面陳列されるものですが、
他にも「店員のオススメ商品」らしき作品が
面陳列されていることがあります。

本日の映画は「店員のオススメ商品」なのか
それとも「店員のオシツケ商品」なのか
判断がつかないまま面陳列されているのが目に入って
うっかりレジに持っていってしまった

「ダブリン上等!」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

監督のジョン・クローリーは当時新進気鋭の舞台監督で
映画はこれが2本目(しかも1本目は劇中映画)
脚本のマーク・オロウも舞台の劇作家で
本作が初めての映画の仕事となります。

このお2人が「クライング・ゲーム」
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 」などを手掛けた
ニール・ジョーダン監督(この作品では製作)に
見出されて撮ったのが本作。

ということでIFTAアワード(アイルランドアカデミー賞」
をはじめとした映画賞をいくつか受賞しています。

ただ、どういうわけかこういう映画に限って
感想を書くのが難しく
一行も感想らしい感想が出てこなかったりします。

一言で云うと、
脚本家の故郷である
アイルランド島東部の都市ダブリンを舞台にした
青春群像劇です。

ですので
続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ