2016/1/11

男と女の不一致な真実  MOVIE

本日の映画は
NYで暮らすひと組のカップルの心のうちを
男の視点、女の視点、それぞれ2作品で映し出した

「ラブストーリーズ コナーの涙」
「ラブストーリーズ エリナーの愛情」

クリックすると元のサイズで表示します

です。


原題は
「THE DISAPPEARANCE OF ELEANOR RIGBY」
(エリナー・リグビーの失踪)
と云い、これにそれぞれ副題
「HIM」「HER」「THEM」がついて
3部作映画となっております。

ただし、今回DVDリリースされたのは
「HIM(コナーの涙)」
「HER(エリナーの愛情)」
の2本だけです。

「THEM」は「HIM」「HER」を再編集して
1本にまとめた映画だそうなので
上の2本を抑えておけば大丈夫とは思いますが、
そちらも気になりますね。

さて、原題の「エリナー・リグビー」というのは
ヒロインの名前でして
本編の中でもちらっと語られていますが、
ビートルズの楽曲「エリナー・リグビー」からきています。

クリックすると元のサイズで表示します
エリナーのフルネームを知った大学教授の反応がこれです。

と云っても全くぴんと来ませんでした。

でも、それは私は
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の元ネタが
ビートルズの「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」と
云われるまで知らなかったくらい
洋楽には疎いからであって曲自体は超有名。

youtubeで検索してみたところ
タイトルは知らないけれども何度も聞いたことのある曲でした
「エリナー・リグビー」。


超有名な歌じゃん!!

エリナーに名前の由来を聞いた
美術史教授のリリアン・フリードマンは
「ビートルズを嫌いになりそう」
と感想を述べますが、
今回初めてまじまじと歌詞を見て納得。

wikipediaでの解説なんてこうですよ。
「エリナー・リグビーという身寄りのない老女と、
誰からも相手にされないマッケンジー神父
という架空の人物を悲劇的に書いた物語的な曲。」

…周りもよく止めませんでしたね。

ちょっとした裏話を披露し本題から逸れてしまいましたが、
この手の映画の大きな問題は、
上映時間がきっちり定められている劇場での鑑賞ならともかく
寸分違わないDVD2枚を前にした場合
どちらを先に見るかどこに正解があるか
ということです。

こういう時はとりあえずGoogleへ。
タイトルを途中まで入力したところ案の定
サジェストで「ラブストーリーズ 順番」が出てきたので
それを拝見すると
「女性は『エリナーの愛情』、
男性は『コナーの涙』から見るのが良い」
と書いてありました。

その助言に従い
まずは「エリナーの愛情」から再生してみることに…。


続きを読む
1

2016/1/11

今年もよろしくお願いいたします。  MOVIE

突然ですが、
年末に自分の記事の「年間ベスト」を出すのが
流行っているようなので
年間ベストワーストを出さない代わりにそちらを真似てみました。
(レビューも書かずに何やってるんでしょう…)

といっても、こんな細々としたブログに大した需要はなく
さらにはAutopageという無料ブログの
アクセス解析は過去2か月分しか見ることができないので
うすぼんやりとした記憶を辿って集計してみたところ
ここの「年間ベスト」(順不同)は以下の通りとなりました。

1:映画レビュー「アメリカン・ハッスル」
(理由:「シークに娶られて」で検索をかけてきた人はだいたいここに辿り着くようです。
ブログ記事自体は全然関係のない記事なので検索で来られた方々には申し訳なさで胸がいっぱいになります。)

2:映画レビュー「ドバットマン」
(過去4年毎月の暫定1位がこの記事でしたが、2015年後半「アメリカン・ハッスル」に取って代わられました。)

3:映画レビュー「桜姫」
(考えられる理由:他にレビューを書いているブログがないんじゃないかと思います。)

4:映画レビュー「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
(途中まで書いてそれっきりになっているレビュー。読んでくださった方に申し訳ないです。)

5:映画レビュー「ただの友達?」
(3本の短編映画が収録されているDVDのレビューですが、主に表題作だけの紹介・感想になっています。)

6:映画レビュー「クライングフリーマン」
(理由:小池一夫先生のお蔭だと思っております。)

7:映画レビュー「ウェディング・キャンペーン」
(理由は判りません。)

8:映画レビュー「あぶない刑事」「まだまだあぶない刑事」
(2016年に新作を控えているからでしょうか?新作製作発表当時は「あぶない刑事」が年末に近づくにつれて「まだまだあぶない刑事」の記事が一気に読まれるようになりました。)

9:映画レビュー「脳男」
(ロケ地:地元富山をプッシュしております。)

10:映画レビュー「LAマザーファッカー」
(理由:見ている人も映画レビュー自体が少ないから?)


結果は改めて確認するまでもなく「ニッチ」。
悲しいまでに「ニッチ」。
他にレビューされているブログがない(少ないから)
ここに辿り着いた感ありありです。

そんなぽんこつ記事を読んでくださってありがとうございます。

年始なのでちょっとした欲(と云う名の豊富)を上げれば
「コメントを」とまではとても云えませんが、
「拍手」ボタンをクリックしていただければ
今後の励みになりますので、もしよろしかったらお願いいたします。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ