2015/11/20

施して報を願わず、受けて恩を忘れず  MOVIE

本日の映画は
10月に首都アンカラ中心部での自爆テロ仁続き
日本でも渋谷区のトルコ大使館周辺で乱闘が発生し、
11月にはロシア軍の爆撃機を領空侵犯と見做し
トルコ軍が撃墜と
このところ何かと話題に事欠かない
トルコ共和国との合作映画

「海難1890」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

試写会にて一般公開に先駆けて見てきました。

それ以降も12月1日には
イスタンブールの地下鉄の駅近くで
またもや爆発事件があったりと
トルコ的にこのタイミングでの劇場公開、
興行収入に影響しなければよいのですが、
他人事ながら心配です。

なにしろ日本とトルコの友好125周年を記念して
合作されただけあって
我が国の安倍晋三内閣総理大臣がイスタンブールに赴いた際
わざわざトルコ共和国の
レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と並んで
仲良く鑑賞したくらい気合が入っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
安倍首相曰く「両国の絆を、それぞれの国民に語り継ぐための素晴らしい映画だ」。

トルコへの手前、日本でポシャるわけにはいきません。

本作で取りあげられているのは
別の時代、別の国で起こった2つの史実です。

1つは1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件、
もう1つはその95年後の1985年に起こった
イラン・イラク戦争テヘラン在留邦人救出事件。

映画はこの2つの出来事を繋げることで
海を越え、時代を越えた絆と真心をつむぐ
感動巨編に仕上げております。

つまりは、どちらか1つの史実だけでは成立しない
2つで一対の奇跡の物語です。
ワンセットでないと意味がありません。

と、エラそうなことをドヤ顔で書いていますが、
私、エルトゥールル号遭難事件のことも
1985年のトルコ政府による在留邦人救出事件も
「もやしもん」の作者である石川雅之が
今年の春、ネット上に発表した
「Teşekkür ederim」

クリックすると元のサイズで表示します
この作品でも在留邦人脱出に95年前の事件が関わっていることを示唆しています。

という漫画を読むまで全く知りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
当時の新聞にもでかでかと出ていたのに…。

特に1985年のニュースを覚えていないということは
日本人として誠に恥ずべき失態です。

なお、私のような世間知らずのため
この2つの史実とその結びつきについては
試写会入場前に配布された
小冊子「〜マンガで読む海難1890〜」

クリックすると元のサイズで表示します
たぶん、映画館のロビーにも設置されていると思います。

にも詳しくかつ判りやすく描いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでも2つの史実の因縁をしっかり強調。

こちらの小冊子はこれから見る映画の全容を
たった4Pのカラーマンガで紹介しているという優れものでして
正直これさえ入手できれば特に映画を見る必要がありません。




…大丈夫ですか、こんなの配っちゃって?




………まあ、気を取り直して
まずは発端となったエルトゥールル号遭難事件を
掻い摘んで説明いたしますと、


続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ