2015/11/1

同じ地獄で待つ  MOVIE

「なんてこった!クソ面白い!キアヌ完全復活だ!」
(日本公式サイトより)な「ジョン・ウィック」を
劇場で見てきた興奮冷めやらずな状態で
TSUTAYAからキアヌDVDを借り出してきました。

この勢いに任せ見るのなら
もはやこの映画しかあるまい!と
借りてきた映画は「コンスタンティン」

クリックすると元のサイズで表示します
断じてテレビドラマ化の影響で見たわけではありません。

です。

この映画、初見ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで超カッコいいキアヌ・リーブスの活躍が確定されています。

今から約10年前、所沢に住む
キアヌ・リーブスファンの友人宅に遊びに行った折り
「今、ちょうどキアヌ主演映画やっているから見よ見よ。」
と、誘われて一駅先のシネコンに見に行き、鑑賞後
「ごめんね!ごめんね!」
と、ひたすら謝られたという思い出があるのが
この映画です。

どうもキアヌ・リーブスを愛してやまぬ彼女からすると
「人様にオススメできる映画ではなかった」ようです。

その時は友人が相当に落ち込んでしまって
エンドロールそこそこでスクリーンを後にしたため
今回DVDで見直すまで知りませんでしたが、
「エンドロール後のおまけ映像」
つきじゃないですか、この映画。

クリックすると元のサイズで表示します
え?こんな後日談があったの?ちょ…。

最近では上映前に前もって
「エンドロール後に映像がございます。」
の断り書きが流れますが、
当時はまだそんな気遣いはありません。

10年前とは云え流石アメコミ映画。
(原作はDCコミック「ヘルブレイザー」)

映画はやはり客電が点くまでが映画です。

それにしても自称キアヌ・リーブスファンが
がっくり肩を落とすような映画とは
どのような映画だったのでしょう?

当時の私の印象を一言で云うと
ずばり「禁煙運動推奨映画」。

今や西に行っても東に行っても肩身の狭い喫煙者。
ジブリ映画「風立ちぬ」での喫煙シーンに
禁煙学会の苦言・批判が殺到したかと思うと
アメリカでは2014年に
ウォルト・ディズニー・スタジオの会長兼CEOの
ボブ・アイガー氏が、ディズニーの子供向け映画に
喫煙シーンを入れることを禁止すると発表するくらい
映画界においても規制が年々厳しくなっております。

その動向をいち早くキャッチし、アメコミ映画の形を借りて
「喫煙による健康障害」を訴えかけているのがこの映画でした。
 



続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ