2015/11/29

公私混同どころの騒ぎじゃない、ひいては国の安全に関わることだ!  MOVIE

ということで今年の年末年始で
一番公開を待ちに待っていた「007 スペクター」です。

余計な前情報が目に入る前に
先行上映で見てきました。

感想といたしましては、ずばり「集大成」。
ご覧になった方なら10人中98人がそう思うはず
と、確信できる勢いで
「集大成」となっております。

ですので、
ダニエル・クレイグ版007シリーズの総まとめとして見ても
シリーズ23作分のオマージュとして見ても
楽しめ、ファンも大満足なのは判ります。

判るのですが、
現時点でここまで回収してしまったら
正直後が辛いわ…。

これを俗に「いい最終回だった」と云うのですね。

シリーズ半世紀において並ならぬ爪痕を残した
サム・メンデス監督、狡いです。

こんなの見せられたら
万が一本作で007シリーズ(特にダニエル・クレイグ版)が
完全終了しても私、何ら困りません。

一応エンドロールにはおなじみの
「JAMES BOND WILL RETURN」
の文章も出てきます。

その次回作をダニエル・クレイグが続投するにしろ

【参考資料:http://eiga.com/news/20151005/5

新ボンドに代わるにしろ
ほんとどうするんですか!?

…一般公開前なのでここではネタバレにつながる
ストーリーの紹介は致しませんが、
本作もまた



続きを読む
0

2015/11/24

シャークと海洋の巨人  MOVIE

DVDレンタルすると、
再生直後、他のDVDの新作案内がはじまり
慌ててスキップしようにも
スクロールバーも早送りボタンも云う事を聞かず
結果成すすべなく強制的に視聴を強いられ
ついイライラしてしまうと云う体験はないでしょうか?

私はあります。それも結構な確率で。

しかし、その一方でまんまと配給会社の策に嵌り
強制的に見させられた新作案内をきっかけに
そのDVDを手に取ってしまうという体験もあります。

そういう新作案内宣伝に長けていると云えば
「アルバトロス・フィルム」です。

先日、DVDを借りてきた
殺し屋チャーリーと6人の悪党たち」も
アルバトロス・フィルム配給映画の1つ。

2001年に公開された仏映画「アメリ」で
一気に名前が知られるようになった
アルバトロス・フィルムですが、
得意とするのは「アルマゲドン2007」から
現在「アルマゲドン2015」へと続く
「アルマゲドン」シリーズに代表される
C級パロディ映画の配給です。

クリックすると元のサイズで表示します
パロディ群。2013にマシュー・モディーンが出演していることに吃驚。

これだけ続けば実際DVDを見たという人が殆どいなくても
まとめサイトのネタにはなるのです。

当に継続は力なり。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが皆さんご存知の元ネタです。

このように他の会社が歯牙にも掛けないような映画を
買い付けてきては人目を引くラッピング
(=大仰な宣伝文句、奇抜な邦題、シリーズ化としてパッケージ)
を施し、儲けはともかく話題にだけはしてしまう商法こそが
アルバトロス・フィルムの真髄です。

そんなキャッチーなパロディタイトルで
レンタルDVD界に席巻するアルバトロス・フィルムが
今、力を入れているシリーズが
テレビ東京「マツコ&有吉の怒り新党」の
人気コーナー「新・3大○○調査会」でも紹介された
「サメ映画」。

なかでも超巨大サメとの戦いを描いた
「メガ・シャークVS」シリーズの人気は高く
これまで4作リリースされています。

人気バラエティー番組での後押しもあってか
その勢いたるやとどまるを知らず
その最新作が
DVD「殺し屋チャーリーと6人の悪党たち」でも
本編前の新作案内に流れました。
それも先頭を切って。

それだけ力の入った「主力商品」ということなのでしょう。

ということで
前置きが大変長くなりましたが、その映画

「メガ・シャークVSグレート・タイタン」

クリックすると元のサイズで表示します

が本日の映画となります。

製作は、 これまた
モックバスターと呼ばれるメジャー映画の模倣作、
奇想天外な巨大モンスターのディザスター映画で知られる
米映画会社「アサイラム」ですから、品質に間違いはありません。

まずはその予告編をご覧いただきましょう。



もうこれでも良かったんじゃない?某マンガの実写映画化。






…仰りたいことはお察しいたします。

お察しいたしますが、みなまで云うな。


今回のメガ・シャークは
続きを読む
0

2015/11/24

全員悪人  MOVIE

本日の映画は
「殺し屋チャーリーと6人の悪党」

クリックすると元のサイズで表示します
イメージビジュアルからしてコメディであることを強く主張。

と云う映画です。

主演は今や頭の上に
「『ミッション:インポッシブル』の」が
つくようになったサイモン・ペッグです。
今年
SCREEN×イマジカBS英国男優総選挙
で第3位に上り詰めたサイモン・ペッグです。

クリックすると元のサイズで表示します
第3位です。数ある英国男優のTOP3です。

そのサイモン・ペッグはタイトルを飾る
「殺し屋チャーリーと6人の悪党」は
日本では東京の映画館「新宿シネマカリテ」が
4週間に渡って開催した独自の映画祭
「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2015」
で新旧併せて50近く上映された作品の1作なんだとか。

πが大きい分、公開される作品も
玉石混淆の可能性が高くなると云うもので
DVDをレンタルしてから知ったのですが、
配給元が
「殺し屋チャーリーと6人の悪党」上映委員会
となっているのを目にして
急に不安になって来ました、私。

配給元ですよ、配給元です。
それが上映委員会?
こんなの始めて見ました。

ということで改めて出演者の名前に目を通すと
サイモン・ペッグ以外は
パッと顔が思い浮かばない人ばかり。

いえ、お一人、DVDパッケージを二度見するほど
目を引く名前があることにはあるのですが…。
 
 
続きを読む
0

2015/11/20

施して報を願わず、受けて恩を忘れず  MOVIE

本日の映画は
10月に首都アンカラ中心部での自爆テロ仁続き
日本でも渋谷区のトルコ大使館周辺で乱闘が発生し、
11月にはロシア軍の爆撃機を領空侵犯と見做し
トルコ軍が撃墜と
このところ何かと話題に事欠かない
トルコ共和国との合作映画

「海難1890」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

試写会にて一般公開に先駆けて見てきました。

それ以降も12月1日には
イスタンブールの地下鉄の駅近くで
またもや爆発事件があったりと
トルコ的にこのタイミングでの劇場公開、
興行収入に影響しなければよいのですが、
他人事ながら心配です。

なにしろ日本とトルコの友好125周年を記念して
合作されただけあって
我が国の安倍晋三内閣総理大臣がイスタンブールに赴いた際
わざわざトルコ共和国の
レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と並んで
仲良く鑑賞したくらい気合が入っているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
安倍首相曰く「両国の絆を、それぞれの国民に語り継ぐための素晴らしい映画だ」。

トルコへの手前、日本でポシャるわけにはいきません。

本作で取りあげられているのは
別の時代、別の国で起こった2つの史実です。

1つは1890年に起きたエルトゥールル号遭難事件、
もう1つはその95年後の1985年に起こった
イラン・イラク戦争テヘラン在留邦人救出事件。

映画はこの2つの出来事を繋げることで
海を越え、時代を越えた絆と真心をつむぐ
感動巨編に仕上げております。

つまりは、どちらか1つの史実だけでは成立しない
2つで一対の奇跡の物語です。
ワンセットでないと意味がありません。

と、エラそうなことをドヤ顔で書いていますが、
私、エルトゥールル号遭難事件のことも
1985年のトルコ政府による在留邦人救出事件も
「もやしもん」の作者である石川雅之が
今年の春、ネット上に発表した
「Teşekkür ederim」

クリックすると元のサイズで表示します
この作品でも在留邦人脱出に95年前の事件が関わっていることを示唆しています。

という漫画を読むまで全く知りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
当時の新聞にもでかでかと出ていたのに…。

特に1985年のニュースを覚えていないということは
日本人として誠に恥ずべき失態です。

なお、私のような世間知らずのため
この2つの史実とその結びつきについては
試写会入場前に配布された
小冊子「〜マンガで読む海難1890〜」

クリックすると元のサイズで表示します
たぶん、映画館のロビーにも設置されていると思います。

にも詳しくかつ判りやすく描いてあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでも2つの史実の因縁をしっかり強調。

こちらの小冊子はこれから見る映画の全容を
たった4Pのカラーマンガで紹介しているという優れものでして
正直これさえ入手できれば特に映画を見る必要がありません。




…大丈夫ですか、こんなの配っちゃって?




………まあ、気を取り直して
まずは発端となったエルトゥールル号遭難事件を
掻い摘んで説明いたしますと、


続きを読む
1

2015/11/18

ずっと見てる夢は私がもう一人いてやりたいこと 好きなように自由にできる夢  MOVIE

「コンスタンティン」のDVDに収録されている
本編前に流れる予告編を見ていたら
急にマイケル・ベイ監督の映画が見たくなって
DVDを返却するついでに入れ替えで
TSUTAYAで借りてきた本日の映画は
「アイランド」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

たま〜に突発的にそして無性に見たくなりますよね、
マイケル・ベイ。
…あ、そんなことありませんか?

それはさておき予告編を見る限り
ショーン・ビーン
スティーヴ・ブシェミ
という
「世界的規模で死にまくるハリウッド俳優」の
二大巨頭も揃って出演しているとなれば
監督がマイケル・ベイ監督でなくとも
これは見なくてはなりません。


閲覧注意(ショーン・ビーン篇)


閲覧注意(スティーヴ・ブシェミ篇)



…ね?


続きを読む
1

2015/11/10

ファイト! 闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう  MOVIE

本日の映画は

「ラスト・ナイツ」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

「CASSHERN」
(製作費6億円、興行収入15.3億円)
「GOEMON」
(製作費8.5億円、興行収入14.3億円)
のしくじり先生こと紀里谷和明監督の
映画第3作目であり、

クリックすると元のサイズで表示します
興行収入を見る限り第1作も第2作も失敗作ではないんですね。お見逸れしました。

ハリウッド初進出作品となっています。

こう云ってはなんですが、
紀里谷和明監督作品と云うだけで
「負のフィルター」がかかる映画ファンが
かなりの数おられると思われるのに
今回はただのハリウッドで撮った映画ではなく
日本でヒットした映画のハリウッドリメイクでもなく
ハリウッド大作と呼んでもよい規模の映画です。
当然、お金(=製作費)もかかっております。

さらにハリウッド大作ですので
字幕も大御所、戸田奈津子先生です。

敢えて字幕を戸田先生に依頼するところに
私なんぞは
「監督、やりよるな。( ̄ー ̄)ニヤリッ」
と、非常に心惹かれたのですが、
戸田先生の翻訳を毛嫌いしている映画ファンが
少なからずいらっしゃるのもまた事実。

そして、ハリウッド大作らしく
出演者も豪華にハリウッドスターを起用。

日本ではアカデミー賞俳優
モーガン・フリーマンが出演していることで
注目を浴びていますが、
主演は今映画女子から注目を集めている
「英国俳優」の一人でありながら
箸にも棒にもかかっていないと思われる
(参考:「SCREEN×イマジカBS 英国男優総選挙2015」)
クライヴ・オーウィンです。

クリックすると元のサイズで表示します
日本でクライヴ・オーウェン主演を理由に
劇場に足を運ぶファンってどのくらいいるのでしょう?


日本では女性人気が今一つでも
これは何気に凄いことです。

他にも
ノルウェーで何本が映画に主演しているアクセル・ヘニーや
「天使と悪魔」でヒロイン役を演じた
イスラエルの女優アイェレット・ゾラー、
韓国の国民的俳優、アン・ソンギ、
マオリ族出身のハリウッド俳優、クリフ・カーティスが
参加しており相当「国際色豊か」となっておりますが、
このこともまた人によっては
「監督スタッフ俳優の国籍が色々またがってる映画
=失敗作
と、取られかねません。

さらに原作があの「忠臣蔵」と
かなり手垢のついたものとなっております。

そうなると見る方もそれらを踏まえ
いくつもの色眼鏡をかけて見てしまうことになってしまいます。
(そして、私のような自称映画好きに限って
好きが高じて色眼鏡をかけて映画を見ることが多いのです。)

ある意味、マイナスからのスタートと云っても良いでしょう。


ところで、原案となった「忠臣蔵」。
皆様はどこまでご存知でしょうか?

続きを読む
1

2015/11/1

同じ地獄で待つ  MOVIE

「なんてこった!クソ面白い!キアヌ完全復活だ!」
(日本公式サイトより)な「ジョン・ウィック」を
劇場で見てきた興奮冷めやらずな状態で
TSUTAYAからキアヌDVDを借り出してきました。

この勢いに任せ見るのなら
もはやこの映画しかあるまい!と
借りてきた映画は「コンスタンティン」

クリックすると元のサイズで表示します
断じてテレビドラマ化の影響で見たわけではありません。

です。

この映画、初見ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで超カッコいいキアヌ・リーブスの活躍が確定されています。

今から約10年前、所沢に住む
キアヌ・リーブスファンの友人宅に遊びに行った折り
「今、ちょうどキアヌ主演映画やっているから見よ見よ。」
と、誘われて一駅先のシネコンに見に行き、鑑賞後
「ごめんね!ごめんね!」
と、ひたすら謝られたという思い出があるのが
この映画です。

どうもキアヌ・リーブスを愛してやまぬ彼女からすると
「人様にオススメできる映画ではなかった」ようです。

その時は友人が相当に落ち込んでしまって
エンドロールそこそこでスクリーンを後にしたため
今回DVDで見直すまで知りませんでしたが、
「エンドロール後のおまけ映像」
つきじゃないですか、この映画。

クリックすると元のサイズで表示します
え?こんな後日談があったの?ちょ…。

最近では上映前に前もって
「エンドロール後に映像がございます。」
の断り書きが流れますが、
当時はまだそんな気遣いはありません。

10年前とは云え流石アメコミ映画。
(原作はDCコミック「ヘルブレイザー」)

映画はやはり客電が点くまでが映画です。

それにしても自称キアヌ・リーブスファンが
がっくり肩を落とすような映画とは
どのような映画だったのでしょう?

当時の私の印象を一言で云うと
ずばり「禁煙運動推奨映画」。

今や西に行っても東に行っても肩身の狭い喫煙者。
ジブリ映画「風立ちぬ」での喫煙シーンに
禁煙学会の苦言・批判が殺到したかと思うと
アメリカでは2014年に
ウォルト・ディズニー・スタジオの会長兼CEOの
ボブ・アイガー氏が、ディズニーの子供向け映画に
喫煙シーンを入れることを禁止すると発表するくらい
映画界においても規制が年々厳しくなっております。

その動向をいち早くキャッチし、アメコミ映画の形を借りて
「喫煙による健康障害」を訴えかけているのがこの映画でした。
 



続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ