2015/9/24

今のオレ達「博打打ち」未来のオレ達「ジャンプ1」  MOVIE

え〜っと本日の映画は
試写会で他人様より少しばかりお先に見てきた

「バクマン。」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ご存知の方も多いと思いますが、
この映画もまた今やシネコンで上映される
邦画のほぼ半数を占める(と思われる)
「マンガを実写化した作品」となります。

しかも原作は天下の「週刊少年ジャンプ」に
2008年から2012年まで連載され
単行本累計発行部数は
なんと「1500万部」だってばよ!!?

クリックすると元のサイズで表示します
人気漫画→映画化のご時世一体どこを「売り文句」にすれば良いか迷うところです。

と、とりあえず驚いてはみたものの
この記録が凄いんだかどうなんだか判りません。
(ちなみに「DEATH NOTE」は3000万部突破
…え?半分?!)

連載がすでに終了している分、
他の「マンガの実写映画」とは一線を画し
伏線が回収されないままエンドロールに突入したり
エンドロールが終わったかと思うと続編を匂わせるような映像が
おまけでつくような心配もなく
1本の映画として安心して見ることができると踏んで
何の迷いもなく試写会に応募し、そして、当選いたしました。

ありがとうございますKNB北日本放送。

と、云っても私、
原作が雑誌連載されていた頃には完全に
「少年ジャンプ」は卒業しておりまして
殆ど読んでおりません。

だからと云って全く本作についての知識がないかと云うと
そう云う訳でもないのが
「少年ジャンプ」が
日本で最も売れているマンガ雑誌と称される所以でして


主人公の真城最高(サイコー)は
幼い頃「少年ジャンプ」に連載を持つ漫画家
叔父の川口たろうの影響を受け
自身も漫画家を目指していたものの
叔父の過労死をきっかけにその夢を捨ててしまいます。

やがて時は流れ、高校生になった最高は
ある日クラスメイトの高木秋人(シュージン)に
「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われます。

ジャンプ特有のアンケート至上主義に則り
連載を打ち切られ失意の中亡くなった叔父を思い出し
一旦は「漫画家なんて俺には無理!無理!」
と、誘いを突っぱねる最高でしたが、
片思いの相手亜豆美保が声優を目指していることを知り、
会話の流れから
「自分も漫画家になり、もし作品がアニメ化されたら
ヒロインの声をやってほしい」
と、お願いするついでにちゃっかりプロポーズ。

ダメ元のつもりが、亜豆が
「ずっと待ってる」
と云うなんというかかなり期待を持たせる返事をしてきたため
今更に引くに引けなくなった最高は秋人と共に
まんが道に足を踏み入れることに。

まだ漫画らしい漫画は1本も描いていないけど
持ち込むのなら絶対「少年ジャンプ」!!
これだけは譲れません!!
と、意気込む最高。

その日から、
川口たろうが使っていた仕事場で原稿を描き始める2人。

持つべきは何であれ遺産を残してくれる親戚ですね。

ペンすらまともに持ったことがなかった最高でしたが、
秋人の絵コンテを元に一銭のお金も使うことなく
叔父が残した原稿用紙、筆記具、インク、スケール
ロッドリング、絵の具、スクリーントーンを
ここぞとばかり使いまくり処女作を完成。

原稿を手に秋人とともに集英社に乗り込んだら
意外にも編集者の感触は上々。

こうなったら絶対に獲るぞ「手塚賞」!!
目指すは週刊連載!!

ところが、そんな2人の前に同じ高校生で
一足先にデビューした
自他とも認める天才漫画家新妻エイジが
立ちはだかるのでした。

はたして最高と秋人のコンビ「亜城木夢叶」は
最強ライバル新妻エイジに勝つことができるのでしょうか?!

…ってあれ?
これもジャンプお得意のバトル漫画なの?



と、この程度なら私でも常識として知っているのです。

かように原作を読んでもいないのに
ストーリーはおろか登場人物の名前もあらかた判るあたりが
「少年ジャンプ」のなせる技と云えましょう。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ