2015/8/28

ズキーンとしびれることを教えてあげるからついて来な!!  MOVIE

15年ほど前のことです。
その日、私は友人の家に泊りがけで遊びに行っておりました。
やがて夜も更け友人の子供たちも床に就き
さあ、ここからは大人タイム。

とりあえずテレビでもつけてと、電源を入れるや
映し出された映像に私たちは度肝を抜かされました。

チャンネルはCS「東映チャンネル」
(月額視聴料1620円)。

放映中の映画が何かも判らず
慌ててチャンネルを変える友人。

そして、何事もなかったかのように
DVDデッキに前もってレンタルしておいた
彼女お薦めのDVDをセットしたと思うのですが、
残念なことに結局その夜何を見たのかは覚えていません。

ほんの数分テレビに映し出された衝撃映像が
それ以外の記憶を全て奪ってしまったのです。

ああ、あれは夢の中の出来事だったのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

その後、ふと思い出し
Google検索をかけてみたところ
それらしき映画の予告編がいとも簡単に見つかりました。

もちろんその中にはあの衝撃のシーンも。

クリックすると元のサイズで表示します
刺激が強すぎて「脳天までシビれる」そうです。

草原を横1列になって一斉に走り出す数台のバイク。
フューエルタンクには全裸の女性が横たわり
バイクを運転しながらセックスをし最後まで走り抜いた者が
バイク乗りとしても男としても勝者となります。
(そして、映画では全員が途中で脱落します。)

…意味わからん。

流石ライダーもので44年も
コンスタントに稼いでいる東映だけに
発想が斜め上を行っています。

予告編によりますと
「カーセックスなんて古いぜ!
これからはオートバイセックスの時代だ!」
だそうです。

とは云うものの案外「時代」というものは
発信元が期待するほど広まらないもので
大国アメリカでさえもようやく一昨年
おしゃれヒッピ・ホッパー、カニエ・ウェストの手により
オートバイセックスの時代に追いつくことができました。


アハーン、ハニー。

ということで本日の映画は
知る人ぞ知る昭和の名作映画
鈴木則文監督作品「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」(1972)

クリックすると元のサイズで表示します
そうそう昭和の映画館と云えば柱に貼れる縦長のポスター。

です。

本作で鈴木則文監督と共に脚本を共著した
皆川隆之第1回監督作品
「狂走セックス族」(1973)でも
作中でオートバイセックスが使われていることからも
当時でもかなりセンセーショナルなアイデアだったのでしょう。

他にも奇抜なアイデアがふんだんに登場し
昭和から平成と時代が大幅に経過した今見ても
とても斬新な映画です。

予告編では、「カーセックスなんて(以下略)」以外にも
「驚異のカーアクション スピード スリル」
と、仰々しいテロップが入っておりますが、
それさえも昨今のハリウッドのカーアクションに見慣れた目には


今やカーアクションは空中で行われます。

あまりのスピード感、スリル感のゆるゆるぶりに
ちょっと泣けてきます。

これもまた斬新に感じられるのではないでしょうか?

続きを読む
0

2015/8/27

カオルちゃん最強伝説  MOVIE

予告編につづき




ちなみにミニオンもフジテレビと非常に深い関係にあります。

が終わると黒地に白文字で
「ネタバレ禁止」をお願いする文章が…。

すみません。
私、この映画で始めて
「アンフェア」シリーズを見るような「アンフェア」な観客ですので
何がどこまで「ネタバレ」か判りません。

だからと行ってこれから全作品を見るとなると
ざっと20時間は越えてしまうと考え
テレビドラマ全11話
テレビスペシャル全3回
「雪平夏見、最後の事件」詐欺な映画前作2本
をいっさい見ないまま本作だけを見てきました
「アンフェア the END」。

なぜなら試写会に当選したから。

クリックすると元のサイズで表示します
「最後の事件」で映画3本分引っ張りました。

「アンフェア」というと
一度もシリーズを見たことがない私でも知っているのが
「雪平さんって無駄に美人ですよね。」
「バカかお前は。」
というやり取りですが

美人だから10年も続いたんだよ!!!
ヒロインが山村紅葉だったら2時間で終わっとるわ!!!


と、私は力説したいわけです。
20時間と云う長さを前にドラマ視聴を断念した癖に
云う事だけはいっちょまえ。

だってねえ、こんな大作見直す気などさらさら起こりません。
映画版だけでも計4時間ですよ?
(その後フジテレビ系列で地上波放送され
無料動画「Gyao」でも配信されました。
でも、頑なに見ない。)

ここは潔く
「ドラマを見てない私でも楽しめますか?」試写会第2弾。
(第1弾は「S −最後の警官− 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」…タイトル長いよ!)

まあ、結論といたしましては


続きを読む
0

2015/8/20

時の過ぎゆくままに この身をまかせ  MOVIE

本日の映画は

「ザ・タイガース 世界はボクらを待っている」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

劇場公開されたのは1968年(昭和43年)。
GS(グループ・サウンズ)全盛期です。

GSとは何かをもの凄く簡単に説明すると
「エレキ・ギターを中心とする小編成のロック・バンド」
ということになりますが、
おそらくそんな説明では到底収まりがつかないのがGS。

ここでくどくどと説明していると長くなりますので
GSという言葉をご存知ない方は、
お手数ですが、ご自分でお調べください。

まあ、百聞は一見にしかず。

当時どれだけGSがブームであったかは
この映画の冒頭を見ていただくだけで一目瞭然です。

日劇(日本劇場)の前には
GSにとって象徴的な行事である
日劇ウエスタンカーニバル」の会場に入りきれない人々が
溢れかえっているのです。

クリックすると元のサイズで表示します
見ろ!人がゴミのようだ!!ハッハッハッハッ!! 最高のショーだと思わんかね?

中でも1967年に「僕のマリー」でデビューしたザ・タイガースは
ザ・テンプターズ、オックスとともに「GS御三家」と呼ばれ
コンサート会場で転倒事故が怒ったり
ファンによるコンサート入場券偽造事件が発生するほど
人気があったそうです。

1968年当時
ボーカル&タンバリン:沢田研二(ジュリー)
ベース&コーラス:岸部おさみ(サリー)
リードギター&コーラス:&ボーカル:加橋かつみ(トッポ)
リズムギター&コーラス森本太郎(タロー)
ドラムス:瞳みのる(ピー)
の5名がバンドメンバーでした。

ボーカルの沢田研二はその後ソロデビューし
現在も歌手活動を続けておりますので
ある年代から上の方にとっては
彼が何者かはいわずもがなと思います。

全盛期は年間のテレビ出演が700本以上、
ラジオ300本、取材300本、地方公演100日
と云うのですから、どれだけ人気だったか窺い知れましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
デビューから1年。初々しい20歳のジュリー。

しかし、時は流れ平成の現在では
その沢田研二以上に世間に顔を知られているのが
バンドリーダーのサリーこと岸部おさみ、
「ようこそケンミン王国へ」のCMでもおなじみの


このCM、地元では放送されていないのですが「なんやねんこれ」。

岸部一徳さんです。

最初に画面に出てきたときは
若干今より前歯が前のめりだったため
認識するまでに時間がかかりましたが、
よ〜く見れば面影が十分に残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
きゃあああ!サリー!!!

当時21歳。
演技もスターとしてのオーラもいまいちですが、
コーラスの時はちゃんと声を聞き分けることができます。

ということで
そんなザ・タイガース人気に肖って作られた映画の内容は…

続きを読む
0

2015/8/10

あの人は悪魔 私をとりこにする  MOVIE

本日の映画は
「悪魔の存在を証明した男」

クリックすると元のサイズで表示します

と云う映画です。

「降霊術、催眠術、黒魔術…あらゆる手段を尽くして、
悪魔の存在を証明する新感覚エビデンス・スリラー」
(エビデンス evidence=「証拠、根拠、証言」)
と云う触れ込みですが、
勿論ドキュメンタリーではなく
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999年)以降
無尽蔵に作られたモキュメンタリーホラー映画の一つです。

それにしても
「エビデンス・スリラー」という単語を見て
「ああ、証拠のことね」なんてピンとくる人は
どれだけ日本にいるのでしょうか?
これが「サバイバル・アクション・スリラー」とか
「サスペンス・スリラー」とかならまだしも。

他にも
「ホーム・インベージョン・ホラー」と云われていますが、
インベーションって何なのよもう!(答え:侵入)

とまあ、想像以上に細かいジャンル分けが増幅中(らしい)
ホラー界ですが、
「フォースカインド」の
スコット・ニーマイヤー製作総指揮というのが
この映画の最大の売り
監督のデヴィット・イァングにとっては
これが初めての監督作品であり
主演のシェーン・ジョンソンにとっても
始めての主演作品と思われます。

とりあえず、日本では
インパクトのある邦題で勝負をかけています。
(原題は「マイケル・キング(主人公の名前)の証明」)

というわけで思惑通り
タイトルに惹かれて借りてきたのですが、
ホラー映画を殆ど見ない私にとっても
格別に目新しいものはなく、かといって
心底震え上がるほど怖いわけでもなく
「ああ、監督頑張っているなあ。
主演も頑張っているなあ。」
と、親戚のおばちゃんのような目で視聴させていただきました。
すまんのう、許してたもれ 。

続きを読む
0

2015/8/9

蒼井空 是 世界的  MOVIE

本日の映画は

TSUTAYAさんが
「この金土日は準新作・旧作96円レンタル」
なんて仰るものだから借りてきた
準新作DVD「アイスマン 超空の戦士」。

クリックすると元のサイズで表示します

です。

準新作とは云え最寄りのTSUTAYAでは
棚4棹分のDVDがあるというのに
何故よりによってこれをチョイスしてしまったのか…。

真っ当なドニー・イェンファンなら
「スペシャルID 特殊身分」を借りているだろうに
何故これを…。

しかし、この映画、世界に国は数あれど
おそらく香港で(いや、「に」か)しか
撮ることがない映画だったのです。



続きを読む
1

2015/8/8

最終兵器彼女  MOVIE

本日の映画は

公式サイトのトップページのデザインが秀逸な

「サプライズ」



です。

原題は「You’re Next」

クリックすると元のサイズで表示します
タイトルの登場のかなり秀逸です。


と、ホラーにうってつけなタイトルがついていますが、
いかんせんこのような原題は
日本語に置き換えるとタイトルではなく
キャッチコピーとして見られかねません。

クリックすると元のサイズで表示します
こういうことですね。(タイトル「学校の怪談4」)


そこれどこをどう辿ってつけられたかは判りませんが、
邦題はインパクト重視な「サプライズ」です。

このDVDがまだ「新作2泊3日430円」だった頃、
ふと目に入った映画レビューに
「未見の方は読まないでください」みたいなことが
書かれてあったのでここは素直にお言葉に従って
前情報を入れない状態で視聴いたしました。

結果としてはナイスアドバイス!
ご忠告ありがとうございました。




続きを読む
0
タグ: サプライズ

2015/8/8

「俺たち終わっちゃったのかなぁ」 「バカヤロウ!まだ始まっちゃいねぇよ」  MOVIE

本日の映画は

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

大好きなシリーズなので字幕版、吹替え版とも見ました。
心ゆくまで楽しみたかったので
劇場に行く前に過去シリーズも見直しました。
そのぐらい力を入れた状態で見てきました。
予告編等の事前情報も極力避けて見てきました。

大好きです。

その実体験を踏まえ、私ごときが僭越と思いますが、
これからご覧になる方は前作
「ゴースト・プロトコル」を見ておくと
よろしいかと思います。
(ラストシーンが本作の敵と繋がるので。)

鑑賞後の感想を端的な言葉で表すと

「『スパイ大作戦』と見ていたはずが
気が付いたら『特攻野郎Aチーム』になっていた…。」

です。

え?何云ってるのか判らない?
すみません。
私もよく判っていません。
そのくらい心が舞い上がっています。

ちなみに感想ではなく印象は
「ようやくチームメンバーが揃いようやくシリーズが始まった。」
です。

今回のキーワードはずばり「友達」です。
いいですよね、男同士の友情って!

と、鑑賞後は興奮冷めやらずだったのですが、
mixiでの生粋の映画ファンのマイミクさんたちの感想が
概ね
「トム、歳をとったな。」
「トム、死なない。」
「ヒロイン、老けすぎ。」
「ヒロイン、30代に見えない。」
「シリーズ、もうこの辺で終わって良いんじゃない?」
「もう惰性で見ている。」
「悪役、小物だったな。」
(悪役より不可能な作戦に立ち向かうシリーズだから仕方ない?)


私としましては
「そこ?!」
と云う暗澹とした気分を味わっております。

いや、確かにそうですし
私もついこういった物言いをしてしまうことがありますが、
他人が書いているのを目の当たりにすると
「人の振り見て我が振り直せ」と云う言葉が
じわりじわりボディに効いてきますな。

それにしたって
「トム、老けた」で盛り上がられても…。

なんで実年齢と見た目年齢の話がそんなに好きなの?
(何故か映画の話になると
キャストの年齢や美醜の話に落ち着くことが多いのです。)

と、噛みつきたいところですが
彼女たちと比べると見ている映画の本数が
圧倒的に少ない私が何か意見するのは
大変烏滸がましいのでここでコッソリぶっちゃけています。

だってですよ?

本作の見どころは
古参のルーサー(ヴィング・レイムス)が
「イーサンは俺のダチだ。」と宣言すると、
それに負けじと
新参ブラント(ジェレミー・レナー)も
「イーサンは友人だ。」と主張。
その2人の預かり知らないところで
ベンジー(サイモン・ペグ)が
「イーサンは僕の友達だ。」
と、イーサンに直接思いを伝えたばかりか
その後ずっといちゃいちゃしている
というところじゃないですか。

クリックすると元のサイズで表示します
もはや、仲間じゃないんですよ、彼らの関係は。

このそれぞれの「ダチ」「友人」「友達」という
邦訳の使い分けと
イーサンが相手を呼ぶとき
ファーストネームかファミリーネームかと云う違いや
黒幕ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)の
メガネ姿とそこはかとなく漂うフリーザ様感
をニヤニヤと楽しみながら
ニュー(そして、本シリーズ最強の)ヒロイン(*)
イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)の
太腿捌きに驚嘆しているようでは

クリックすると元のサイズで表示します
技をかけられる男の人にとっては夢のような一時。

百戦錬磨な映画ファンのマイミクの皆様と比べ
いかにも青臭い感想しか持てず
本作を理解しているとはとても云えないように思え
妙な疎外感に苛まれております。

逃亡中のイーサンがベンジーの力を借りたいため
プレゼント当選と偽ってオペラの招待券を2枚送ったのに
ウィーンにはベンジー一人しか来ず
しかもイーサンはべンジーが一人で来ることを判ってやっている
ところなんて超ツボなのに…。

それから、モロッコで
イーサンとベンジーが乗る車と
ブラントとルーサーの乗る四駆が
すれ違うシーンも何度見直したいことか。

それらを全部すっ飛ばして
「トム、歳をとったな。」だと!!!!
そりゃ取るよ、トムだって一応人間だもの。

過去4作を経てようやく
イーサン・チームができてきたというのに
何故シリーズ終了を望むのか…。
「(トム・クルーズが)あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」
ならまだしも。

というわけでそのうち「続きを見る」以降
書き足すかもしれませんが、
気持ちが一向に収まらぬため
今宵はここまでに致しとうござりまする。



(*)
ここで本作のヒロインをイルサと捉えるか、
ベンジーと捉えるかで
この映画の見方と楽しみ方が変わります。
0

2015/8/5

聖★おにいさん  MOVIE

本日の映画は
我々日本人、特にうら若き日本人女性がイメージする
スウェーデンをぎゅっと押し込めたような
映画「シンプル・シモン」

クリックすると元のサイズで表示します
このジャケットからしてもう…。


です。

まあ、とにかく右を見ても左を見てもオシャレ。
映画自体が「北欧デザイン」。
これ1本「見た」と云っておけば女子力UP。

北欧と云うと良く使われる言葉に
「シンプル・モダン」と云う言葉がありますが、
そこから由来でしょうか、このタイトル(邦題英題ともに)。

原題は「I rymden finns inga känslor」
(訳すと「空間では何の感情はありません」)
ですが、
邦題が下手にくどくど長ったらしくないあたりも
映画女子には嬉しいところ。




続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ