2015/7/5

You talk of times of peace for all and then prepare for war.  MOVIE

本日の映画は

2013年の映画
「フィフス・エステート/世界から狙われた男」

クリックすると元のサイズで表示します

と映画です。

上の画像を見ていただいてもお判りのように
主演は、未だに
「日本映画雑誌の表紙は俺に任せろ」な
ベネディクト・カンバーバッチです。
出世作「SHERLOCK シャーロック」がある限り
後5年は安泰なベネディクト・カンバーバッチです。

ところが、そんな人気俳優が主演しているというのに
日本では劇場公開されることはなく
まずはビデオ・オン・デマンドが開始され
後にソフト発売されたのがこの映画。

2013年と云えば、
ベネディクト・カンバーバッチが
ノリにノッテいた年(出演映画が5本)のはず…。

本来ならカンバーバッチ人気に託けて
シネコン公開しそうなものを
WHY JAPANESE PEOPLE!!!!

と、今流行のフレーズで叫んでみたところ
理由は単純明快でして、
配給会社に力が入っていないのも無理がなく
2013年に封切られたハリウッドのメジャー映画作品の中で
「最も製作費を回収出来なかった作品」
だったからです。

身も蓋も無い理由ですね。

配給会社も二の足を踏むわ。
むしろ主演が主演だったので
DVDスルーまでには扱ぎつけることができたのです。

Wikipediaの記事によると
この映画はあろうことか
製作費は$28,000,000ところ
興行収入は$8,555,008(←何この端数は?)
と云う大赤字を出したようなのです。

まあ、そういった裏事情はDVDを見終わってから
資料を読んではじめて知ったことで、
予備知識なしでただ見る分には結構面白い映画でした。

 



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ