2015/7/4

人は自ら悪魔を創る  MOVIE

本日の映画は
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」

クリックすると元のサイズで表示します
準備はいつでもOKよ。予告編も一切見ないで待ってたわ。

です。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」と呼ばれる
アメコミ映画シリーズの最新作。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」では
2008年の映画「アイアンマン」から
2012年の「アベンジャーズ」(第6作目)までを
「フェイズ1」と分類し、
それに続く「フェイズ2」の締めくくりが本作に当たります。

…え?「アントマン」が締めくくりなの?
本作じゃなくて?

…。
まあ、気を取り直して
その「フェイズ2」の第1作目にあたるのは
2013年に公開された「アイアンマン3」です。

「アイアンマン3」は主人公である
アイアンマンことトニー・スタークのこのような科白で
一旦幕と閉じております。

「純粋な理想や探究心から始まってものが
過ちへと変わる
名誉失墜
人は自ら悪魔を創る
約束どおりペッパーの治療法を見つけた
だが 進化を止める必要があるのか
科学は危険だと言う人々は
胸の中に破片がない連中だ
そして今 私もそうなる
こんなに眠ったのは何年かぶりだ
最後にひと言締めくくるなら
アイアンマン・スーツは
現実逃避でも趣味でもない繭だった
そして今
私は生まれ変わった
私の自宅やスーツを奪えても
これだけは奪えない
私はアイアンマン」

と云って
これまで作ったアイアンマンスーツを全て破棄し
さらには長年に心臓に巣食っていた
あの忌まわしきアークリアクターを取り外し
生まれ変わったトニー・スタークが
「やらかしちゃいました。」
というのが本作です。

クリックすると元のサイズで表示します
この教訓を聞き手の博士が寝ないで聞いてれば本作の騒動はなかったかも。

なにしろ冒頭からトニー・スタークは

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ