2015/4/30

事件は現場で起きてるんじゃないの、会議室で起きてるのよ  MOVIE

本日の映画は
試写会のエンドロール後の映像で
スペシャルサポーターのIVANちゃんが

クリックすると元のサイズで表示します
向かって左がIVANちゃん。メキシコ出身ファッションモデル。

「あんたたちただで見たんだから感想書きなさいよ」
と申していた
「脳内ポイズンベリー」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ということで試写会に当選したお礼に
感想を書かせていただきます。

映画自体は
アラサーこじらせ女子が
23歳の年下男子と包容力溢れる社会人の年上男子の間で
心揺れ動く

…なんて
つい昨年、日テレが放映し平均視聴率16%を叩きだし
アラサーどころかアラフォー、アラフィフ女子の心を
がっちりつかんだ(主に田之倉君こと福士蒼汰が)
「きょうは会社休みます。」
の設定そのままの映画です。

どちらも誕生から80年も経ち
今や恋も飽和状態となっている少女マンガが原作ですので
多少設定が被ってもなんらおかしくないわけです。

ただ、綾瀬はるかならまだしも
そんな少女マンガ少女マンガした実写映画に
「無名塾」からの叩き上げ、真木よう子様を起用するのは
なんとも役不足な…
と、正直試写会を見る前までは思っておりました。

しかし、そこは真木よう子様。
2013年に各主演女優賞を総なめにした
演技力をいかんなく発揮しているではないですか。

特に年下彼氏を気遣い、機嫌を損ねないよう
本心を包み隠して会話するシーンの上手さときたら…。

客層を鑑みて女としての最大の武器とも云える巨乳は
シーツやモザイクで隠しても
類まれない演技力は隠しきれないようです。

問題は、そんな真木よう子様演じる櫻井いちこ

クリックすると元のサイズで表示します
一見ミスキャストのようですが…。

が迎え撃つ
予測不可能なアート系年下男子、早乙女と
堅実で優しい反面ときめきを感じられない年上男性、越智
を演じるこの2人。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ