2015/4/28

バラはバラになろうと望んでいる。岩は岩になろうとしている。何を笑う?  MOVIE

本日の映画
「太秦ライムライト」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

タイトルからもお判りのように
チャールズ・チャップリンの名作「ライムライト」の
ストーリーを下敷きに
舞台を日本の京都太秦撮影所に移した作品となっております。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで冒頭にはこのような文章が…。

「ライムライト」というと
私たちの世代では英語の教科書にテキストとして
ストーリーが載っていたほどの
名画中の名画ですが、実際には見たことはありません。

ふつう、教科書に出てきた段階で教師が気を利かして
ビデオなりLD(=レーザーディスク)なりを買い込んで
生徒のために視聴覚室で映写会を開いてくれても
よさそうなものですが、
そこまで粋な校風でなかったことが悔やまれます。

さて、本家「ライムライト」の主人公は
演じるチャップリンを彷彿させる老コメディアンと
なっておりましたが、
こちらでは
「日本一の斬られ役」との声も名高い福本清三先生が
初主演に挑まれております。

クリックすると元のサイズで表示します
御年72歳。北大路欣也さんと同い年。

福本清三先生はあのトム・クルーズ主演「ラストサムライ」で
寡黙な侍(the Silent Samurai)役として
ハリウッドレビューされておられるので
お若い方でもご存知の方は多いと思います。


稽古の様子を少年(池松壮亮)と見護っている老剣士が福本清三先生です。

とは云え、今や「日本一の斬られ役」も
かつては「時代劇でちょいちょい顔を見るけれども
エンドクレジットの配役を見ても端役過ぎて名前が判らない」
ような大部屋俳優でした。

私が福本清三先生を知ったのは、御多分に漏れず、
1992年6月5日に放送された
バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(テレビ朝日)
のおかげです。


この回です。今見るとむしろ「この人」の方が気になります。

もちろん、それ以前から
時代劇で何度もお顔を拝見していたものの
名前までは存じ上げておりませんでした。

それでもこの回の依頼文の冒頭
私に依頼はある人物についてのお願いなのですが、その人は俳優さんで、所謂痩せ浪人やうらぶれて用心棒等の役が多くいつも悪徳商人に『先生、お願いします。』と煽てられ正義の味方に斬りかかっていき必ず無念の形相で殺されてしまう脇役です。
と聞いただけで
「これはあのお方に違いない!!」
とパッと顔が頭に思い浮かんだ福本清三先生。

翌日、同じく年少の頃から時代劇に慣れ親しんでいる友人と
「『先生』は福本清三と云う名前だったのか。」
と語りあったものも今ではいい思い出です。

そんな福本清三先生が世間一般に認知されてから
20余年の歳月が流れ、1992年当時には
NHK、TBS、テレ朝、テレ東に
それぞれ週1で放送されていたテレビ時代劇は
現在、誰もが認める絶滅危惧種となっており
NHK総合「木曜時代劇」の枠だけが
かろうじて現存していると云う有様です。

ここで云っている時代劇とは
時代劇の中でも「チャンバラ」と呼ばれる痛快時代劇のことで
ドラマ性を重視した大河ドラマでさえ
視聴率が10%に届かなくなってきているというではないですか。

このままでは日本の時代劇がお茶の間から
本当に消えてしまう日もそう遠くありません。

クリックすると元のサイズで表示します
それはチャンバラ時代劇と云うジャンルにおいても同じこと。

そのため
本作は、福本清三先生演じる主人公の境遇ばかりではなく
時代劇が凋落していく様を描いた作品となっておりますが、


以降「イン・ザ・ヒーロー」のネタバレもあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ