2015/4/18

愚かなる吾れをも友とめづ人はわがとも友とめでよ人々  MOVIE

本日の映画は

「ウィズネイルと僕 」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

公式twitterによりますと
イギリスやアメリカではカルト的人気を誇るものの、
日本では1991年に吉祥寺バウスシアターで
限定的に上映されたのみで、
ビデオやDVDも未発売となっていた

映画だそうで
名前だけは目にしていたもののどういう映画か全く知らないまま
「製作から27年/日本初公開から23年の時を経て、
遂にスクリーンに甦」り、
この度DVDリリースされたものを
準新作になるのを待ってレンタルしてきました。

どういう映画かと申しますと、監督ブルース・ロビンソンの
半自伝的な要素を多分に含んでおり、
登場するキャラクターは、
全て実在の人物をベースにしているそうです。

タイトルでの「僕」が若かりし日の監督と云う訳ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
2人とも俳優ですが、売れる感じが全くしません。

では、ウィズネイルとはいかなる人物なのか。
 
DVDジャケット写真とうっすら漏れ聞こえてくる前評判では
なんとはなく「僕」との間に
BLめいたものがありそうな感じがますが、
これが、「腐れ縁」とか「悪友」とかそう云った言葉で
括れるような半端な人物ではなかったのです。







続きを読む
0

2015/4/18

線路は続くよどこまでも  MOVIE

本日の映画は

シャー・ルク・カーン&ディーピカー・パードゥコーンの
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」コンビが贈る
ロードムービー形式のラブストーリーもの

「チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 」

クリックすると元のサイズで表示します
DVDジャケットでは拳銃を構えていますがそんなシーンあったっけ?

です。

それにしてもこの日本版のDVDジャケット、
いったいどうしたものでしょう。

オリジナルのイメージビジュアルと比べると
配給会社の苦心の痕が窺い知れるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
インドのポスターの一部。これで一部です。それだけ力入ってるの?

日本のDVDジャケットだけを見ると
これから見る映画はおそらくは
列車を舞台としたB級アクション。
(いや、インド版宣材も相当アクション映画っぽいのですが。)

うっかり、このような映画↓を
想像してしまうのではないでしょうか?


ケイシー・ライバック!!

しかし、そこはシャー・ルク・カーン主演ですので
女性の皆様はご安心を。
中身はベタベタのラブストーリー仕立てとなっております。
そこのところは私のようなことにならぬよう
くれぐれもお間違えの無いように。

では、映画のストーリーを追っていくといたしましょう。

 
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ