2015/4/30

事件は現場で起きてるんじゃないの、会議室で起きてるのよ  MOVIE

本日の映画は
試写会のエンドロール後の映像で
スペシャルサポーターのIVANちゃんが

クリックすると元のサイズで表示します
向かって左がIVANちゃん。メキシコ出身ファッションモデル。

「あんたたちただで見たんだから感想書きなさいよ」
と申していた
「脳内ポイズンベリー」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ということで試写会に当選したお礼に
感想を書かせていただきます。

映画自体は
アラサーこじらせ女子が
23歳の年下男子と包容力溢れる社会人の年上男子の間で
心揺れ動く

…なんて
つい昨年、日テレが放映し平均視聴率16%を叩きだし
アラサーどころかアラフォー、アラフィフ女子の心を
がっちりつかんだ(主に田之倉君こと福士蒼汰が)
「きょうは会社休みます。」
の設定そのままの映画です。

どちらも誕生から80年も経ち
今や恋も飽和状態となっている少女マンガが原作ですので
多少設定が被ってもなんらおかしくないわけです。

ただ、綾瀬はるかならまだしも
そんな少女マンガ少女マンガした実写映画に
「無名塾」からの叩き上げ、真木よう子様を起用するのは
なんとも役不足な…
と、正直試写会を見る前までは思っておりました。

しかし、そこは真木よう子様。
2013年に各主演女優賞を総なめにした
演技力をいかんなく発揮しているではないですか。

特に年下彼氏を気遣い、機嫌を損ねないよう
本心を包み隠して会話するシーンの上手さときたら…。

客層を鑑みて女としての最大の武器とも云える巨乳は
シーツやモザイクで隠しても
類まれない演技力は隠しきれないようです。

問題は、そんな真木よう子様演じる櫻井いちこ

クリックすると元のサイズで表示します
一見ミスキャストのようですが…。

が迎え撃つ
予測不可能なアート系年下男子、早乙女と
堅実で優しい反面ときめきを感じられない年上男性、越智
を演じるこの2人。



続きを読む
0

2015/4/28

バラはバラになろうと望んでいる。岩は岩になろうとしている。何を笑う?  MOVIE

本日の映画
「太秦ライムライト」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

タイトルからもお判りのように
チャールズ・チャップリンの名作「ライムライト」の
ストーリーを下敷きに
舞台を日本の京都太秦撮影所に移した作品となっております。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで冒頭にはこのような文章が…。

「ライムライト」というと
私たちの世代では英語の教科書にテキストとして
ストーリーが載っていたほどの
名画中の名画ですが、実際には見たことはありません。

ふつう、教科書に出てきた段階で教師が気を利かして
ビデオなりLD(=レーザーディスク)なりを買い込んで
生徒のために視聴覚室で映写会を開いてくれても
よさそうなものですが、
そこまで粋な校風でなかったことが悔やまれます。

さて、本家「ライムライト」の主人公は
演じるチャップリンを彷彿させる老コメディアンと
なっておりましたが、
こちらでは
「日本一の斬られ役」との声も名高い福本清三先生が
初主演に挑まれております。

クリックすると元のサイズで表示します
御年72歳。北大路欣也さんと同い年。

福本清三先生はあのトム・クルーズ主演「ラストサムライ」で
寡黙な侍(the Silent Samurai)役として
ハリウッドレビューされておられるので
お若い方でもご存知の方は多いと思います。


稽古の様子を少年(池松壮亮)と見護っている老剣士が福本清三先生です。

とは云え、今や「日本一の斬られ役」も
かつては「時代劇でちょいちょい顔を見るけれども
エンドクレジットの配役を見ても端役過ぎて名前が判らない」
ような大部屋俳優でした。

私が福本清三先生を知ったのは、御多分に漏れず、
1992年6月5日に放送された
バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(テレビ朝日)
のおかげです。


この回です。今見るとむしろ「この人」の方が気になります。

もちろん、それ以前から
時代劇で何度もお顔を拝見していたものの
名前までは存じ上げておりませんでした。

それでもこの回の依頼文の冒頭
私に依頼はある人物についてのお願いなのですが、その人は俳優さんで、所謂痩せ浪人やうらぶれて用心棒等の役が多くいつも悪徳商人に『先生、お願いします。』と煽てられ正義の味方に斬りかかっていき必ず無念の形相で殺されてしまう脇役です。
と聞いただけで
「これはあのお方に違いない!!」
とパッと顔が頭に思い浮かんだ福本清三先生。

翌日、同じく年少の頃から時代劇に慣れ親しんでいる友人と
「『先生』は福本清三と云う名前だったのか。」
と語りあったものも今ではいい思い出です。

そんな福本清三先生が世間一般に認知されてから
20余年の歳月が流れ、1992年当時には
NHK、TBS、テレ朝、テレ東に
それぞれ週1で放送されていたテレビ時代劇は
現在、誰もが認める絶滅危惧種となっており
NHK総合「木曜時代劇」の枠だけが
かろうじて現存していると云う有様です。

ここで云っている時代劇とは
時代劇の中でも「チャンバラ」と呼ばれる痛快時代劇のことで
ドラマ性を重視した大河ドラマでさえ
視聴率が10%に届かなくなってきているというではないですか。

このままでは日本の時代劇がお茶の間から
本当に消えてしまう日もそう遠くありません。

クリックすると元のサイズで表示します
それはチャンバラ時代劇と云うジャンルにおいても同じこと。

そのため
本作は、福本清三先生演じる主人公の境遇ばかりではなく
時代劇が凋落していく様を描いた作品となっておりますが、


以降「イン・ザ・ヒーロー」のネタバレもあります。
0

2015/4/18

愚かなる吾れをも友とめづ人はわがとも友とめでよ人々  MOVIE

本日の映画は

「ウィズネイルと僕 」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

公式twitterによりますと
イギリスやアメリカではカルト的人気を誇るものの、
日本では1991年に吉祥寺バウスシアターで
限定的に上映されたのみで、
ビデオやDVDも未発売となっていた

映画だそうで
名前だけは目にしていたもののどういう映画か全く知らないまま
「製作から27年/日本初公開から23年の時を経て、
遂にスクリーンに甦」り、
この度DVDリリースされたものを
準新作になるのを待ってレンタルしてきました。

どういう映画かと申しますと、監督ブルース・ロビンソンの
半自伝的な要素を多分に含んでおり、
登場するキャラクターは、
全て実在の人物をベースにしているそうです。

タイトルでの「僕」が若かりし日の監督と云う訳ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
2人とも俳優ですが、売れる感じが全くしません。

では、ウィズネイルとはいかなる人物なのか。
 
DVDジャケット写真とうっすら漏れ聞こえてくる前評判では
なんとはなく「僕」との間に
BLめいたものがありそうな感じがますが、
これが、「腐れ縁」とか「悪友」とかそう云った言葉で
括れるような半端な人物ではなかったのです。







続きを読む
0

2015/4/18

線路は続くよどこまでも  MOVIE

本日の映画は

シャー・ルク・カーン&ディーピカー・パードゥコーンの
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」コンビが贈る
ロードムービー形式のラブストーリーもの

「チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 」

クリックすると元のサイズで表示します
DVDジャケットでは拳銃を構えていますがそんなシーンあったっけ?

です。

それにしてもこの日本版のDVDジャケット、
いったいどうしたものでしょう。

オリジナルのイメージビジュアルと比べると
配給会社の苦心の痕が窺い知れるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
インドのポスターの一部。これで一部です。それだけ力入ってるの?

日本のDVDジャケットだけを見ると
これから見る映画はおそらくは
列車を舞台としたB級アクション。
(いや、インド版宣材も相当アクション映画っぽいのですが。)

うっかり、このような映画↓を
想像してしまうのではないでしょうか?


ケイシー・ライバック!!

しかし、そこはシャー・ルク・カーン主演ですので
女性の皆様はご安心を。
中身はベタベタのラブストーリー仕立てとなっております。
そこのところは私のようなことにならぬよう
くれぐれもお間違えの無いように。

では、映画のストーリーを追っていくといたしましょう。

 
続きを読む
0

2015/4/13

インドの平和は私が守る!  MOVIE

本日の映画は「クリッシュ」

クリックすると元のサイズで表示します

というボリウッド映画です。

DVDスルー、加えて「TSUTAYAだけ!」という
大変市場の限られた映画ですので
いつも以上に宣伝に力が入っております。

なにしろ、DVDパッケージに
これ見よがしにレイアウトされた

「全世界の映画賞を席捲!
9部門受賞×22部門ノミネート」

「ニート兼スーパーヒーロー」
「カレーの国から参上。」


の宣伝文句。

一目でインド版のスーパーヒーローものと判ります。

まあ、惹句やタイトルロゴのセンスの無さには眼を瞑るとして
そのなかでも眼を惹くのは
「全世界の映画賞を席捲!」という煽り文句。

生憎日本のWikipediaを閲覧しても
詳しい情報が載っておらず
どのような賞を受賞したのか簡単には判りません。

しかし、そこは天下の「TSUTAYAだけ!」、
抜かりはありません。
同時期にレンタルしてきたインド映画
「チェンナイ・エクスプレス〜愛と勇気のヒーロー参上〜」
(これもDVDリリースは「TSUTSYAだけ!」)
に収録された日本版の予告編によりますと

クリックすると元のサイズで表示します
一般に日本で紹介される「最新全米映画興行成績ランキング」はTOP10までです。

だそうです。

第14位というテレ朝人気番組「お試しか!」において
発表された途端100万円チャレンジ終了となる順位では
凄いんだかどうなんだかよく解りません。

クリックすると元のサイズで表示します
なのでとりあえず思いつくだけの授賞歴を紹介しています。

クリックすると元のサイズで表示します
それも2つに分けて。

授賞歴以外にも
思いつくだけの賞賛を詰め込んだ予告編は
それだけでも一見の価値があります。

しかも締めがこれですよ!

クリックすると元のサイズで表示します
あ〜あ、やっちゃった。

もう、映画業界は金輪際
このキャッチコピーの使いまわしを永久追放しろ
と云いたいですね。

ということで
それなりに期待を持っていざDVDを再生してみると


続きを読む
0

2015/4/12

もう虜 朝が来るまで帰らない  MOVIE

本日の映画は

日本でDVD発売するに当たって
「ハングオーバー」シリーズを強く意識したことが
想像に難くないジャケットレイアウトと
アメリカンコメディの代名詞「俺たちシリーズ」に
肖った「オレたち最強バディ」と云う副題から
少しでも多くの人に映画を見てもらおうとする
配給会社の並々ならない苦労の痕が
垣間見れてそれはそれで切ないフランス映画
「ドント・ディスターブ! ♂オレたち最強バディ♂」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

クリックすると元のサイズで表示します
「ドント・ディスターブ」はホテルのドアに掛けるカードによく書かれています。

私もまんまと引っかかり
てっきりイケメン率の低い下ネタゆるゆる『俺たち』系おバカ映画
と思い本作のDVDをレジまで持っていったのですが、


…ん?
フランス映画?
アメリカンコメディではなくて?

と気が付いたのはDVDを再生してからのこと。

配給元の「アルバトロス」の商品説明によりますと
『最強のふたり』のフランソワ・クリュゼ、シャルロット・ゲンズブール等フランスを代表する俳優陣が競演! 本国フランスでスマッシュ・ヒットを記録した、笑って泣けるフレンチ・コメディ!!
だそうです。

あ、だから「最強バディ」なのね。
「最強のふたり」つながりで。

…う〜ん。
それってどうなの?

ジャケットにでかでかと書かれた
ノンケのふたり(←ここも「最強のふたり」つながり)がベッドイン?!迷えるオヤジたちの大暴走!!
から昨今のアメリカンコメディにありがちな
「大人になりきれないボンクラな男たちがバカをやる」
映画(内容的には確かにそうなんだけど…)
を想像してしまいがちですが、
実際にDVDを見てみると
迷えるオヤジではなく迷える配給会社が大暴走した結果
こんな宣伝になったことを思い知らされることになります。

クリックすると元のサイズで表示します
他の国はこんな感じ。一番左は「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」ぽい?

何故迷えるのが配給会社の方なのかと問えば

それはこれがフレンチコメディだから、です。

アメリカのコメディでも大当たりするのが
非常に稀な日本の映画界で
エスプリと云う独特の文化をもつフレンチコメディを売り込むのは
なおさらハードルが高いというもの。

さらに面倒なことにフレンチコメディは語る際、多くの場合
「笑い」の前に「上質の(or上質な)」と云う言葉が付くのです。
そんな国、他にあるでしょうか?

さらに判で押したかのように
映画解説に「くすっと笑えて」などと書かれてしまうのです。

アメリカのおバカ映画とは笑いのベクトルが違うため
日本配給会社お得意の「笑える映画」「爆笑必至!」
と云う常套句も使えません。
(この映画は平気で使っていますが…)

ということで(配給会社が)頑張った結果がこちらです。

 

続きを読む
0

2015/4/4

モンサンプルール パーフェクトウォーター  MOVIE

本日の映画は

「ぶどうのなみだ」と云う映画

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ご存じな方はご存じと思いますが、本作は
「2012年1月に公開され、小規模の公開ながら
興行収入3.8億をあげる大ヒットを記録した
しあわせのパン」のスタッフが大泉洋を主演に迎えて
贈るオリジナル北海道企画第2弾(wikipedia)」映画
となります。

「しあわせのパン」と云えば、
北海道の月浦ある実在の元パン屋&今カフェを舞台とした
正真正銘のご当地映画。
それなのに肝心の「ご当地」が日本のどこにも
存在しないように見えてしまう
のはなんでなの?

それだけに本作も見る前から
間口の狭い映画とは思っていましたが、
ここまで「見る人」を択ぶ映画とは…
ある意味「しあわせのパン」を遥かに凌いでいます。

ともあれ、見終わった後
頭の中で「映画好きの知り合い」を集結したうえで
いったい誰にこの映画はおススメできるか
篩にかけてきたところ、
どうやら全滅という結果となってしまいました。

いえいえだからと云って駄作ではありません。
むしろ好きな人にとっては
たまらなく好きになるタイプの映画だとは
思うのですが、こればっかりはねえ…。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ