2015/3/17

この触手がイマイチ萌えない理由を英語で述べよ  MOVIE

本日は

・原作は少年ジャンプ連載中の人気漫画。

・現在深夜アニメ絶賛放送中。

・アニメ化に便乗して原作が終了もしていないのに思い切って実写映画化。

・原作では大きな謎を提起しており、未だその全貌が殆ど見えていないにも関わらず前倒しで実写映画化。

・とはいえ、実写映画化されることが人気マンガの証となりつつある風潮の中、旬を逃すなど愚の骨頂に等しいので実写映画化。

・その際、リアルさに欠けるキャラクターは最新のCGで補って実写映画化。

・結果、多少違和感が生じても実写映画化。

・その代りにキャストは若い観客が好きそうなアイドルまたは若手俳優を揃えて実写映画化。

・それだと映画が安っぽくなりかねないので、とりあえず、菅田将暉、池松壮亮、神木隆之介、染谷将太あたりの若手演技派俳優の1人を出しておけばなんとか映画としての体裁が整うだろうと思い切って実写映画化。

・などといったもろもろのことを含めてまさかの実写化。(この「まさか」の部分が重要)

といった日本映画における最近の傾向を
ギュッと固めたかのような映画の試写会に行ってまいりました。

映画が映画だけに
試写会でもないとまず見ることはないだろうと思ったので
とりあえず応募したところ
普段と比較して数少ない90組180名招待にも関わらず
まさかの当選。

ありがとうございます、BBT(富山テレビ)。

でも、内容が内容だけに
「続編に続くかも…」な終わり方だったらどうしよう?
と思って見に行ったら案の定
「to be Continued」。

そんな本日の映画は
「映画 暗殺教室」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

昨今、増加の一途を辿る漫画の実写映画化。

映画の土台となる設定・ストーリー・脚本等を
ゼロの状態から作り上げる必要がないばかりか
「見てから読むか 読んでから見るか」
と云う某角川映画の名コピー通り
映画製作者側にとっても出版社側にも
相乗的な宣伝効果があり
素人目にもメリットが大きい漫画の実写映画化ですが、
それゆえ斬新な設定や意外なキャスティングばかりが注目され、
結果原作が雑誌連載中でもお構いなしに
2時間前後の劇場映画を作ってしまう危険性もあります。

鉄は熱いうちに打てということですね。

また、映画化される原作漫画は
もれなく安定した人気があり、
人気があるうちは連載が引き延ばされるのが常道。
特に「少年ジャンプ」ならばなおさらです。
そのため映画化の時点で単行本での巻数が
えらいことになっていたりします。

本作もそのような実写映画化の1つです。
2015年3月現在13巻。

連載に比例して話数を増やすことができるアニメとは異なり
映画の場合2〜3時間前後の上映時間に併せ
ストーリをコンパクトにまとめた上
ある程度の起承転結がなければ作品として完成いたしません。

その場合、

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ