2015/2/26

新・時間旅行物語   MOVIE

正式名称は日本放送協会。
英称はJapan Broadcasting Corporation
なのに発音の歯切れが良く、
文字が四角く書きやすいと云う理由から
略称「NHK」と呼ばれる我が国の公共放送は
ご存知のように受信契約に基づく受信料を
広く国民の皆様から徴収することによって運営しています。

そのNHKが
昨今の民放テレビ局による映画製作に触発されてか、
ここ数年、年に1〜2本の割合で
人気番組の映画化に手を出しているのは周知のとおりです。

主だったものでは
2009年の「ハゲタカ」
2010年の「セカンドバージン」
2010年の「その街のこども 劇場版」
2011年の「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」
2012年の「3D大作映画『劇場版テンペスト』」
2012年の「外事警察 その男に騙されるな」
等がそれにあたります。

厳選した人気番組の映画化とは云え
観客はテレビで無料感覚で見ていた
ドラマやバラエティを
今度は料金を支払って見に行くことになるのですから
作り手の方もさぞかし自信を持って
お届けしていることと思います。

特にNHKが自社作品を映画化する場合、
他の民放製作映画とは異なり
短絡的に考えると
「わしらの受信料で製作した映画を劇場で公開して
さらにチケット代まで搾取しよう」
としているように思えてくるのですから
よほど自信がなければ映画など作らないはず。

そのNHKが2013年に全国120スクリーンで
公開したのが、本日の映画

「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

劇場版ではない通常の「タイムスクープハンター」は、
手持ちカメラを使った
ドキュメンタリー・ドラマ風歴史教養番組として
2009年から放送が開始されました。

番組は当初水曜日の深夜に放送され
以降、放送曜日を月曜、木曜、火曜と転々とし
土曜深夜枠に落ち着き人気も安定したところで
2014年9月に最終回(全80回)を迎え全シリーズ終了。

と、云っても30分一話完結の教養番組ですので
視聴時間もそれほど取らず
何シーズン何話目から見ても楽しめますし
いつでも終了でき、いつでも復活できるような
視聴者に優しい作りとなっています。

故に普段より少し長めのストーリーを作って
映画化することも充分考えられる番組と云えましょう。

しかし、
「なんでよりによってこれを映画化するかな?NHKさん。」
と云うのが、地元シネコンのロビーで
最初にこの映画のフライヤーを見つけた時の
正直な私の気持ちでした。
(その時点でテレビ番組の方は1,2回しか見ていません)

日テレやテレビ東京が一時期
深夜枠の30分ドラマを次々劇場映画化していったのとは
訳が違います。

しかも今回の映画化に当たって
NHKが無謀な賭けに出ているとしか思えないのが
キャストとロケ地。

従来のキャスト(要潤、杏)に加えゲストが
夏帆、竹山隆範、宇津井健、上島竜兵、時任三郎、小島聖、
嶋田久作と云った手堅いと云えば云えなくもないけど
今一つ華がない俳優陣。

ロケ地は
安土城に見立てた彦根城(とその周辺建造物、山野)
とこれまたお金がかかっていないように見えます。

普通、テレビ番組の映画化と云うと
「豪華キャスト」
または
「豪華ロケ地(要は海外ロケ)」
などと云う手を使い
格段にスケールアップを図ることで
映画としての箔をつけるものですが
どうよ、これ?

「受信料以外のお金を払ってまでして映画館に見に行こう!」
なんて豪気な気持ちになれるでしょうか?

しかし、この一見テレビ局製作映画にしては地味な
「キャスト」と「ロケ地」投入も
この作品のコンセプトからすると相当な「挑戦」だったのです。




続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ