2015/2/7

未来は僕らの手の外  MOVIE

本日の映画は
韓国映画
「タイム・クライム」

クリックすると元のサイズで表示します
原題は「A.M.11:00」。どんな内容か判らないようなタイトルで勝負しています。

です。

気合いの入っていない邦題からもだいたい察しがつくように
「タイムトラベル」ものです。

ただし、本格派SFです。

お隣の国韓国ではこのような
「サイエンス・フィクションたるものかくあるべし」
と真剣に撮影したSF映画を
公開していることにまず驚かされました。

日本ではどうも正統派SF映画の地位が低いというか
「SF映画」と宣伝したところで
大人(特に女性)の客が呼べないからでしょうか、
ラブストーリーやアクション、コメディー
またはホラーなど他分野の映画の
味付け程度にSFが使われることはあるのですが、
純粋にSFひとすじ映画というとどうしても
子供向けだったり、ファミリー向けに作られ
大人の観客に向けた本格SF映画は
近年殆ど作られていないように思われます。

作られたとしても
「科学的理論に基づいてタイムマシン開発に勤しむ
ちょっと訳ありの中年物理者を主人公にしたSF映画」
なんて日本のシネコンではまず上映されません。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ年(2013年)に日本で撮られたタイムトラベル映画がこれです。

しかも、この映画が異色なのはそれだけではなく
他のタイムトラベルものでは
王道となっているテーマ
「過去は変えることができるか?」
をちょっと捻って

「未来は変えることができるか?」

と追及していることなのです。

この映画では
一旦タイムマシンで「過去」に戻って
そこから「未来」にあたる「現在」を変えようとするのではなく
「現在」という時点から来るべく「未来」を変えようとするのです。

どうしてそのようなことになったかと云いますと、

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ